スキャルピングトレード

読みがなすきゃるぴんぐとれーど

英訳Scalping Trade

参考-

 

いくつかある取引スタイルのうち、取引に要する時間が最も短い取引スタイルです。

数秒から数分の間で、ポジションの保有から決済までの取引の1サイクルを完結させる取引スタイルです。

語源となったインディアンの狩りの儀式である「頭の皮を薄く剥ぐ(skall)」ように取引を行い、数pipsの利益を積み重ねていく様子から、「スキャルピングトレード」と呼ばれています。

 

自動売買よりも進んだプログラムであるアルゴリズム取引が盛んな株式取引においては廃れかけている取引スタイルですが、そこまで自動化が進んでいないFXでは、スキャルピングトレードはまだまだ現役の取引スタイルと言えます。

 

1日のうちの注文回数が極めて多くなる取引スタイルのため、スキャルピングトレードを歓迎していない一部FX業者もあるため、口座を開設するFX業者は慎重に選ぶ必要があります。

 

関連用語

TOP