インヴァスト証券「トライオートETF」の機能追加を徹底解説

トライオートETFの機能追加を徹底解説_アイキャッチ

2016年4月にリリースされたインヴァスト証券の取引サービス「トライオートETF」に機能追加がおこなわれ、売り取引への対応をはじめ、より使いやすいサービスとなりました。

今回はトライオートETFに追加された新機能と、その内容を見てみましょう。

上場投資信託が対象のCFD「トライオートETF」

インヴァスト証券の提供するトライオートETFは、「外国為替証拠金取引(FX)でも使われている差金決済取引(CFD)の仕組みを活用して上場投資信託(ETF)の取引をおこなう」取引サービスです。

差金決済取引(CFD)を活用するトライオートETF

差金決済取引(Contract for Difference = CFD)は、「現物の受渡しをおこなわずに売りと買いの差額の授受で決済する」取引方法であり、現物取引よりも資金効率の高い取引ができるのが特徴です。

CFDはFXのメリットを最大限に発揮するための取引方法であり、トライオートETFはインヴァスト証券が豊富に持つFXのノウハウを活用した取引サービスと言えるでしょう。

取引対象となる上場投資信託(ETF)

トライオートETFで取引対象となる上場投資信託(Exchange Traded Funds = ETF)とは、「投資家から集めたお金をまとめて投資・運用する」投資信託のうち「株式市場に上場していて通常の株式と同じように取引ができる」金融商品です。

ETFはその利便性やメリットから世界全体の取引高が7兆円を超え、日本でも日銀の買い入れ対象となったことで注目を集めている金融商品です。

ETFの主な特徴としては、

  • 運用の透明性が高く、極めて低コストで運用できる
  • 株式市場で取引されているため、売買の自由度が高い
  • 投資対象が多様性に富む

があげられます。

 
インヴァスト証券の提供しているFXサービス

インヴァスト証券_fx24 FX24
トライオートFX トライオートFX
シストレ24 シストレ24
 

トライオートETFに今回追加された新機能

今回の機能追加では、待望の売り取引をはじめとする機能追加がおこなわれました。その内容を見てみましょう。

マニュアル取引による「新規売り」への対応

今回の新機能でもっとも注目したいのは、一部銘柄を除いたマニュアル取引での「新規売り」への対応です。

 

トライオートETFでは通常買い注文が基本ですが、マニュアル取引での「新規売り」への対応により、一時的な値下がりに対するヘッジが可能となりました。

金や原油などコモディティ銘柄では分配金もなく原資産の需給要因などで価格の変動が激しいため、下落トレンドを狙った新規売りの対応によって収益チャンスが広がります。

レバレッジ5倍の際の必要証拠金を一律に

新規売りへの対応と合わせて、レバレッジ5倍時の証拠金とレバレッジ1倍時の証拠金が同額だった銘柄について、8月29日以降は全銘柄のレバレッジ5倍時の必要証拠金額(5分の1)に切り下げとなりました。

証拠金引き下げの対象となる銘柄は、

  • (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信
  • (NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信
  • Direxionデイリー米国金融株ブル3倍ETF
  • プロシェアーズ ウルトラS&P500R
  • プロシェアーズ ウルトラプロQQQ
  • WTI原油連動ETF

の6銘柄。この証拠金引き下げにより、レバレッジと必要証拠金が対応した取引が可能となりました。

今回の機能追加に関する注意点

このようにCFDのメリットを存分に活かせる今回の機能追加ですが、実際の取引ではいくつか注意が必要なポイントがあります。これらの注意点について見てみましょう。

分配金相当額の発生

これまでの買い注文では買い建て玉の発注のみだったため、保有時には分配相当額を受け取ることができました。

売り取引への対応により売建て玉の保有にも対応したことで、今後の売り建玉の保有時には、分配相当額の支払いが発生するようになります。

金利調整額・貸株料の発生

午前5時55分(サマータイム期間は午前4時55分)を超えて売り建玉を保有していると、金利調整額や貸株料の支払いが発生します。

金利調整額や貸株料の料率は銘柄ごとに異なるため、銘柄ごとの金利調整額や貸株料の確認が欠かせません。

発注上限・約定の成立口数

トライオートETFの特徴である自動売買では、銘柄によって発注上限が異なりますが、マニュアル注文の売り取引での注文上限はTOPIX連動型上場投資信託を除いて一律10口です。

ただし、TOPIX連動型上場投資信託(ティッカー:1306)のみ、売り取引での注文上限は100口となります。

 

また、新規の売り取引はカバー先や相場状況によってレート提示が難しいなどの条件によっては約定しないこと(注文失効)にも注意が必要です。

(自動売買)オートパイロット注文には未対応

トライオートETFの魅力の1つに自動売買(オートパイロット)注文の採用による取引の自動化がありますが、今回の売り取引はオートパイロット注文の対象外となっています。

また、(NEXT FUNDS) 日経ダブルインバース上場投信は、マニュアル注文でも売り取引に未対応となっています。

おわりに

今回の売り取引の対応と証拠金額の修正により、トライオートETFはオートパイロット注文と合わせてより使い勝手の良い取引サービスとなりました。

FXと併用する資産運用の対象としては、これまで以上に有力な選択肢の1つと言えそうです。

このコラムに関連する記事

TOP