アイネットFX「ループイフダン」に損切り機能が追加

アイネットFX「ループイフダン」に損切り機能が追加

アイネット証券が提供するFXサービス「アイネットFX」が提供する「ループイフダン」に、待望の損切り機能が実装されることとなりました。

取引の省力化・自動化に大いに役立つループイフダンですが、損切り機能の実装により、どのような改善が期待できるのでしょうか。

今回は、ループイフダンの特徴のおさらいと、ループイフダンに実装される損切り機能の概要を見てみましょう。

売買システム「ループイフダン」の3つの特徴とは

選択した売買ルールに従って24時間取引をサポートする

ループイフダンは取引専用ツールで、トレーダーはいくつかの売買ルールの中から、取引戦略に合わせたトレードスタイルと通貨ペアを選ぶだけ。トレーダーが選んだ売買ルールにしたがって、24時間取引するのがループイフダンの特徴です。

初心者でも設定は難しくない?

システムトレードと聞くと難しそうなイメージがありますが、ループイフダンはあらかじめ決められた取引戦略の中から選ぶだけの簡単設定を実現。難しい取引の間隔(値幅)の設定も、通貨ペアごとに複数の設定が用意されているので、柔軟に設定することができます。

ループイフダンは取引の設定の自由度が高いことから、だれでも簡単にはじめることができて、幅広いトレーダー層が利用できるシステムトレードと言えます。

ループイフダンは取引手数料無料

気になる手数料も、ループイフダンは取引手数料無料を実現。裁量取引と比べると取引回数が多くなるループイフダンでも、安心して取引できます。

さらに、ループイフダンのスプレッドは米ドル/日本円で2銭と比較的低いスプレッドを実現しているので、利益への影響も最小限に抑えられるのも魅力です。

アイネット証券が提供するFXサービス「アイネットFX」

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)

ループイフダンの機能追加。損切りの有無が選べる

これまでのループイフダンの動き

損切りありのループイフダンを見る前に、これまでループイフダンの取引の流れを見てみましょう。

最初のポジションを新規の成行注文と決済の指値注文で持ちます。その後に新規ポジションを持つときにはクイックOCO注文での発注となり、値幅ごとに損失方向に向かってIFD注文が入ります。IFD注文の上限は最初に設定した最大ポジション数となります。

新規注文時点で損切り注文も同時に出す新しい注文方法

では、今回新たに導入された損切りありのループイフダンはどのような取引になるのでしょうか。最初のポジションは新規の成行注文と決済の指値注文、損切りの逆指値注文を合わせたクイックOCO注文で持ちます。その後に新規ポジションを持つときにも、クイックOCOと同時に値幅ごとに損切り方向にIFO注文が入り、新規注文と決済注文、損切り注文の3つの注文を同時に発注することとなります。

IFO注文の数は最初に設定した最大ポジション数となる点は、損切りなしと変わりません。

損切りありのループイフダンの注意点

今回追加された損切りありのループイフダンは、新たに運用をはじめるときに選択ができます。既に運用しているループイフダンについては、損切りあり・なしを変更することはできません。

損切りありのループイフダンのリリース予定日時

  • デモ口座:2018年2月17日(土)メンテナンス時間終了後
  • 本番口座:2018年2月24日(土)メンテナンス時間終了後

あわせて導入される新機能

「運用番号」の設定

どの取引がどのループイフダンで取引されたのかわからないという点を改善するため、運用するループイフンダンごとに「運用番号」を設定。注文やポジションのソートに対応しました。

通貨ペアでの絞り込み

これまで、ループイフダンの選択時にはすべてのループイフダンが一覧表示されていましたが、絞り込み検索を実装。通貨ペアごとに絞り込んで表示できるようになりました。

アイネット証券が提供するFXサービス「アイネットFX」

アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)

おわりに

取引の省力化・自動化に役立つ自動売買(システムトレード)の一種として知られていたループイフダンですが、今回の損切りの追加により、より安定した取引が実現しやすい取引機能となりました。

あわせて検索・管理がしやすくなる機能追加がおこなわれたことで、より利便性が高まったといえます。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP