「アイネットFX」ループイフダンに一挙6通貨ペアを追加!

「アイネットFX」ループイフダンに一挙6通貨ペアを追加!

アイネット証券のFXサービス「アイネットFX」では、高金利で人気のトルコリラやメキシコペソ、南アフリカランドを含む6通貨ペアの取り扱いを2018年11月3日からはじめました。

取引の省力化・自動化に役立つことから人気を集めている発注管理システムの「ループイフダン」で知られるアイネットFXですが、今回追加された通貨ペアを活用した取引ではどのようなメリットが期待できるのでしょうか。その内容を見てみましょう。

新規追加された通貨ペアとスケジュール

ループイフダン新対応通貨ペア

通貨ペア 設定値幅 スプレッド(投資助言報酬含む) 取引単位
メキシコペソ/円
(MXN/JPY)
50・100・150・200 7.0 10,000
南アフリカランド/円
(ZAR/JPY)
50・100・150・200 7.0 10,000
スイスフラン/円
(CHF/JPY)
20・40・80・100 4.0 1,000
NZドル/米ドル
(NZD/USD)
20・40・80・100 6.0 1,000
豪ドル/NZドル
(AUD/NZD)
20・40・80・100 6.0 1,000

通貨ペアの追加は11月3日のメンテナンス後から

上記6通貨ペアの追加は、2018年11月3日のメンテナンス後になります。メンテナンス終了後から、本番口座の全取引システムと、デモ口座用スマートフォン・タブレットアプリで取引できる通貨ペアとして追加されています。

アイネット証券のFXサービス「アイネットFX」

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)

取引の省力化・自動化に役立つループイフダン

一定のルールにしたがって取引する「ループイフダン」

アイネットFXのループイフダンは、トレーダーの代わりにシンプルなロジックに基づいてポジション管理をしながら自動的に売買を繰りかえすシステムトレードの一種。設定によってさまざまな値動きに対応できますが、中でも一定の値幅で為替レートが変動する「ボックス相場」に強みを発揮することで知られています。

選ぶだけの簡単設定で誰でも簡単システムトレード

ボックス相場に強みを発揮するループイフダンですが、設定方法もとても簡単。取引対象となる通貨ペアと許容する値幅、売り・買いどちらの注文になるかの3条件を選ぶだけ。たったこれだけで、誰でも簡単にシステムトレードをはじめられるのがループイフダンの魅力です。

コスト高な高金利通貨ペアに有利な小ロット取引

今回追加された6通貨ペアのうち4通貨ペアは1,000通貨単位と小さいロットで取引できるので、さまざまな通貨ペアに分散して投資するときに必要な資金も少なくて済みます。

新しい通貨ペアを含めたループイフダンの取引戦略の組み立て

戦略1:リスクを回避して細かく利確する

今回追加された通貨ペアには、トルコリラやメキシコペソなどの値動きの激しいハイリスク・ハイリターンな通貨が含まれる通貨ペアが対象となります。そのため、狭い値幅で細かく利確する取引戦略は有効な戦略として期待できます。

戦略2:長期トレードとスワップで大きなリターンを狙う

ハイリスク・ハイリターンなトルコリラやメキシコペソは、値動きが大きいことで知られています。十分な資金の余裕があるなら、スワップポイントと合わせて長期取引で大きなリターンを狙うのも有効な戦略です。ただし、注文内容によっては保有期間に応じてスワップポイントを支払うことになるため、リターンをスワップポイントで帳消しにしないように注意が必要です。

あわせて読みたい

アイネットFX「ループイフダン」、注目の新通貨ペア取り扱い
アイネットFX「ループイフダン」の新機能「一括注文」とは
アイネットFX「ループイフダン」に損切り機能が追加

おわりに

通貨ペアの追加により、ループイフダンの使い勝手はますます向上することが期待できます。追加された通貨ペアのメリット・デメリットを理解した上で、取引に組み込んでみてはいかがでしょうか。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP