Q. FX取引は危険ではありませんか?

A. FX取引そのものに危険はありません。

 

「FX」で失敗して最後には破産して全財産を無くした、という話はちょっと探せばそれこそ山のように出てきます。
現在では法律により、「レバレッジ規制」を始めとする顧客保護のための各種の仕組みが整えられています。
そのため、現在では「FX」自体にはそれほど大きな危険はありません。
しかし、「FX」で失敗したという人は今でも跡を絶ちません。なぜでしょうか?
実はその手の話は、詳しく聞くと、
「FX」で負った損失を取り戻すために借金までして「FXを」続けた結果、借金が返せなくなった」
という話であることがほとんどです。つまり、「FX」と言うよりは、リスク管理に失敗したと言うほうが正しいのです。
「FX」に限らず、大切な自分の資産を投じるという意識を持ってリスク管理をすることが何よりも重要です。

 

TOP