信託保全

読みがなしんたくほぜん

英訳Client Fund Safety

参考-

 

「信託保全」とは、FX業者が預かった証拠金(資金)を、FX業者の資産と区別して信託銀行を始めとする第三者に管理を委託し、預かり資産の保全を図ることを言います。

かつてはFX業者の任意だったものの、FX業者の破綻とそれに伴う預かり資産の消失が相次いだため、2010年2月にFX業者に信託保全を行うことが義務化されました。

 

信託保全の中でも預かり資産の全額を第三者の金融機関が管理する「完全信託保全」と、預かり資産のうちの一部を第三者の金融機関に預け、残る資産をFX業者が管理する「一部信託保全」に分かれています。

区分管理が義務付けられているため、区分管理でも大きな問題はありませんが、できるだけ完全信託保全を導入しているFX業者を選ぶほうが良いでしょう。

TOP