Q. スキャルピングやデイトレードという言葉を聞きますが、何が違うのですか?

A. 取引期間による手法の違いです。

 

それぞれ取引における期間の長さの違いです。他には、「ポジショントレード」、「スイングトレード」があります。
短いほうから順番に並べていくと、

  • スキャルピング(数秒から数分の間の取引)
  • デイトレード(当日の間の取引)
  • スイングトレード(数日から数週の間の取引)
  • ポジショントレード(数週以上の間の取引)

となります。
期間が短いほど利益を上げる機会は増えますが、1回の取引で得られる利益は小さくなります。
何よりも専業トレーダーでなければ、1日の時間の大部分をFXに取られるのは現実的ではないでしょう。
ちなみに「スキャルピング」はネイティブアメリカンの「頭の皮を薄く剥ぐ」という行為からの連想で、スカル(頭蓋骨)から由来する言葉と言われています。

 

TOP