Q. ニュースで聞く「市場介入」は、どのような影響がありますか?

A. 短期的には、市場が大きく動きます。

 

市場介入とは、政府機関が相場の安定などの一定の目的を持って、為替や株式などの民間の市場取引に資金を投じる事を指します。
市場介入により、一方向に加熱しやすい傾向のある「為替相場」を安定化させ、経済に安定化させる事を狙います。
しかし、介入の目的が市場の安定であっても、政府機関が資金を投じる以上、その金額は「機関投資家」の投じる金額を大きく上回るものとなります。
そのため、長期的には介入の目的が達成されるとしても、短期的には相場の急変動などの大きな影響が発生することが多くあります。
つまり、介入のタイミングで市場が大きく動くため、市場介入は「FX」で利益を上げる狙い目である、とも言えるのです。

 

TOP