セントラル短資FX「ウルトラFX」提供終了!代替サービスは?

セントラル短資FX「ウルトラFX」提供終了!代替サービスは?

セントラル短資FXが提供しているFXサービスのうち、インターバンク市場直結のFXサービス「ウルトラFX」の提供終了が発表されました。預かり資産などは「FXダイレクトプラス」への移管がアナウンスされていますが、そのスケジュールはどのようなものなのでしょうか。

今回は、ウルトラFXとFXダイレクトプラスの違いと合わせて、移管のスケジュールがどのようなものかを見てみましょう。

「ウルトラFX」サービス終了までのスケジュール概要

新規口座開設の終了

新規口座開設の終了日は、当初4月13日(金)とアナウンスされていましたが、1週間延長して4月20日(金)が最終日に変更されています。

最終入金・取引日と取引ツールのログイン終了日

最終取引日は新規口座開設の終了日から1週間後の4月27日(金)ですが、取引ツールのログイン最終日はそれぞれ異なり、スマートフォンアプリは最終取引日と同日、PCの取引ツールは6月15日(金)となっています。

口座残高の移管

最終取引日以降もトレーダー自身で取引画面から「FXダイレクトプラス」への資金振替や出金依頼をすることができますが、5月11日(金)時点で残高があれば、5月14日(月)から31日(木)の間に、順次「FXダイレクトプラス」に移管します。

報告書などのダウンロード

「ウルトラFX」の顧客報告書や取引履歴など、各種報告書の閲覧・ダウンロードは、6月15日(金)までです。必要があればトレーダー自身でダウンロードと保存作業をする必要があります。

あわせて読みたい

FXダイレクトプラス「プログレッシブチャート」の新機能とは
FXダイレクトプラス「クイックチャート・トレードプラス」リニューアルの内容は?
セントラルミラートレーダー「シストレ広場」のリニューアル

FXダイレクトプラスの4つの特徴

トルコリラ/円(TRY/JPY)を取り扱い

FXダイレクトプラスの魅力はいくつかありますが、その中でも見逃せないのが取り扱い通貨ペアにトルコリラ/日本円(TRY/JPY)が含まれていることです。

新興国通貨に数えられるトルコリラは、政策金利が高めであることからスワップポイントが大きく、価格変動が比較的大きいという特徴があります。また、経済成長の期待が大きく中長期的な投資対象として取引の拡大が見込まれることから、FXトレーダーの間でも注目を集めています。

「クイックチャート・トレードプラス」でかんたん自動売買!

取引ツールの「クイックチャート・トレードプラス」では、自動売買のストラテジ編集機能(ストラテジエディタ)により、オリジナルのストラテジによる自動売買に対応。

初心者トレーダーでも簡単に利用できるよう、チュートリアルにしたがって作業をすすめればストラテジが作成できる「かんたんエディタQ」や、豊富なサンプルストラテジにより、かんたんに自動売買をはじめられるのも魅力です。

外貨同士の取引に役立つ「自動円転機能」を提供

ドルストレートの通貨ペアの取り扱いも豊富なFXダイレクトプラスでは、外貨同士の取引で発生した売買差損やスワップポイントなどの外貨を、日本円に自動で両替する「自動円転機能」を搭載しています。

1,000通貨単位からの取引に対応!魅力の取引条件

FXダイレクトプラスでは、1,000通貨単位から取引に対応。米ドル/日本円なら取引をはじめるのに必要となる証拠金は約4,000円程度なので、取引がはじめやすいのはもちろん、幅広い取引戦略が選べるのは見逃せないポイントです。

セントラル短資FXのFXサービス「FXダイレクトプラス」

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)

「FXダイレクトプラス」と「ウルトラFX」のサービス比較

ウルトラFXFXダイレクトプラス
取り扱い通貨ペア数 9種類 24種類
取引ツールの数 3つ 7つ
注文方法 ストレート成行注文・トリガー成行注文・(リミット・ストップ)・決済OCO注文 ストリーミング成行注文・指値注文・逆指値注文・トレール注文・IFD注文・OCO注文・IFO注文
取引単位 10,000通貨単位 1,000通貨単位
1注文あたりの最大注文数量 1,000,000通貨 3,000,000通貨
入出金可能通貨 日本円 日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフラン
ロスカットルール 3種類(ロスカットDAY、ロスカットNYC、ロスカットALL) 1種類(口座清算価値がロスカットレベルを下回った際に発生)
スリッページ設定 なし あり
両建て設定 可能(証拠金は「買」と「売」それぞれ必要) 可能(証拠金はMAX方式で片側のみ必要)
取引時間 24 時間、日本時間の月曜日午前07:00~土曜日午前06:40
(米国夏時間適用時の終了時間は日本時間土曜日午前 05:40)
24 時間、日本時間の月曜日午前07:00~土曜日午前06:40(米国夏時間適用時の終了時間は日本時間土曜日午前 05:40)
メンテナンス時間 火曜日~金曜日の午前06:55~午前07:10および土曜日午前06:40~午前07:10
(米国夏時間適用時の場合、火曜日~金曜日午前05:55~午前06:10および土曜日 午前05:40~午前06:10)
火曜日~金曜日の午前06:55~午前07:10および土曜日午前06:40~午前07:10
(米国夏時間適用時の場合、火曜日~金曜日午前05:55~午前06:10および土曜日 午前05:40~午前06:10)
建て玉保有制限 【個人の場合】
必要証拠金を円換算して1億2,000万円まで(建玉数量の円換算額30億円相当)

【法人の場合】
必要証拠金を円換算して1億2,000万円まで

【個人の場合】
必要証拠金を円換算して1億2,000万円まで(建玉数量の円換算額30億円相当)

【法人の場合】
必要証拠金を円換算して1億2,000万円まで

レバレッジ

【個人の場合】
25倍まで

【法人の場合】
法令に則り、為替リスク想定比率を基に毎週決定

【個人の場合】
25倍まで

【法人の場合】
法令に則り、為替リスク想定比率を基に毎週決定

セントラル短資FXのFXサービス「FXダイレクトプラス」

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)

おわりに

NDD方式の採用により透明性の高い為替レートを配信していることが魅力の「ウルトラFX」ですが、サービス終了が発表されてしまいました。

ただ、同じセントラル短資FXが提供するFXダイレクトプラスも、魅力的なサービスを提供しています。ウルトラFXよりも魅力的な部分があるので、FXを続けるなら有力な選択肢の1つと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP