東岳証券の取引システム「Horizon Auton」がMac OSに対応。その魅力とは

東岳証券の取引システム「Horizon Auton」がMac OSに対応。その魅力とは

東岳証券は2018年10月5日に、取引システム「Horizon Auton」のMac OS X対応版をリリースしました。取引できる簡便さと高機能が魅力のHorizonAutonを活用することで、東岳証券の取引の自由度は大きく向上することになります。

今回は、東岳証券の提供する取引システム「HorizonAuton」の魅力と特徴がを見てみましょう。

HorizonAutonの魅力とポイント

東岳証券で取りあつかう全ての商品を一括管理する取引システム

東岳証券の提供する取引システム「HorizonAuton」は、東岳証券で取りあつかう外国為替証拠金取引(FX)と貴金属や原油などの「商品デリバティブ」、日経225先物に代表される「証券CFD」を一括して管理できる取引システムです。

カスタマイズ自由なレイアウトと注文パネルのポップアップ表示

HorizonAutonでは、各機能パネルをカスタマイズ自由なレイアウト機能に対応。また、大きな文字でレートを表示することで素早い注文ができる「アドバンスドクォート」機能により、タイミングを逃さずに注文ができるのも見逃せないポイントです。

成行注文や指値注文、IFD注文やOCO注文などの高度な注文も同じパネルから簡単に発注することができます。

豊富なテクニカル指標で相場分析。素早いチャート拡大もOK

テクニカル指標の複数同時表示により、より踏みこんだテクニカル分析も実現。さらに、移動平均線を複数本設定したときに色分けして表示するオートカラーチェンジ機能など、見やすさのためのさまざまな工夫もしてあります。

チャートの表示範囲はマウスのドラッグ&クリックで自由にコントロールできるので、気になる値動きをより細かく確認することも簡単です。

建玉を一覧で損益確認。利食い・損切りも2クリック

取引パネルでは、保有する全ての建玉とその詳細情報が一目で確認できます。さらに、利食い・損切りしたい建玉があれば、2クリックで決済できるのも見逃せません。

3商品の取引口座を標準提供。口座間の資金移動らくらく

東岳証券では、FXと商品デリバティブ、証券CFDの3商品で一括して口座開設できるだけではなく、3つの口座の間での資金移動にも対応。商品としては独立した口座が設定されているので、ある商品での取引の失敗がほかの商品には及びません。

入出金はリアルタイムで入金できるクイック入金に対応。出金も最短翌々日出金でHorizonAuton上で手軽に手続きができます。

オートトレードにも対応。独自開発もOK

また、専門家考案のオートトレードに対応した拡張機能の導入にも対応。専門家が考案した取引方法により、より効率の良い取引が期待できます。また、オートトレードを活用したAPIも公開しているので、独自のオートトレードを開発することもできます。

東岳証券の提供するFXサービス

東岳証券FX(東岳証券) 東岳証券FX(東岳証券)

Mac版HorizonAutonのポイント

HorizonAuton Mac版では、Windows版と同様の内容を提供。Mac OSでの取引をさまざまな面でサポートしているのが特徴です。

おわりに

国内でもっとも早く商品CFDの提供をはじめたことで知られる東岳証券ですが、FXサービスや証券CFDを提供していることはあまり知られていません。

HorizonAutonのMac OS対応をきっかけにその魅力を再確認してみましたが、取引の省力化・自動化が期待できるオートトレードなど、魅力ある独自機能を提供している点はアピールできるポイントと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP