誕生から一カ月。SBI FXのAIチャットはどこまで進化した?

誕生から一カ月。SBI FXのAIチャットはどこまで進化した?

SBIFXトレードのFXサービス「SBI FX」が、人工知能(AI)を活用したチャットサービスの提供をはじめて一カ月がたちました。

深層学習(ディープラーニング)により一人ひとりに最適化したコンシェルジュサービスに拡充することを予定しているこのサービスは、どのようなものなのかを実際に使いながら見てみましょう。

話題を集める人工知能(AI)とはなにか

近年さまざまな場面で注目を集めている人工知能(AI)ですが、そもそもAIとはどのようなものでしょうか。

AIとは、人間特有の作業であった自然言語(言葉)の理解や論理的な推論、経験学習などの知的作業を模倣するコンピュータープログラムのことを言います。

既に「エキスパートシステム」や「機械翻訳システム」、「画像認識システム」といった形でわれわれの生活に浸透しています。その急速な普及と進化により、将棋や囲碁、クイズといった特定のルールに基づく勝負では、AIが人間を打ち負かすことも珍しくありません。

AIを使ったチャットボット「AIチャット」とは?

特定の条件下では人間よりも優秀なAIですが、その強みをいかせるのがチャットボットと呼ばれるサービスです。

フェイスブックやツイッター、LINEなどのコミュニケーションツール上で「生身の人間と会話するような感覚」を提供するチャットボットは、一定のパターン(アルゴリズム)が主流です。

しかしSBI FXの「AIチャット」はその名前の通り、AIによるチャットボットとなっています。プレスリリースから引用して、その特徴を見てみましょう。

2017年2月15日付プレスリリースの通り、当社ではAIを搭載したチャットボット活用によるカスタマーサービスへの取組みを行っております。この度、その第一弾として、お客様からのFX取引に関する定型的な質問(FAQ)に対しての自動回答サービスを開始いたしました。

今後はチャットへの質問による蓄積データ、問い合わせ履歴をAIに学習(深層学習:ディープラーニング)させることで、有人対応を超えるレベルのサービスへと高めていき、将来的にはお客様の取引状況等を踏まえた上で、一人ひとりに最適化したコンシェルジュサービスにまで拡充していく予定です。是非ご期待ください。

本サービスは誕生したばかりのため、まだ学習が十分でなく回答に未熟な部分がございます。多くの質問内容を蓄積し学習することで現在より高度な回答が可能となりますので、お客さまの力をお借りして成長してまいります。たくさんのご利用をお待ちしております。

引用:AIを搭載したチャットボットサービス「AIチャット」の提供開始(SBI FXトレード)- PR情報|SBIホールディングス

「AIチャット」の開発には日本マイクロソフトが全面協力していて、AIチャットの自然で人間らしい応答を可能とするための各種ソフトの提供などをおこなっています。

1カ月までどこまで成長した?「AIチャット」を使ってみた

将来的にはコンシェルジュサービスとしての実用化を目指すという大きな目標を掲げているSBI FXのAIチャットですが、現在の実用性はどの程度のものでしょうか。SBI FXのサイトで公開されているAIチャットを実際に使ってみました。

アメリカの雇用統計を調べてみる

最初に、FXトレーダーが気になる、さまざまな経済指標の中でも、もっとも注目を集めるアメリカの雇用統計について聞いてみました。

使いかたはとても簡単。気になるキーワードを検索窓に入力すると、そのキーワードか近いキーワードを候補として表示してくれるので、該当するキーワードをクリックするだけです。

about-employment-data

雇用統計ほど注目される経済指標だと、キーワードが「雇用統計」だけでもアメリカの雇用統計を候補として表示してくれます。では、重要度・注目度が雇用統計よりも低い経済指標はどうでしょうか。

日本の消費者物価指数を調べたい!でも…

直近で発表された経済指標のうち、国ごとに発表される「消費者物価指数」を調べてみましょう。日本の消費者物価指数を調べるためにキーワードとして「消費者物価指数」と入力すると、候補として32件を提示しました。

jpn-consumer-price-index

この中から日本を選ぶこともできますが、時間がかかりますし何より面倒です。もう少し絞りこむために「消費者物価指数 日本」とすると、4件まで絞りこんできました。

jpn-consumer-price-index02

主要な経済指標の全てを調べたわけではありませんが、現時点では経済指標を知るためのツールとしては補助的な役割にとどまりそうです。

基本中の基本。「SBI FX」について聞いてみた

では、他の使いかたはどうでしょうか。FXの取引や、SBI FXについて聞いてみました。

about-trade-fx
about-trade-fx02

このように使いかたやSBI FXの特徴の調べかたはフローチャート式であり、シンプルではあるものの必要な情報を見つけるのは経済指標を調べるよりも難しそうです。

おわりに

現在の囲碁や将棋での優位を見る限りでは将来的には期待が持てますが、現時点ではAIによるチャットボットはその期待ほどの成果があるものではないようです。

しかし使うほどに学習するAIであり、積極的に利用すれば有用なサービスとなることが期待できます。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP