取引通貨ペアで比較

取引通貨ペアの比較です。

取引通貨ペアとは、取引を行う通貨の2種類の通貨の組み合わせのことです。基本7通貨(メジャーカレンシー)と呼ばれる通貨以外に、最近では、高金利で人気の高い豪ドルや南アフリカランド、中国元との通貨ペアを扱っている会社も増えています。

(基本7通貨ペアは、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、加ドル/円、スイスフラン/円)
 取引通貨ペア総数基本7通貨ペアユーロ/米ドル英ポンド/米ドル中国元/円南アフリカランド/円トルコリラ/円
manex-fx-200-200
マネックスFXプレミアム(マネックス証券)
13通貨ペア--
200-200-central-tanshi
FXダイレクトプラス(セントラル短資)
26通貨ペア
matsui-200-200
Net FX(松井証券)
9通貨ペア-----
rakuten-200-200
楽天FX(楽天証券)
23通貨ペア--
oanda-200-200
OANDA JAPAN fx trade (オアンダ・ジャパン)
72通貨ペア-
ig-securities.200-200jpg
IG証券FX(IG証券)
49通貨ペア-
invast-click365-200-200
インヴァスト証券くりっく365(インヴァスト証券)
24通貨ペア---
broadnet-200-200
ブロードネット365(FXブロードネット)
24通貨ペア---
inet-200-200
アイネットFX(アイネット証券)
28通貨ペア---
tougaku-200-200
東岳証券FX(東岳証券)
12通貨ペア---
200_200_yjfx
外貨ex(ワイジェイFX)
22通貨ペア-
外為ジャパンFX
外為ジャパンFX(DMM.com証券)
15通貨ペア--
パートナーズFX nano
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)
8通貨ペア----
パートナーズFX
パートナーズFX(マネーパートナーズ)
13通貨ペア--
FXブロードネット
FXブロードネット(FXブロードネット)
24通貨ペア--
FOREX.com MT4
FOREX.com MT4(ゲインキャピタル・ジャパン)
49通貨ペア--
200_200_ecotore-fx
エコトレFX(ひまわり証券)
24通貨ペア--
ちょいトレFX
ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
14通貨ペア--
M2JFX(マネースクウェアジャパン)アイキャッチ
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
11通貨ペア--
外為オンライン
外為オンラインFX(外為オンライン)
24通貨ペア--
ライブスターFX
ライブスターFX(ライブスター証券)
24通貨ペア
-
-
インヴァスト証券_fx24
FX24(インヴァスト証券)
12通貨ペア
-
-
MATRIX TRARER
MATRIX TRADER(JFX)
24通貨ペア
-
-
みんなのFX(トレイダーズ証券)
みんなのFX(トレイダーズ証券)
16通貨ペア

-
-
lion-fx
LION FX(ヒロセ通商)
50通貨ペア
-

トライオートFX
トライオートFX(インヴァスト証券)
16通貨ペア
-
-
シストレ24
シストレ24(インヴァスト証券)
26通貨ペア


-
-
sbi_fx
SBI FX(SBI FXトレード)
26通貨ペア



-
dmm_fx
DMM FX(DMM.com証券)
20通貨ペア


-
-
fx-neo
FXネオ(GMOクリック証券)
14通貨ペア

-
-

通貨ペアとは

取引きする2通貨の組み合わせを通貨ペアと言います。FXの取引では、通貨ペアのどちらかを売って、どちらかを買うことで取引が成立します。

通貨ペアは米ドル/円、ユーロ/円というよう円を含んでいなくてもよく、米ドル/ユーロ、

ポンド/ドルのような組み合わせでも取引ができます。

 

国際通貨(メジャーカレンシー)とは

国際的に十分な信用力があり、国際市場で他国の通貨と容易に取引が可能な通貨のことを国際通貨やメジャーカレンシーと呼びます。メジャーカレンシー以外はマイナーカレンシーと呼びます。

国際通貨(メジャーカレンシー)の明確な定義はありませんが、以下のような条件があげられます。

 

  • 国際的に信用があること
  • 国際的な銀行で取引ができること
  • 世界でどこでも換金ができること。
  • 発行国が多様な財を産出していること

 

国際通貨は、基本的にどのFX会社でも取り扱いをしていることが多く、取引量も多くなっています。

この比較表でも扱っている米ドル、ユーロ、円、英ポンド、スイスフランなどは一般的に国際通貨として認識されている通貨になります。日本のFXにおいて人気のあるNZドルや南アランドなどは、流動性が低いためマイナーカレンシーと言えます。

 

日本で人気のマイナーカレンシー

マイナーカレンシーでも日本で人気がある通貨として、NZドル、トルコリラ、南アランドなどがあげられます。

NZドルは他の通貨と比べて、圧倒的に金利が高いです。日本は金利が低いので、金利差の大きさから日本で人気が高いのです。

トルコリラは、2010年くらいから成長性が注目され、MMFなどの外貨建て商品を皮切りに外為取引を手掛ける証券会社が増えてきました。トルコリラも金利が高いため、スワップポイントを狙った長期運用に人気があります。

南アフリカの通貨、ランドも、やはり政策金利の高さから人気があります。南アフリカは新興国特有の流動性の低さや、資源国としてコモディティ価格に影響を受けるのが特徴です。

 

⇒「日本円(JPY)」についての詳細なコラムはこちら

⇒「ユーロ(EUR)」についての詳細なコラムはこちら

⇒「オーストラリア・ドル(AUD」についての詳細なコラムはこちら

⇒「米ドル(USD)」についての詳細なコラムはこちら

⇒「英ポンド(GBP)」についての詳細なコラムはこちら

⇒「トルコリラ(TRY)」についての詳細なコラムはこちら

⇒「中国元(CNY)」についての詳細なコラムはこちら

TOP