アイネットFXと提携したチャートアプリ「Wips」を徹底解剖

アイネットFXと提携したチャートアプリ「Wips」を徹底解剖

インターネット専業証券会社(ネット証券)の「アイネット証券」が提供する店頭FXサービス「アイネットFX」が、スマートフォンアプリケーションの「Wips」との提携を発表しました。

今回は、アイネットFXが提携したWipsにはどのような特徴があるのかを見てみましょう。

「ループ・イフダン」が特徴の「アイネットFX」

豊富な全24通貨ペアと上限を設けた納得のスプレッド

アイネットFXでは、米ドルやユーロ、英ポンドといった主要通貨(メジャーカレンシー)をはじめ、高いスワップポイントで人気を集めるオーストラリアドルや南アフリカランドなどのマイナーカレンシーなど、9通貨・24通貨ペアの取引に対応。

取引コストの透明化のためにスプレッドに上限値を設定するなど、取引に独自の仕組みを導入しているのも特徴です。

取引の省力化・自動化に役立つ「ループイフダン」

アイネットFXの最大の特徴が、24時間変動する外国為替市場のトレンドに合わせて、事前に指定した条件に基づいて取引をするリピート注文の「ループイフダン」です。

ループイフダンによる取引は、事前に指定した為替レートの間での取引というシンプルなルールに基づく取引なので、安心して取引を任せることができます。

アイネット証券が提供するFXサービス「アイネットFX」

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)

チャート検索アプリ「Wips」の特徴

メイン機能は過去の類似チャートの検索

Wipsは、銘柄を選択して無料サーチボタンを押すだけで、過去のチャートから現在と似たものを検索・リスト化するチャート検索がメインのスマートフォンアプリケーションです。類似チャートと現在のチャートが並べて表示されるので、素早く比較・検討できるのが魅力です。

また、チャート検索の応用機能として、類似チャートの偏りが発生したタイミングで、リアルタイムにプッシュ通知で知らせる「片寄りチャートのリアルタイム通知サービス」も見逃せません。

プレミアムサーチで高度なチャート分析にも対応

基本無料の「Wips」ですが、有料サービスである「プレミアムサーチ」は、より類似度の高い検索結果を表示します。現在のチャートと複数の過去のチャートを重ね合わせて表示する機能は、チャート分析や相場予測の大きな力となるでしょう。

ゲーム感覚で手軽にできるトレーニング

アプリ内で提供されるミニゲームも隠れた魅力の1つ。1時間に1回のペースで開催されるミニゲームは、チャートの流れから5分後に上がるか下がるかを予想する簡単なもの。

このミニゲームは実際の過去のチャートを活用しているので、ゲーム感覚で相場観を養うことができて、結果に応じて有料サービスで利用できるコインが入手できます。

相場予測を公開できる「チャートタイムライン機能」

重ねあわせ比較をしたら自分の予測をタイムラインに投稿して、実際の結果を確認できるのが「チャートタイムライン機能」です。

タイムラインでは他のユーザーの保存したチャートも見ることができるので、気になるチャートはお気に入りに登録して、いつでもチェック可能。有料でお気に入りチャートに類似したパターンが現れたときに通知をする設定もあるので、上手に活用すれば取引のタイミングを逃しません。

サービス利用に応じてレベルアップ

Wipsはサービス利用に応じてポイントがたまり、ポイントに応じてレベルアップ。レベルに応じてミニゲームのプレイ回数が増えるなど、うれしい特典がついてきます。

他のアプリ利用者が可視化できる「ランキング機能」

Wipsではタイムラインに投稿した予測の的中回数やミニゲームで正答した回数を参考にランク付けされる「ランキング機能」があります。

ランキング上位者にはコインのプレゼントもあるので、トレーニングのモチベーションアップにつながります。

アイネット証券が提供するFXサービス「アイネットFX」

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)

おわりに

2015年11月にリリースされて累計1万ダウンロードとまだ新しいアプリであるWipsですが、チャート検索を中心にシンプルな内容に特化することで、独自色の強いサービスとなっています。

これからどのような発展を遂げるのか、注目したいスマートフォンアプリと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP