馬鹿にできない経験則「相場格言」と「アノマリー」とは何か

相場格言とアノマリー_アイキャッチ

相場分析の主流とされているテクニカル分析もファンダメンタル分析も、公表されたデータを分析して予測を導き出し、取引に反映する手法です。

最終的にどのような取引をするのか判断するのは投資家本人であり、データ以外のさまざまな要素も取引に影響を与えるため、データだけに頼った取引は簡単ではありません。

そこで注目したいのが、過去の膨大な相場を分析して導きだされた経験則である「相場格言」や「アノマリー」です。古の投資家が相場についてどのような考えを持っていたのかを知ることは、取引の手がかりになります。

今回はいくつかの相場格言を見ることで、昔の投資家たちはどのようなことを考えていたのかを見てみましょう。

「相場格言」とはなにか

「相場格言」とは、「過去の膨大な取引と、その時の相場の状況から一定のパターンを見つけだし、その状況でどのような取引が最適かをまとめた言葉」です。

相場格言の発祥と言われているのは、江戸時代の大阪・堂島の米の先物相場にかかわった豪商たちと伝えられています。

よく知られている相場格言

「人の行く裏に道あり花の山」

投資家とはどうしても群集心理で動きがちであり、相場が一方向に動くと一斉にその方向に取引をする傾向があります。しかしそのままではいつまでたっても大きな成功は得られません。

相場が一方向に動いているときは、他人とは反対の事をやるほうがうまくいくことが多い、というものです。

「相場は相場に聞け」

こちらは「相場の大きな流れに逆らうな」という意味合いの言葉です。

「人の行く裏に道あり花の山」と矛盾するようですが、他人と同じような取引ではいつまでも機会をつかめませんが、やみくもに取引ではあっという間に手持ちの資産を失うことになります。

相場が一方に動いている時には無理に逆らわずに、方向にのった取引を心がけるべきという言葉です。

「行き過ぎもまた相場」

勢いがついた車は急に止まれないように、相場も上限(下限)だろうという値段を超えても、そのまま勢いが止まらないことは珍しくありません。そのような時には一度最後まで上り(下り)きらなければ動きは止まらず、強烈な揺り戻しを覚悟しなければなりません。これを表したのが「行き過ぎもまた相場」です。

「もうはまだなり、まだはもうなり」

「人の行く裏に道あり、花の山」と並ぶ相場格言の双璧が、この「もうはまだなり、まだはもうなり」です。

もう相場の底だと思えるようなタイミングはまだ底ではないし、まだ相場の天井は先だと思うようなタイミングは実は既に天井である、という言葉です。

このように相場確言にはさまざまなものがありますが、基本的には「リスク管理」と「資金管理」に関する言葉がほとんどであり、昔からこの2つはそれだけ重視されてきたと言えるでしょう。

「相場格言」と似て非なる「アノマリー」

相場格言と並んで注目されている経験則に「アノマリー」があります。

アノマリーとは、ある法則や理論から見て異常(例外)、もしくは説明できない事象のことを言い、市場では理論的な根拠を持たないものの、よく当たるとされる経験則を指します。

どちらも経験則に基づいた知識ですが、「アノマリーは特定場面の経験則に偏っている」ことがあげられます。

代表的なアノマリーをいくつか見てみると、

  • 12月の株価は安く、逆に1月の株価は高い
  • 月曜日の株価は高い
  • 2日から取引が始まる月は相場が荒れる
  • 時価総額の小さい銘柄は、高い収益率をもたらすことが多い(小型株効果)
  • 株価収益率(PER)の低い銘柄は、高い収益率をもたらすことが多い(低PER効果)
  • 配当利回りの高い銘柄は、市場平均よりも高い収益率をもたらすことが多い(配当利回り効果)

などがあげられます。

アノマリーは基本的に株式に関するものが多く、銘柄や時期に関する内容が多いのが特徴と言えます。

おわりに

「相場格言」や「アノマリー」を見てみると、「リスク管理」と「資金管理」の重要性について繰り返し触れられていることに気づきます。

安定した取引を続けるために欠かせないこれらは、市場取引がはじまったときから言われつづけていた言葉でもあるのです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP