FXの注文を処理する「DD方式」と「NDD方式」の違いとは

FXの注文を処理する「DD方式」と「NDD方式」の違いとは

インヴァスト証券のFXサービス「トライオートFX」が、注文方式としてこれまでのDD方式をあらため、NDD方式を採用することを発表しました。今回導入されたNDD方式とは、いったいどのような取引方法であり、これまでのDDと比べてどのような点が異なるのでしょうか。

今回は、取引の成立や取引結果を大きく左右することもあるインターバンク市場の2つの取引方式「ダイレクト・ディーリング(DD)」と「ノンディーリングディスク(NDD)」がどのようなものかを見てみましょう。

トレーダーの注文を処理する2つの取引方法

FX会社が取引相手となる「ダイレクト・ディーリング(DD)」

相対取引とも呼ばれるダイレクト・ディーリング(DD)とは、FX会社がトレーダーとが取引相手となる取引方法です。DD方式ではカバー先金融機関の提示するレートをトレーダーに提示せず、FX会社が決定した為替レートをトレーダーに提供するのが特徴です。

スプレッドはFX会社が決めるため、スプレッド0銭がもっとも低いスプレッドとなり、後述するNDD方式で生じるマイナススプレッドは発生しません。DD方式ではスプレッドはそのままFX会社の利益になります。

DD方式ではトレーダーの注文をカバー先に発注しない場合、トレーダーが負けがFX会社の利益になります。そのため、FX会社側に有利な操作がおこなわれている可能性が根強くささやかれています。

カバー先が取引相手の「ノーディーリング・デスク(NDD)」

FX会社が取引相手となるDD方式と違い、銀行や証券会社などの「カバー先」に直接注文を出すのが「ノーディーリング・ディスク(NDD)」方式です。

カバー先とは、トレーダーが為替取引をするときの為替レートを提示する銀行などの金融機関であり、提示する為替レートは銀行間の取引市場である「インターバンク市場」の為替レートを参考にして決定されます。

NDD方式の特徴として、複数のカバー先と契約していることで提供される為替レートの中からもっともスプレッドの小さい為替レートが提示されるため、DD方式と比べても低スプレッドを実現しています。

低スプレッドが魅力のNDD方式ですが、買い注文と売り注文のそれぞれで複数のカバー先から最良のレートを提示されるため、通常は買値が売値より大きい取引レートが逆転する「マイナススプレッド」が発生することがあります。

NDD方式を採用しているFX会社

トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチ トライオートFX(インヴァスト証券)
lion-fx LION FX(ヒロセ通商)
ウルトラFX(セントラル短資FX)
サクソバンクFX(サクソバンク証券)

知っておきたいNDD方式のメリット・デメリット

信頼性の高さが魅力のNDD方式

NDD方式ではカバー先から提示されるレートがそのまま適用されるため、DD方式と比べるとトレーダーに提示される為替レートの信頼性が高いという特徴があります。また、加工されないレートが配信されるので、注文を発注したレートと成立したレートがくいちがう「スリッページ」が起こりにくいのも魅力です。

約定率でDD方式よりも不利になることも

信頼性ではDD方式と比べると有利なNDD方式ですが、為替レートがカバー先銀行に依存するので、DD約定率が低くなりがちというデメリットがあります。また、注文数量によっては一部の注文しか成立しない「部分約定」が起こることがあるため、大口の注文を出すことにあまり向いていない点にも注意が必要です。

NDD方式を採用しているFX会社

トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチ トライオートFX(インヴァスト証券)
lion-fx LION FX(ヒロセ通商)
ウルトラFX(セントラル短資FX)
サクソバンクFX(サクソバンク証券)

おわりに

インヴァスト証券が「トライオートFX」に導入した取引方法であるNDD方式は、国内FX会社で主流となっているDD方式と比較すると配信レートをはじめとする信頼性の面では有利ですが、約定率では不利になることがある注文方法です。

DD方式とNDD方式、それぞれの注文方法の違いを把握した上で、より安定した取引ができるFX会社を選ぶことが欠かせないといえるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP