アイネットFX「ループ・イフダン® 」、注目の通貨ペア追加

アイネットFXの「ループ・イフダン® 」、対応通貨ペア追加!

アイネット証券のFXサービス「アイネットFX」では、2017年1月16日に提供する自動売買システム(発注管理機能)「ループ・イフダン® 」の対応通貨ペアにユーロ/米ドル(EUR/USD)を追加しました。

今回の通貨ペアの追加は、ループ・イフダン® にどのような変化をもたらすのか、ループ・イフダン® の機能のおさらいと、追加されたユーロ/米ドル(EUR/USD)の特徴と合わせて見てみましょう。

自動売買システム「ループ・イフダン® 」の3つの特徴

アイネットFXの提供する自動売買システム(発注管理機能)「ループイフダン」は、時々刻々と値動きする為替レートに合わせて、自動で取引をする便利な機能です。

取引の省力化・自動化に大きく役立つ「ループ・イフダン® 」の特徴を見てみましょう。

手軽さと利便性を両立する「ループ・イフダン® 」

ループ・イフダン® は、事前に取引する通貨ペアと取引数量、値幅を指定するだけで簡単に自動売買をはじめられるのが魅力の仕組み。

取引のために継続して必要な作業は発生しないのが大きな魅力の1つです。

あらかじめ取引する為替レートの値幅や取引数量などのリスク管理をした上で取引をはじめるため、ループ・イフダン® を取り入れた取引では定期的に取引結果を確認するモニタリング作業や、相場環境に合わせたリスク管理の再設定だけで安定した取引が期待できるのが特徴です。

シンプルなルールに基づいて取引をする「ループ・イフダン® 」

自動売買と聞くと複雑な設定が必要な印象がありますが、ループイフダンは為替レートが一定の値幅で動いたときに取引をすることで利益を狙う取引を狭い間隔で繰りかえすシンプルなルールを採用。

初心者トレーダーでもわかりやすく、管理しやすいのがループ・イフダン® の特徴です。

安定した取引が期待できる「ループ・イフダン® 」

ループ・イフダン® は為替レートの値動きに沿って売買を繰りかえすため、一本調子の相場はもちろん、方向感(トレンド)のはっきりしない相場でも利益を狙えるのが魅力。

どのようなトレンドでも、指定した値幅なら為替レートの値動きに合わせて機械的に取引を繰りかえすため、ループ・イフダン® を取り入れることで取引機会を見逃す心配を大きく減らせるのは見逃せないポイントです。

「ループ・イフダン® 」を提供するFXサービス

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)
エコトレFX(ひまわり証券) エコトレFX(ひまわり証券)

「ループ・イフダン® 」対応となったユーロ/米ドル(EUR/USD)の特徴

新たにループ・イフダン® 対応の通貨ペアとなったユーロ/米ドル(EUR/USD)ですが、どのような特徴の通貨ペアなのでしょうか。

世界でもっとも取引の活発な通貨ペア

ユーロ/米ドル(EUR/USD)は外国為替市場で最も取引されている通貨ペアであり、2010年の国際決済銀行(Bank for International Settlements = BIS)の調査で外国為替市場全体の3割ほどを占めるほどの取引高がある通貨ペアとして知られています。

世界の基軸通貨である米ドルと、2番目に重要視されている通貨のユーロの通貨ペアは、最も注目され他の通貨ペアに与える影響力も大きくなります。

トレンドにしたがった取引が欠かせない

ユーロ/米ドル(EUR/USD)はその取引量の多さから値動きが活発で流動性の高い通貨ペアであり、通貨発行主体のEU・アメリカともに政治・経済の両面で安定した国として知られています。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)の決定やアメリカのトランプ大統領の就任など、ユーロ・米ドルとも安定した通貨ではなくなっているものの、新興国通貨などと比べるとやはりはるかに安定した通貨です。

指標発表前後などを除いて、比較的トレンドの見通しが立てやすいとも言われているだけではなく、一度できたトレンドは簡単に入れ替わることがないため、トレンドにのっとった取引をすることが安定した取引には欠かせないと言われています。

分散取引・リスク管理が期待できるユーロ/米ドル(EUR/USD)

今回のユーロ/米ドル(EUR/USD)も含めて、ループイフダン対応の通貨ペアと注文方法を見てみると、

  • 米ドル/日本円(USD/JPY)…(設定値幅)15/25/50/100
  • ユーロ/日本円(EUR/JPY)…(設定値幅)40/80/120
  • 英ポンド/日本円(GBP/JPY)…(設定値幅)50/100/150
  • オーストラリアドル/日本円(AUD/JPY)…(設定値幅)20/40/80
  • ユーロ/米ドル(EUR/USD)…(設定値幅)20/40/60

の5通貨ペア・売り買い合わせて32通りの取引方法が選べるようになりました。

通貨ペアや取引方法がここまで充実したことで、従来のループイフダンと比べてより細かいリスク管理や分散投資の実現もできるため、更に安定した取引が期待できます。

おわりに

外国為替市場での取引量がもっとも多い通貨ペアであるユーロ/米ドル(EUR/USD)の追加により、アイネットFXのループ・イフダン® はより魅力的なサービスとなりました。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)に向けた交渉の始動や、アメリカのトランプ大統領の政策など、不確実要素が増える中での通貨ペアの追加は、安定した取引のためには見逃せない強化と言えそうです。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP