知られざるFXプライム by GMOとGMOクリック証券の関係

実は同じ会社?FXプライム by GMOとGMOクリック証券の関係_アイキャッチ

同じ「GMO」を名乗りながら別のサービスを提供しているのが、FXプライム by GMOとGMOクリック証券です。あまり知られていないFXプライム by GMOとGMOクリック証券の関係について見てみましょう。

二つのFX会社の生い立ちと現在

現在では同じGMOクリックホールディングス(GMOクリックHD)子会社であるFXプライム by GMOとGMOクリック証券は、もともとは別の会社として設立されました。会社としてのそれぞれの生い立ちと、現在までの流れを振りかえって見ましょう。

伊藤忠商事の子会社としてはじまった「FXプライム by GMO」

伊藤忠商事の子会社として「FXプライム」として2003年に設立されたFXプライム by GMOは、個人向けFXサービスをはじめとする各種金融サービスを提供する金融商品取引業者です。

取り扱い18通貨ペアが1,000通貨単位から取引に対応した「選べる外貨」では、PCやスマートフォン、タブレット端末のブラウザーや専用アプリケーションからの注文に対応していて、扱いやすいサービス内容が魅力です。

この他にも独自のシステムトレードである「ちょいトレFX」や、近年人気の高まっているバイナリーオプションの「選べる外為オプション」などのサービスを提供しています。

GMOグループとして発足した「GMOクリック証券」

GMOクリック証券は株式や先物オプション、FXを含む差金決済取引(CFD)を提供するインターネット専業総合証券会社であり、2006年と後発であるものの、競合サービス買収や独自の技術開発によって追い上げを図り、取引高世界一のFXサービスに成長しました。

GMOクリック証券の提供するFXサービスである「FXネオ」は、18通貨ペアを1万通貨単位から、PCやスマートフォンのブラウザーや専用アプリから取引できるサービスを提供。1回の注文で取引できる数量を使い分けられる通常モードとEXモードの導入により、より効率的な取引が期待できるFXサービスです。

FXプライム by GMOとGMOクリック証券の提供するFXサービス

200_200_choitore2 ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
fx-neo FXネオ(GMOクリック証券)

FX業界再編と2者の関係の変化

出自やサービス内容もそれぞれ異なるFXプライム by GMOとGMOクリック証券ですが、現在ではどちらもGMOクリックホールディングス(GMOクリックHD)の子会社です。

別の会社として設立された2社は、どのような経緯を辿って同じグループ会社となったのでしょうか。その経緯を設立から2016年7月までの主なサービスのリリースと合わせて見てみましょう。

2003年

  • 9月:伊藤忠商事株式会社の子会社として、FXプライム株式会社設立(FXプライムbyGMO)
  • 12月:「外国為替保証金取引」業務を開始。「fx-nowプロコース」および「fx-neo」を新設(FXプライムbyGMO)

2005年

  • 1月:第三者割当増資を実施。「オンライン口座開設」サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 5月:『選べる外貨』サービス開始。24時間ネット入金サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 8月:選べる外貨「PROコース」サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 9月:「モバイル為替情報」サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 10月:GMOインターネット証券株式会社設立(設立準備室)(GMOクリック証券)

2006年

  • 5月:オンライン証券取引サービス開始(GMOクリック証券)
  • 9月:「『選べる外貨』デモトレードPC版」サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 10月:外国為替証拠金取引(FX)取扱開始(GMOクリック証券)
  • 11月:「『選べる外貨』デモトレード携帯版」サービス開始(FXプライムbyGMO)。日経225先物、日経225OP取扱開始(GMOクリック証券)
  • 12月:『選べる外貨』取引コースの拡張・再編(FXプライムbyGMO)

2007年

  • 2月:一般信用取引サービス開始(GMOクリック証券)
  • 3月:第三者割当増資を実施(FXプライムbyGMO)
  • 7月:手数料0円の「1万円コース」を新設。保有ポジションの「コース変更」サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 9月:夜間取引(ジャパンネクストPTS)開始(GMOクリック証券)

2008年

  • 1月:eワラント取扱開始(GMOクリック証券)
  • 3月:第三者割当増資を実施(GMOクリック証券)
  • 10月:エキサイトFX株式会社を子会社化。取得後、「株式会社フォレックス・トレード」に社名変更(GMOクリック証券)
  • 2009年

