M2JFXが外為オンラインを訴えた裁判が結審。判決と影響は?

M2JFXが外為オンラインを訴えた裁判が結審。その判決と影響は?

マネースクウェア・ジャパンが外為オンラインを特許侵害で訴えた裁判の判決が2017年2月10日に下され、請求は棄却、外為オンラインの勝訴の判決となりました。

この判決はFXサービスの中でも人気を集める発注管理機能にどう影響するのでしょうか。裁判の流れと今後の影響を見てみましょう。

マネースクウェア・ジャパンが外為オンラインを訴えた裁判

今回の裁判は、2014年10月に外為オンラインがリリースした「サイクル注文® 」と「iサイクル注文® 」が、マネースクウェア・ジャパンの「トラップリピートイフダン® ® (トラリピ® )」の特許を侵害しているとして、2015年2月にマネースクウェア・ジャパンが外為オンラインを訴えた裁判です。

2016年4月には裁判中にも関わらず外為オンラインが「iサイクル注文® 」の特許を取得、同年4月にマネースクウェア・ジャパンがあらためて裁判を起こすなど、泥仕合の様相を呈していました。

2年がかりとなった今回の裁判は、2017年2月10日に東京地方裁判所が「請求棄却」の判決を下したことでひとまず区切りをむかえましたが、マネースクウェア・ジャパンはこの判決を不服として、控訴することを表明しています。

マネースクウェア・ジャパンと外為オンラインそれぞれのプレスリリースを見てみましょう。

(略)

1.訴訟の提起から判決に至るまでの経緯

(略)

平成26年10月より外為オンラインがサービス提供を開始した「サイクル注文® 」及び「iサイクル注文® 」についても、特許権に対して深い知見を有する外部の弁護士、弁理士と協議のうえ、当社が保有する特許権(特許第5525082号及び特許第5650776号。訴訟係属中に、特許第5826909号を追加)を侵害すると考えたことから、平成27年2月19日に、その差し止めを求めて訴訟を提起いたしましたところ、当社の請求を認めない旨の判決が平成29年2月10日に言い渡されました。

2.控訴について

当社といたしまして、本判決は到底容認できるものではありませんので、控訴を行うこととし、既に手続に着手しております。

控訴審において当社の主張が認められるよう、引き続き断固として戦って参る所存です。

3.関連事件について

(略)

4.今後の見通し

(略)

引用:M2HDの訴訟の判決及び控訴の提起に関するお知らせ(PDF)

1. 特許侵害差止請求訴訟について

(1)原告(株式会社マネースクウェアHD)の請求を棄却する。

(2)訴訟費用は原告(株式会社マネースクウェアHD)の負担とする。

2. 訴訟の内容

(略)

今回の判決は、当社サービスが特許第5525082号及び特許第5650776号に抵触せず、特許第5826909号が無効であるというもので、当社サービス提供の差止めを認めませんでした。当社の主張が全面的に受け入れられた形になります。

引用:特許侵害訴訟の勝訴判決に関するお知らせ|新着情報|外為オンライン

裁判の争点となった「特許権の侵害」とはなにか

今回の裁判はマネースクウェア・ジャパンが外為オンラインを「特許権の侵害」で訴えた裁判でしたが、「特許権の侵害」とはどのような行いを指すのでしょうか。

「特許権の侵害」を経済産業省のサイトから引用すると、

特許権は、特許出願から20年の存続期間内において、業として(個人的または家庭内での利用を除くという趣旨です。)、特許発明を独占的に実施することのできる権利です。ここで「実施」とは、物(プログラム等を含みます。)の発明にあっては、その物の生産、使用、譲渡等もしくは輸入または譲渡等の申出をする行為を、方法の発明にあっては、その方法の使用をする行為をいい、物を生産する方法の発明においては、その方法の使用をする行為に加えて、その方法により生産した物の使用、譲渡等もしくは輸入または譲渡等の申出をする行為を言います。そこで、第三者が特許権者から実施を許諾されていないにもかかわらず、業として特許発明を実施などする場合は、特許権の侵害となります。

(略)

引用:特許権の侵害とは(METI/経済産業省)

とされています。

今回の裁判は、この「第三者が特許権者から実施を許諾されていないにもかかわらず、業として特許発明を実施などする」に当たるかが争われ、東京地裁は当たらないとする判決を下しました。

どこが違う?「iサイクル注文® 」と「トラリピ® 」の仕組みとは

ここで気になるのが、「iサイクル注文® 」と「トラリピ® 」はどのような点が異なる発注管理機能なのか?という点です。仕組みが違えば取引内容も変わり、期待できる利益も大きく変わるため、トレーダーには重要なポイントです。それぞれの違いを見てみましょう。

値動きを追ってIFDONE+OCO注文を発注。「iサイクル注文® 」

はじめに、外為オンラインの提供する「iサイクル注文® 」を見てみましょう。

あらかじめ設定した変動幅の中で、一定間隔の値幅で複数のIFDONE+OCO注文を同時発注し、決済注文が成立後、レートの変動に合わせて変動幅を追従させ、新たな注文条件のIFDONE+OCO注文をシステムが自動的に繰り返し行う連続注文機能です。

引用:iサイクル注文®[24時間、あなたに代わって賢くトレード。]|外為オンライン

イフダン注文をくり返し発注。「トラップリピートイフダン® 」

次に、マネースクウェア・ジャパンの「トラップリピートイフダン® 」を見てみましょう。

トラリピ® とは、イフダン(新規と決済を同時に発注する注文)に、リピート(注文をくり返す機能)とトラップ(一度にまとめて発注できる仕組み)を搭載したFXの発注管理機能です。 上下しそうな相場(レンジ)に対して「広範囲に」「まるで罠(トラップ)を仕掛けるように」自動的に売買をくり返すリピートイフダンを並べることで、取引にかかる手間を極力削減し、機械的に売買チャンスを狙うことを目的とした運用手法です。

引用:トラリピ® とは(FX) | FX - マネースクウェア・ジャパン(M2J)

このように「iサイクル注文® 」と「トラリピ® 」は、一定の値幅を指定して特定の注文を繰りかえし発注するという大枠では同じ機能と言えます。

しかし細かく見ると、注文方法や指定する取引条件、取引の参考とする情報など、様々な点で違いがあり、今回の裁判ではこの点が重視され、特許権の侵害には当たらないとの判決が下されたのです。

各FXサービスの提供する発注管理機能は?

地裁判決が下されたことで一区切りがついた今回の裁判の判決により、「トラリピ® 」をきっかけとして人気を集めている発注管理機能を安心して提供できる根拠になることが予想されます。

今後ますます人気が高まることが予想される、各FXサービスの提供する発注管理機能を見てみましょう。

サービス・会社名提供する発注管理機能取引通貨単位取り扱い通貨ペア数
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
M2JFX(マネースクウェアジャパン)
トラップリピートイフダン® 100011
外貨ex(YJFX)
外貨ex(YJFX)
リピートトレール注文100022
外為オンラインFX(外為オンライン)
外為オンラインFX(外為オンライン)
iサイクル注文®100024
FXブロードネット(FXブロードネット)
FXブロードネット(FXブロードネット)
トラッキングトレード®1000024
アイネットFX(アイネット証券)
アイネットFX(アイネット証券)
ループ・イフダン®1000028
エコトレFX(ひまわり証券)
エコトレFX(ひまわり証券)
ループ・イフダン®1000024

おわりに

今回の裁判はマネースクウェア・ジャパンの訴えを棄却するという判決により一区切りがつきましたが、マネースクウェア・ジャパンが控訴の手続きに入るなど、最終的な決着には時間がかかります。

今回のマネースクウェア・ジャパンの敗訴となったものの、控訴審で逆転する可能性も考えられるため、今後の展開によっては急なサービス停止に備えたリスク管理が必要になるかもしれません。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP