Q. いざというとき、どれくらいの資産が保護されますか?

A. 全額保護される仕組みが整っています。

 

預けた資産のどこまでが保護されるか? は気になるところかと思います。
2009年4月から、FX会社には顧客資産の完全保護が法令により義務付けられました。
これは、「ペイオフ制度」で1千万円までしか保護されない預金とは大きく違う点です。
そもそもFXにおける資産の動きかたは他の「金融商品」と比べても少々独特です。
簡単に説明すると、顧客がFX会社に預けた資産はそのまま「信託銀行」などに預けられます。顧客からFX会社を通じて資産の返還指示があるまでそのまま保管されるのです。
万が一FX会社が破産するなどした場合には、弁護士がFX会社の代わりとなって資産返還を依頼するので、全額が保護される仕組みとなっています。

 

TOP