徹底解剖!トライオートETF「ETF自動売買セレクト」機能追加

トライオートETFの「ETF自動売買セレクト」に新機能追加!その内容は

インヴァスト証券が提供する上場投資信託(ETF)取引サービス「トライオートETF」は、2018年1月13日(土)に「ETF自動売買セレクト」にカート機能とコントリビューション機能を追加しました。

この2つの機能追加によって、トライオートETFでの取引にはどのような変化があるのでしょうか。今回はETF自動売買セレクトと今回追加された機能の内容、機能追加に合わせて開催されているキャンペーンを見てみましょう。

「トライオートETF」と「ETF自動売買セレクト」

差金決済取引(CFD)で上場投資信託(ETF)を取引

「トライオートETF」は国内外の上場投資信託(ETF)の取引に特化した、インヴァスト証券が提供する新しい取引サービスです。取引方法として差金決済(CFD)の仕組みを採用することで、取引対象を配当の受け取りや評価損益に限定することで、為替変動リスクを排除しているのが特徴です。

初心者でも取引方法やルール、銘柄情報といったことまで学べるだけではなく、自動売買機能や低レバレッジの取引により、資金効率の良い取引を簡単に実現できます。

自動売買をカンタンに選べる「ETF自動売買セレクト」

ETF取引に特化しているトライオートETFですが、投資スタイルによってどのようなETFが最適かを選ぶことは、株式投資に関する知識や経験がないと簡単なことではありません。そこで注目したいのが、自動売買に特化して投資スタイルを選べる「ETF自動売買セレクト」です。

ETF自動売買セレクトでは、「リターン重視」と「バランス重視」、「リスク重視」の3つの投資スタイルを選ぶだけで、トライオートETFが厳選したETFによる自動売買がはじめられる優れもの。自分の投資スタイルに合った自動売買を選ぶだけで、複雑な設定は一切不要なので、「自動売買をやってみたいけど、自分で設定するのは難しい」という初心者トレーダーにオススメの機能です。

「ETF自動売買セレクト」バージョンアップ

簡単にポートフォリオが構築できる「カート機能」

今回新たに追加された機能のうち、複数のETFを組み合わせた「ポートフォリオ」を作成・修正するための機能が「カート機能」です。カート機能ではシミュレーション結果を確認しながら取引口数や銘柄の変更・追加を自由にできるだけではなく、稼働させずに保存しておくこともできます。

ポートフォリオを公開できる「コントリビューション機能」

カート機能と合わせてリリースされたのが、作成したポートフォリオを公開できる「コントリビュート」機能です。コントリビュートしたポートフォリオはETF自動売買セレクト上で公開されるので、他のユーザーがそのポートフォリオを利用できます。

ユーザー間でポートフォリオを共有することで、思いがけないポートフォリオの発見や新たなポートフォリオのヒントとすることが期待できるでしょう。

新機能のリリースを記念して「ETF自動売買セレクト」イベントを同時開催!

最大20万円キャシュバック「トライオートETF史上最大スペシャルキャンペーン」

「トライオートETF」で口座開設済みのトレーダーが、2018年1月13日(土)から2018年3月31日(土)までの期間中に、他サービスからの振替入金も含めた入金で、入金・取引判定日に入金額と取引件数の達成で、最大20万円をキャッシュバック。

「コントリビュートイベント」開催

オリジナルのポートフォリオ(設定)を「コントリビュート機能」を使い2018年1月13日(土)から2018年3月31日(土)の期間中にシェアされた中で、トライオートETFユーザーが選んだ、2018年4月5日(木)10:00時点での設定人気数上位100名を対象に、モバイルバッテリーやカタログギフト、VISAギフトカードをプレゼントするキャンペーンです。

おわりに

「シストレ24」や「トライオートFX」など、FXの自動売買サービスを提供してきたインヴァスト証券ですが、トライオートETFによりFX以外の資産運用を可能としています。リリースから2年近く経つトライオートETFは、機能追加により資産運用のメインのツールとして十分検討に値するようになりました。

今後もFXと合わせた資産運用の中核として、大いに活躍が期待できるサービスと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP