ロスカット

読みがなろすかっと

英訳Losscut

参考-

 

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合にFX業者によって行われる強制決済のことを指します。

 

FXには株式取引のような取引市場がないため、株式取引にあるような「ストップ高」「ストップ安」といった仕組みがありません。

また、高いレバレッジで取引が可能なため、わずかな値動きでポジションに大きな含み損が発生し、証拠金をだけではなく、不足金が発生するリスクがある投資方法です。

このようなリスクを避けるためにあるのがロスカットです。

 

ロスカットの対象となるのは、事前に設定されている必要証拠金維持率(ロスカットレベル)を下回っている取引です。

証拠金維持率がロスカットレベルを下回ると、どれだけ不利なレートであっても、それ以上の損失の拡大を防ぐため、即座に持っているポジションの決済が行われます。

マージンコールと異なり、ロスカットはリアルタイムで行われるため、ロスカットを回避するためには、マージンコールの時点でポジションを一部決済するか、証拠金を追加入金しなければなりません。

 

関連用語

TOP