SBI FXのスマートフォンアプリのバージョンアップを徹底解説

sbi_fx_Application_versionup
 

1通貨単位からの取引とマイナーカレンシーの取り扱いが魅力的なSBI FXトレードのFXサービス「SBI FX」が提供する新スマートフォンアプリがバージョンアップされました。

今回はSBI FXのサービス内容の魅力の再確認と、バージョンアップの詳細について見てみましょう。

 

SBI FXトレードの提供する「SBI FX」の特徴と魅力

今回のスマートフォンアプリのバージョンアップについて見る前に、SBI FXの特徴と魅力について再確認しておきましょう。

SBI FXの魅力的なポイントとして、大きく「1通貨単位からの取引への対応」と「他のFXサービスでは珍しい通貨ペアの取り扱い」があげられます。

 

1通貨単位からの取引に対応

SBI FXの魅力としてあげられるのが、1通貨単位からの取引に対応していることです。

 

FXサービスでは、取引通貨単位は1万通貨単位か1,000通貨単位が一般的であり、少額の資金ではじめられると言いながら数万円から数十万円の証拠金が必要でした。SBI FXではこれを見直して1通貨単位からの取引に対応することで、取引の自由度を格段に改善。ワンコインからでも取引をはじめられるのが魅力です。

 

他のFXサービスでは珍しい通貨ペアの取り扱い

SBI FXの取り扱い通貨ペア数は米ドル、ユーロ、イギリスポンド、スイスフランと日本円のいわゆる「メジャーカレンシー」の通貨ペアを含めて12通貨ペアと他のFXサービスと比べるとごく限られたものです。

しかし、メジャーカレンシー以外のいわゆる「マイナーカレンシー」との通貨ペアを見てみると、高金利通貨として人気のオーストラリアドルや南アフリカランド、今後の経済成長に期待の大きい中国人民元など、他のFXサービスでは珍しい通貨ペアの取り扱いは魅力的と言えるでしょう。

 

その他、様々な面での利便性の高さが魅力

このように「1通貨単位からの取引への対応」と「他のFXサービスでは珍しい通貨ペアの取り扱い」が大きな魅力としてあげられるSBI FXですが、この特徴を活かすための取引コストの低さや取引ツールの使いやすさ、サービスの安定性も見逃せないポイントです。

 

気になるスプレッドは米ドル/日本円(USD/JPY)で最安水準の0.27銭(原則固定)を筆頭に他の通貨ペアでも比較的低いスプレッドを達成して、各種手数料は原則無料。

FXトレーダーに大きな影響をもたらした2015年1月のスイスフランの急変時も、SBI FXは設定スリッページの範囲内で約定率100%を達成したことからも分かるように、極めて安定した取引環境も魅力の1つです。

 
SBI FXトレードの提供しているFXサービス「SBI FX」

sbi_fx(SBI_FX_トレード) SBI FX(SBI FXトレード)
 

新旧2種類が存在するSBI FXのスマートフォンアプリ

このように魅力的なSBI FXですが、PCやスマートフォン、タブレット端末向けに専用アプリを開発・提供することで、アクセス環境を問わない取引を実現。

特にスマートフォンアプリは、新旧2つの取引アプリにより、用途に合わせた使い分けを可能にしています。

 

旧スマートフォンアプリ

旧スマートフォンアプリのスタイリッシュで多機能であることが大きな特徴です。

通常の取引はもちろん、入出金の処理や各種取引の履歴照会が簡単にできて、取引成績を振り返るときなどに便利な構成になっています。

 
アプリケーションの配信ページ

SBI FXの旧スマートフォンアプリ-Google PlayでDL Google Playストア
SBI FXの旧スマートフォンアプリ-iOSでDL iTunesストア
 

新スマートフォンアプリ

多機能性が魅力の旧スマートフォンアプリに対して、新スマートフォンアプリは取引に特化した構成になっているのが特徴です。

通貨ペアごとの高値と安値が一目で分かるシンプルな構成であり、取引の利便性向上に大きく役立つスマートフォンアプリといえるでしょう。

 
アプリケーションの配信ページ

SBI FXの新スマートフォンアプリ-Google PlayでDL Google Playストア
BI FXの新スマートフォンアプリ-iOSでDL iTunesストア
 

今回のバージョンアップでの主な変更点

このような特徴のあるSBI FXのスマートフォンアプリですが、今回のバージョンアップでは新スマートフォンアプリに対して、新しいニュースソースである「グローバルインフォ24(GI24)」の情報配信が追加されました。

GI24とはどのような為替情報配信サービスなのでしょうか。GI24の商品案内ページから引用して見てみましょう。

 
  • アジア・オセアニアからニューヨーク市場まで全世界の取引時間帯に対応。経済指標や要人発言などのニュースやそれを受けた外国為替、株式・商品相場の反応をタイムリーにお伝えします。
  • 海外金融市場や外国為替市場は日本が祝日の場合でも動き続けています。「グローバルインフォ24」も主要市場が全て休場となる土日と年始以外は情報配信を継続。金融取引の判断材料の入手にあたって遅れをとることがありません。
  • ドル、円、ユーロの主要3通貨に加えてオーストラリアやカナダドルなど他の先進国通貨、アジアやヨーロッパの新興諸国通貨、為替以外の金融商品についてのリポートもきめ細かく配信。ディーラーやストラテジストなどプロの市場参加者からのコメントも豊富に掲載します。
引用元:グローバルインフォ24の特徴
 

GI24の情報配信は新スマートフォンアプリで先行してはじめられ、今後旧スマートフォンアプリやPCリッチアプリ、ウェブにも追加されることが予告されています。

 

おわりに

今回のバージョンアップにより、SBI FXは情報の面で他のFXサービスに勝るとも劣らない内容になり、より使い勝手が向上したと言えます。

今後の更なる改善と発展にも期待しましょう。

このコラムに関連する記事

TOP