  • 8月:『選べる外貨』の最小取引単位を1,000通貨に引き下げ(FXプライムbyGMO)

2010年

  • 1月:オプション『選べるHIGH・LOW』サービス開始(FXプライムbyGMO)
  • 3月:『選べるHIGH・LOW』の申込金額を1口あたり千円に引き下げ(FXプライムbyGMO)
  • 4月:FXコミュニティサイト『みんなの外為』スタート(FXプライムbyGMO)。CFD取引サービス開始(GMOクリック証券)
  • 8月:取引所為替証拠金取引(くりっく365)サービス開始(GMOクリック証券)
  • 11月:外国債券のサービス開始(GMOクリック証券)

2011年

  • 3月:大阪証券取引所「大証FX」開始(FXプライムbyGMO)。外為オプション取引サービス開始(GMOクリック証券)
  • 4月:社名をGMOクリック証券に変更し、子会社フォレックス・トレードの外国為替証拠金取引事業を吸収分割の方法により承継(GMOクリック証券)
  • 7月:「直トレFX」開始(FXプライムbyGMO)

2012年

  • 1月:GMOクリック証券株式会社が単独株式移転によりGMOクリックホールディングを設立。GMOクリック証券株式会社の子会社2社(株式会社シェアーズ及びGMOクリック・インベストメント株式会社)について、現物配当によりその株式を取得(GMOクリックホールディングス・GMOクリック証券)
  • 8月:GMOクリック証券株式会社の子会社「GMO CLICK HONG KONG LIMITED」について、現物配当によりその株式を取得。完全子会社である株式会社シェアーズを吸収合併(GMOクリックホールディングス)
  • 9月:株式公開買付け(TOB)によりFXプライム株式会社(現株式会社FXプライムbyGMO)を連結子会社化(GMOクリックホールディングス・FXプライムbyGMO)
  • 10月:英国子会社GMO CLICK UK LIMITED(現GMO-Z.com Trade UK Limited)設立(GMOクリックホールディングス)

2013年

  • 10月:株式会社FXプライムbyGMOに商号変更(FXプライムbyGMO)
  • 11月:新・外為オプション取引サービス開始(GMOクリック証券)

2014年

  • 1月:香港子会社GMO CLICK Bullion Limited設立。吸収分割によりGMOクリック証券株式会社の海外金融商品取引業者向けASP事業を承継(GMOクリックホールディングス)
  • 5月:少額投資非課税制度(NISA)サービス開始(GMOクリック証券)
  • 7月:株式フル板注文サービス開始(GMOクリック証券)
  • 10月:吸収分割によりGMOクリック証券株式会社のシステム開発、運用及び保守事業に関する事業を承継(GMOクリックホールディングス)
  • 12月:外国株式CFDサービス開始(GMOクリック証券)

2015年

  • 3月:GMOクリック・インベストメント株式会社の全株式を譲渡。当社の連結子会社の対象外となる(GMOクリックホールディングス)。JASDAQ上場廃止(FXプライムbyGMO)
  • 4月:株式会社FXプライムbyGMOを株式交換により完全子会社化。当社普通株式をJASDAQ(スタンダード)へ上場(GMOクリックホールディングス)

2016年

  • 2月:新FXシステム稼働開始(GMOクリック証券)
  • 3月:海外上場投資信託(海外ETF)CFDサービス開始(GMOクリック証券)
  • 4月:株式会社大和証券グループ本社及び大和証券株式会社と業務提携に関する基本合意書締結(GMOクリックホールディングス)
  • 7月:インターネット銀行の共同運営について、あおぞら信託銀行株式会社と資本提携(GMOクリックホールディングス)
FXプライム by GMOとGMOクリック証券の提供するFXサービス

200_200_choitore2 ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
fx-neo FXネオ(GMOクリック証券)

おわりに

このような経緯をたどってFXプライム by GMOとGMOクリック証券はGMOクリックHDの傘下に入り、GMOグループの一員としてFX業界で活躍しています。

同じグループの名前を冠する会社であっても出自や由来が大きく異なり、提供しているサービス内容も異なるため、特徴を把握した上で、取引スタイルに合致したFXサービスを利用するようにしましょう。

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP