要注目!インヴァスト証券の新サービス「トライオートETF」

徹底解説!インヴァスト証券の「トライオートETF」とは?

特色あるFXサービスを提供する「インヴァスト証券」から、新たな取引サービスとして上場投資信託(ETF)を専門に取引する「トライオートETF」がリリースされました。

トライオートETFは、これまでインヴァスト証券が提供してきたFXサービスとはどのような点で異なるのでしょうか。今回は、トライオートETFの仕組みや特徴と合わせて、その違いを見てみましょう。

「トライオートETF」の投資対象となる上場投資信託(ETF)

特定の指数に連動する「上場投資信託(ETF)」

トライオートETFの投資対象となる上場投資信託(ETF)とは、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)など、特定の指数に連動する成果を目指して、金融商品取引所に上場・取引されている投資信託です。

連動対象となる指数は株式や債券、不動産投資信託(REIT)といった伝統的な資産から、通貨やコモディティ(商品)など、金融派生商品(デリバティブ)も対象となります。

少額で分散投資が実現できるETF

ETFの魅力の魅力として見逃せないのが、少額の資金でも分散投資ができることです。仮に東証株価指数(TOPIX)に連動する株式投資を個別株で実現しようすると、数十億円単位のまとまった資金が必要になります。しかし、ETFなら1口1万円から2万円程度で取引されているので、数十万円程度でTOPIXに連動した資産を保有することができます。

「異次元の金融緩和」で注目を集めるETF

このように手軽に幅広い対象に投資できることから海外ではETFですが、国内での認知度はあまり高いものとは言えませんでした。しかし、日本銀行(日銀)が実施する「異次元の金融緩和」での購入対象とされたことから、国内投資家から注目を集めるようになり、近年の取引高は大きく伸びています。

インヴァスト証券の提供するETFサービス「トライオートETF」

トライオートETF(インヴァスト証券)

取引方法として採用された「差金決済取引(CFD)」

売買価格差に相当する部分だけを取引するCFD

トライオートETFの取引方法として導入された差金決済取引(CFD)とは、取引した商品の実際の受け渡しをせず、売買価格差などに相当する金銭の授受のみにより差金決済する取引または金融商品です。

証拠金を預けてレバレッジをかけた取引をする「外国為替証拠金取引(FX)」も差金決済取引に含まれますが、一般には、外国為替が取引対象となるものをFX、それ以外の株式や株価指数などのものをCFDと呼んで区別しています。

ハイリスク・ハイリターンなCFD取引

金融商品としての差金決済取引はオンラインでの取引が中心となり、低い手数料で瞬時に注文を出せますが、CFDの提供元によって約定までの時間や流動性に大きな違いがあるとされています。

取引は市場を介しておこなわれるものではなく、相手方金融機関(カウンターパーティ)との取引が中心であり、預託金の分別管理が義務付けられていないことから、当該業者の破産などにより預託金が返還されないリスク(カウンターパーティリスク)が懸念されます。

インヴァスト証券「トライオートETF」の3つの特徴

厳選された国内外のETFを少額で取引できる

ETFの認知度の低い東京証券取引所(東証)に限っても約220本、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダック(NASDAQ)を合わせると約1,900本ものETFが上場・取引されていますが、この中から取引戦略に合致したETFを探すのは簡単ではありません。

トライオートETFは、日米の株式市場に上場する2,000本を超えるETFの中から、サービス開始時点で26本のETFを厳選。世界の主な投資対象(セクター)への投資を実現しています。

差金決済取引(CFD)により為替リスクを限定する

海外ETFを取引するときの問題点として、為替リスクがあります。トライオートETFでは差金決済取引(CFD)により為替リスクを排除しただけではなく、1万円という少ない金額での投資を実現しました。また、手数料無料化を実現したことで、より多くの利益を確保できるのも見逃せないポイントです。

裁量取引・自動売買の両方に対応

トライオートETFの原型ともいえるFXサービス「トライオートFX」は、通常のマニュアル注文と合わせて、指定した条件に基づいて自動で取引する自動売買「オートパイロット(AP)注文」で知られるFXサービスです。

トライオートETFでもこの特徴を受け継ぎ、マニュアル注文とAP注文の両方に対応。取引の低コスト化だけではなく、省力化にも大きく貢献しています。

インヴァスト証券の提供するETFサービス「トライオートETF」

トライオートETF(インヴァスト証券)

おわりに

さまざまな指数に連動するETFをCFDにより少額で取引できることから、トライオートETFが低コストで世界中に投資できる魅力的なサービスといえます。

通貨を取引対象とするFXと合わせて、取引への導入を検討してみても面白いのではないでしょうか。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP