四本値

読みがなよんほんね

英訳Four-Present-Value

参考-

 

四本値(よんほんね)とは、始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つの値のことを指します。

この四本値をチャート上に1つにまとめて表したものをローソク足と呼びます。

 

ローソク足の基本的な描き方は

 

  • 期間中の始値と終値で横棒を1本ずつ引く

  • 横棒の両端を結んで四角にする

  • 期間中の高値と安値に点を打ち、四角と繋ぐ

  • 始値が終値より安い(陽線)の場合はそのまま、始値が終値よりも高い場合(陰線)の場合は黒く塗りつぶす。

ことで1つのローソク足の完成となります。

これを繰り返すことで、相場のトレンドを視覚的に把握しやすくなります。

 

関連用語

TOP