逆指値注文

読みがなぎゃくさしねちゅうもん

英訳Stop Loss Order

参考-

 

「逆指値注文」とは、指値注文の一種で、注文を発注するときに売買する為替レートを指定した上で発注する取引方法のことを言います。

 

指値注文と逆指値注文が分けられているのは、指値注文が注文を発注する為替レートを指定するだけの注文方法であることに対して、逆指値注文は為替相場のトレンドを読んだ上で、そのトレンドにそった注文を発注することにあります。

トレンドにそった注文を発注するため、利確するタイミングが早まり、得られる利益が小さくなるデメリットはあります。

しかし、為替相場のトレンドにそった注文を事前に発注するため、トレンドの急変時などに損切り注文として機能することが、大きなメリットとしてあげられます。

 

関連用語

TOP