安心・安全が魅力の「取引所取引(くりっく365)」取り扱い口座を徹底比較

くりっく365_口座比較_アイキャッチ

 

株式取引や債券取引に代わる資産運用として人気が集まっているFXですが、一般的なFXである店頭FXとは別に、取引所が主体となる「取引所取引(くりっく365)」も存在しています。

多数の業者が参加している店頭FXとは異なり、くりっく365に参加しているFX業者は極めて限られています。

今回はくりっく365に参加しているFX業者の提供しているサービス内容について大まかに見てみましょう。

 

くりっく365の特徴

「取引所取引(くりっく365)」は、人気の店頭FXとは異なる仕組みで取引をする外国為替証拠金取引です。

FXトレーダーとFX業者の間のやり取りで取引が完結する店頭FXと異なり、くりっく365では取引所を主催する東京金融取引所の指定した「マーケットメイカー」と呼ばれる大手銀行や証券会社の提示した為替レートを利用して取引を行う「マーケットメイク方式」を取り入れています。

店頭FXと異なり明示された為替レートの中から売り買いのどちらでもFXトレーダーにとって有利な為替レートでの取引を行うため、透明性の高い取引が保証されています。

この他にも店頭FXよりも強固な資産保護の仕組みや参加FX業者の厳選など、取引の安全性を高めるための様々な方策を行なっています。

 

くりっく365のメリットとデメリット

くりっく365のメリットは、取引の仕組みや資産保護の仕組み、参加FX業者の選抜などにより、透明性が高く安全な取引を行えることにあります。

デメリットとしては、その仕組みを維持するために店頭FXと比べると取引手数料が発生するなど、どうしてもコスト高になる傾向があることです。

特に税制では店頭FXと比べて優遇されていましたが、2012年の税制改正により店頭FXの税制度がくりっく365と足並みを揃えることになったため、現在では店頭FXに比べると魅力ある取引とは言いがたいのが実情です。

 

くりっく365取り扱いFX業者

くりっく365の取り扱いをしているFX業者は店頭FXに比べると限られているものの、いくつかの金融業者がサービスを提供しています。

ここではくりっく365の取り扱いがある代表的なFX業者の提供するサービスの特徴を比較してみましょう。

 

インヴァスト証券

「FX24」と「トライオートFX」、「シストレ24」という性格の異なる3つの店頭FXサービスを提供しているインヴァスト証券が提供するくりっく365は、取引所から提供される標準の取引ツールではなく独自の取引ツールを開発・提供することで、快適な取引を実現しています。

くりっく365独自のサービスである取引量に応じて手数料が変化する「ボリュームディスカウント」は、月間取引量1,000枚で2営業日後から月末まで86円、3,000枚で無料と、投資家に比較的有利な設定がされているのも大きな特徴です。

 

FXブロードネット

くりっく365では唯一のシステムトレードに対応した取引ツールを提供しているのが、FXブロードネットです。

システムトレードの場合は取り扱い通貨ペアが7通貨ペアと限られていることや、歩合制の手数料が発生することなど、店頭FXのシステムトレードと比べると不利な仕様となっていることは否定できませんが、システムトレードのメリットを活かした取引を考えると、取引の幅を広げるために口座開設を検討してもよいかもしれません。

 

岡三オンライン証券

インターネット専業証券会社である「岡三オンライン証券」の提供するくりっく365は、高機能なチャートや発注機能搭載で、リアルレートやポジション情報を表計算ソフトのExcelに出力できる連動機能が便利な取引ツールが魅力的なサービスとなっています。

取り扱い通貨ペアはくりっく365で取り扱いのある24通貨ペア全ての取引できるため、くりっく365をはじめるにはぴったりと言えるでしょう。

 

GMOクリック証券

店頭FXサービス「FXネオ」などと同じIDとパスワードでログインできるGMOクリック証券のくりっく365は、必要な情報が1つの取引画面に集約された機能性の高い取引ツールが魅力的なサービスです。

くりっく365や店頭FXだけではなく、株式取引や先物取引も可能なインターネット専業証券会社なので、新しい金融商品の取引を始めるたびに口座開設の手間が省けるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

外為オンライン

近年は新規参入の途絶えていたくりっく365ですが、2015年10月に外為オンラインが新規参入を果たしました。

取引システムの面では、外為オンラインの店頭FXサービスで人気の複数の新規注文と決済注文を自動で繰り返すリピート系発注機能の「サイクル注文」と「iサイクル注文」に対応しているのが大きな魅力です。

この他にも、値動きなどの速報をはじめとする情報コンテンツの充実が魅力的なサービスとなっています。

 

為替ライフ

CFDをはじめとする先物取引を専門とする「岡安商事」が提供しているくりっく365が「為替ライフ」です。

他のくりっく365提供業者は店頭FXと並行して提供している場合がほとんどですが、為替ライフでは店頭FXの提供はなく、くりっく365のみを提供している珍しい会社です。

その分顧客サービスの充実には力を入れていて、情報配信への注力やスマートフォンをはじめとするモバイル端末からの注文対応など、店頭FXに比べると制約が多いくりっく365の枠内でサービス内容の充実に努力しています。

 

おわりに

このように、店頭FXと比べると制約が多いくりっく365ですが、各社ともその制約の中で独自色を出すべく、最大限の努力をしています。

それぞれの内容を比較して口座開設を検討してみるのも面白いのではないでしょうか。

このコラムに関連する記事

TOP