取引の省力化・自動化に役立つFXの「リピート注文」とは?

取引の省力化・自動化に役立つFXの「リピート注文」とは?

FXで取引の自動化と言えば、MetaTrader(メタトレーダー)やMirror Trader(ミラートレーダー)が知られていますが、これらの導入するためには専用口座の開設や専門知識が求められます。

このような手間を省いて、より手軽にFXの取引を自動化できることから人気を集めているのがFXサービスが提供する「リピート注文」です。

今回は、リピート注文の仕組みと特徴、FXサービスごとに微妙に異なるサービスの内容がどのようなものかを見てみましょう。

レンジ相場で特定の注文を繰り返す「リピート注文」

リピート注文とは、一定の為替レートの間で新規・決済注文を一括して発注するIFD注文を繰り返し発注する注文方法です。

メタトレーダーやミラートレーダーのような高度な自動売買は難しいものの、既存の注文方法を応用した、高度な注文方法の1つと言えます。

リピート注文のメリット

レンジ相場に強みを発揮する

リピート注文は一定の為替レートの間で繰り返しIFD注文を発注する注文方法であり、狭い為替レートで値動きをする「レンジ相場」に強みを発揮する注文方法と言えます。

東京外国為替市場はロンドン外国為替市場やニューヨーク外国為替市場と比べてレンジ相場になりやすいと言われているため、リピート注文に向いている外国為替市場と考えられます。

取引の省力化・自動化に役立つ

事前に設定した条件にしたがって繰り返し注文を発注するという特徴から、リピート注文は取引の省力化・自動化に役立つ注文方法と言えます。

また、複数の注文やポジションを同時に管理できるため、リスク管理の面でも効果が期待できる点も見逃せません。

リピート注文のデメリット

テクニカル指標の「クロス」を抜けると効果が弱まる

レンジ相場に強みを発揮するリピート注文は、為替レートのトレンドが一定の方向に動くと決済注文が成立しなくなるリスクがあります。

トレンドの転換点となるのは、トレンドの転換点を示す重要なサインとして知られる「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。ゴールデンクロスを抜けるとトレンドは上昇傾向となり、反対にデッドクロスを抜けるとトレンドは下降傾向となります。

設定次第では含み損を抱えることがある

リピート注文では複数のIFD注文を発注してポジションを持つため、IFD注文が成立しにくい注文を設定すると、含み損を抱えるリスクが大きくなります。

FXサービスが提供するリピート注文とその特徴

トラリピ(マネースクウェア・ジャパン)

「トラップリピートイフダン(トラリピ)」は、IFD注文に注文をくり返す「リピート」と(機能)と一度にまとめて発注する「トラップ」を組み合わせたリピート注文の先駆けです。

設定にしたがって発注と利益確定を繰り返すだけではなく、相場が思惑と逆の方向にいったときの損失を限定するためのストップロスも同時に発注できるので、リスク管理にも効果的です。

ループイフダン(アイネット証券)

ループイフダンは、2つのタイプと5つの通貨、9つの値幅を組み合わせた32の設定から、外国為替市場に最適な設定を選ぶだけで取引がはじめられる手軽さが魅力のリピート注文。

そのシンプルさから、誰でも利用できるのが魅力です。

オートパイロット注文(インヴァスト証券)

オートパイロット(AP)注文は、条件を設定するだけで注文を繰り返すIFD注文であり、注文とセーフティ設定の組み合わせで自動売買と自動停止を実現したのが特徴のリピート注文。

組み合わせを複数設定することで、安定した取引を実現できる自動売買ロジックとして知られています。

iサイクル注文(外為オンライン)

iサイクル注文は、ランキング方式とマトリクス方式、ボラティリティ方式の3つから選べる簡単な設定で、最適な取引条件を自動計算するのが特徴のリピート注文です。

また、iサイクル注文とは異なるリピート注文として、レンジ相場により特化した「サイクル2取引™」も設定されています。

トラッキングトレード(FXブロードネット)

トラッキングトレードは、注文時に指定した為替レートの範囲でIFO注文を繰り返し、レートを細かく追いかけて取引するのが特徴です。

相場の局面ごとに発注タイミングを見極めたり、何度も操作をする手間を省くことができます。

連続予約注文(マネーパートナーズ)

連続予約注文は特許出願済みのリピート注文であり、一度発注をすれば、ルールに従って順番通りに発注されるのが特徴です。

基本となる「ノコギリ型」やより高度な「ヤマギリ型」、リスク管理に欠かせない損失ラインの設定など、柔軟な設定ができるのが魅力です。

リピートトレール注文(YJFX!)

リピートトレール注文とは、決済トレール注文が約定したときに注文時に指定した注文有効期限内なら、自動的にドテンの新規リアルタイム注文と決済トレール注文を繰り返す、新規リアルタイム注文と決済トレール注文が組み合わさった注文方法です。

リピート注文を提供しているFXサービス

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン) トラリピ(マネースクウェア・ジャパン)
アイネットFX(アイネット証券) ループイフダン(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチ オートパイロット注文(インヴァスト証券)
外為オンラインFX(外為オンライン) iサイクル注文(外為オンライン)
FXブロードネット(FXブロードネット) トラッキングトレード(FXブロードネット)
パートナーズFX(マネーパートナーズ) 連続予約注文(マネーパートナーズ)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ リピートトレール注文(YJFX!)

おわりに

事前の条件指定だけでIFD注文を繰り返すリピート注文は、使いこなせれば大変便利な注文方法であり、取引の省力化・自動化をはじめとするメリットが期待できることから、少なくないFXサービスがさまざまな特徴のリピート注文を提供しています。

それぞれの特徴とその違いを把握した上で、より取引スタイルに合致したリピート注文を選ぶことで、より安定した取引を実現する近道になるかもしれません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP