撤退の続くミラートレーダーサービスの行方はどうなるか

撤退の続くミラートレーダーサービスの行方はどうなるか_アイキャッチ

FXプライム by GMOが、提供するFXサービス「選べるミラートレーダー」のサービス終了を発表しました。

世界のFXトレーダーの間では人気の高いミラートレーダーですが、日本国内での人気は盛り上がらず、撤退が続いています。今回はミラートレーダーの概要と、国内でのサービス撤退が続く原因を探ってみましょう。

「ミラートレーダー」とはなにか

そもそも、ミラートレーダーとはどのようなサービスなのでしょうか。

 

「ミラートレーダー」は提供するイスラエルに拠点を置くソフトウェア会社のトレーデンシー社が開発した自動売買(システムトレード)ツールの名称です。

ミラートレーダーの特徴として、「知識によるトレード」をベースに、テクニカル分析をプログラム化した「ストラテジー」を採用したことで、簡単なアルゴリズムトレードを実現したことがあげられます。

ミラートレーダー以前は、アルゴリズムトレードは機関投資家だけが利用できた最先端の仕組みでしたが、ミラートレーダーの登場で個人投資家でもアルゴリズムトレードを用いた取引が実現されました。

 

ミラートレーダーが提供するストラテジーは、審査をパスしたストラテジープロバイダー(提供者)によって各々ユニークなストラテジーが提供されています。

提供されたストラテジーは相互に検証・監視されて入れ替えがおこなわれ、上位のストラテジーは高い取引結果が期待できると言われています。

提供されるストラテジーの数は約5千本と膨大な数にのぼり、その中から自分の取引戦略に合致したストラテジーを選ぶことで、より効率的な取引が可能となります。

 
ミラートレーダーを提供するFXサービス

シストレ24 シストレ24(インヴァスト証券)
セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)
FXTFミラートレーダー(FXトレードフィナンシャル)

選べるミラートレーダー」の撤退スケジュール

このように最先端の取引手法であるアルゴリズムトレードに対応したことで注目を集めたミラートレーダーですが、国内FXサービスで対応しているところは減少傾向にあります。

2016年に入ってからも、GMOクリックHDのFXプライム by GMOが「選べるミラートレーダー」の年内での提供打ち切りを発表しました。

 

終了までのスケジュールを見てみると、

  • 新規口座開設の受付終了…2016年7月27日(水)午後3時
  • 新規注文の受付停止…2016年8月26日(金)午後3時
  • 既存ポジションの解消期間…2016年8月26日(金)午後3時00分~10月21日(金)午後2時59分
  • ポジション解消…2016年10月21日(金)午後3時00分
  • 資金振替の停止…2016年10月22日(土)午前0時00分

となっています。

 

このように告知から完全終了まではわずか3ヶ月という急ぎ足のスケジュールが組まれています。

なぜここまでサービス終了を急ぐのでしょうか。考えられる要因を見てみましょう。

安定しない取引高

調査会社の矢野経済研究所が毎月末に発表している「有力FX企業の月間データランキング」を見てみると、FXプライム by GMOの取引高は他のFXサービスに比べると大きな変動を記録しています。

特に変動が大きいときには、1ヶ月単位で取引高がほぼ倍増・半減することも珍しいことではありません。

このような取引高の不安定さが、サービスの安定提供の大きな負担になっていることは容易に想像できます。

サービス提供の負担の大きさ

ミラートレーダーは提供されるストラテジーの中から、投資家の取引戦略に合致するものを選んで取引をおこなうトレードソフトです。

見方によってはこのストラテジーを提供することは「投資の助言」をおこなっているとも解釈できます。

そのため、ミラートレーダーや同じトレードソフトである「メタトレーダー(MT4)」を提供するFXサービスは、投資助言代理業の資格取得が必要となります。

国内でFXサービスを提供するためには、第一種金融商品取引業の資格を取得しているため、投資助言代理業の資格取得自体はそれほど難しくありません。

しかし新たに投資助言代理業の資格を取得するためには、膨大な数の書類と審査、数百万円単位の出費が必要であり、トレードソフトを提供するためのコストとしては釣り合うものとは言いにくいのも事実です。

そのため、ミラートレーダーやMT4を提供しているFXサービスは減少傾向にあります。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 「有力FX企業16社に見るデータランキング-2016年3月」に見るFXの動向
fx_akarichan 「有力FX企業16社に見るデータランキング-2016年4月」に見るFXの動向
fx_akarichan 「有力FX企業16社に見るデータランキング-2016年5月」に見るFXの動向
 

おわりに

様々な負担の大きさから、ミラートレーダーやメタトレーダーを提供する国内FXサービスは減少傾向にあります。

安定してサービスを提供しているFXサービスでも、今後も安定した提供が続くかは注目したいポイントと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP