インヴァスト証券「トライオートFX」も使う「NDD方式」とは

インヴァスト証券「トライオートFX」も採用!「NDD方式」とは

インヴァスト証券の提供するFXサービス「トライオートFX」が、注文方式としてこれまでのDD方式をあらため、NDD方式を採用することを発表しました。

NDDとはどのような仕組みであり、これまでのDDと比べてどのような点が異なるのでしょうか。「トライオートFX」の特徴と合わせて、DD方式とNDD方式を見てみましょう。

インヴァスト証券「トライオートFX」の三つの特徴

インヴァスト証券はいくつかのFXサービスを提供していますが、今回取り上げる「トライオートFX」は独自の自動売買(システムトレード)を提供しているFXサービスです。その特徴を見てみましょう。

業界最狭水準のスプレッド・1,000通貨単位での取引対応

「トライオートFX」では、もっとも取引量の多い通貨ペアである米ドル/日本円(USD/JPY)0.3銭をはじめ、主要通貨ペアで業界最狭水準でのスプレッドを原則固定で配信。

取引通貨単位も、一段低い1,000通貨単位(南アフリカランド/日本円(ZAR/JPY)のみ10,000通貨単位)での取引を実現。数千円の取引証拠金で取引をはじめられるので、よりリスクを局限した取引が期待できます。

選ぶだけ!5分でできる簡単設定の自動売買(システムトレード)

「トライオートFX」の魅力の一つが、取引条件を設定するだけで新規注文と決済注文を繰りかえすIFD注文を基本とする自動売買(システムトレード)を実現していること。

IFD注文+セーフティーの組みあわせの複数設定により、強力なシステムトレードのロジックを実現しています。

より効率のよいシステムトレードのための「レンジ追尾」機能

取引の省力化・効率化に役立つ「トライオートFX」のシステムトレード機能ですが、より効率のよい取引のために新たに導入されたのが「レンジ追尾」機能。

指定した為替レートの範囲内なら変動を追いかけて注文をするレンジ機能の実現により、取引内容によっては3割近い収益率が期待できるのが魅力です。

インヴァスト証券「トライオートFX」

トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチ トライオートFX(インヴァスト証券)

インヴァスト証券が採用した「NDD」とはなにか

このように効率的なシステムトレードを実現した「トライオートFX」ですが、これまでのDD方式をあらためNDD方式を採用することを発表しました。

NDD方式とはどのような仕組みであり、これまでのDD方式と比べるとどのような点が異なるのか、DD方式とNDD方式の違いを見てみましょう。

トレーダーとFX会社との取引となる「DD方式」

多くのFX会社はトレーダーからの注文処理方法として、トレーダーとFX会社の間で成立する「ディーリング・デスク(Dealing Desk = DD)方式」を採用しています。

DD方式ではトレーダーはFX会社のディーラーと取引し、ディーラーがその先のカバー先金融機関と取引する方式であり、通貨ペアの取引量や相場の急変時などによっては、インターバンク市場にカバーを取らないことやFX会社のディーラーの判断で約定が拒否されるリスクがある方法です。

しかし、DD方式は「ノー・ディーリング・デスク(No Dealing Desk = NDD)方式」とは異なり、FX会社の任意のスプレッドを設定することができるので、NDD方式よりも魅力的なスプレッドが設定されることもあるなど、メリット・デメリットのある処理方法と言えます。

トレーダーの注文と市場が直結する「NDD方式」

「ノー・ディーリング・デスク(No Dealing Desk = NDD)方式」とは、FX会社のディーラーを介さずにインターバンク市場の金融機関と直接取引をする方法であり、トレーダーが出した注文は機械的にインターバンク市場の金融機関に流される点でDD方式と異なります。

FX会社がトレーダーの注文に生じるリスクに対して対策する(リスクヘッジする)ことを「カバーを取る」といいますが、NDD方式ではトレーダーの注文を1件ごとにインターバンク市場に流すことで、FX会社は自動的にカバーを取るようになっているのです。

DD方式とNDD方式を比べると、ディーラーとの相対取引となるDD方式と比べると、インターバンク市場での直接取引となるNDD方式はスプレッドの透明性などの面で有利と言えます。

「トライオートFX」NDD方式採用キャンペーンの内容

「トライオートFX」は注文の処理方法をこれまでのDD方式からNDD方式への変更と合わせて、大規模なキャンペーンを開催しています。その内容を見てみましょう。

キャンペーン期間

2017年3月27日(月)取引開始時(午前7時) ~ 2017年4月28日(金)取引終了時(4月29日(土)午前5時)

キャンペーン内容

期間中、対象通貨ペアでのマニュアル(裁量)取引について1回100Lot(100万通貨、1,000k)を超えてNDDを利用したご注文に対して1Lot3円をキャッシュバック!

(1Lot=1万通貨=10k表示)

[キャッシュバック例]

・合計1,000LotのNDDのお取引で3,000円キャッシュバック

・合計100万LotのNDDのお取引なら300万円キャッシュバック

対象通貨ペア

米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/円(ASD/JPY)、ユーロ/ドル(EUR/USD)、ポンド/ドル(GBP/USD)、豪ドル/ドル(ASD/USD)

対象取引

期間中、1回のご注文100Lot(100万通貨、1,000k)を超えるお取引(NDD取引)が対象です。

NDD利用時はマニュアル取引画面に「参考価格」と表示されます。

※期間中のお取引1件の注文が100Lot(100万通貨,1000k)超が対象となります。

※FIFO設定時の注文や一括決済注文などの場合、発注合計数量が100Lot超となる場合がありますが、 注文履歴で1件あたりの注文が100Lot超の取引が対象となります。1件あたりの注文数量については、注文履歴をご確認ください。

キャッシュバック時期

2017年5月中旬予定

引用:インヴァストのNDDを体験してみよう!上限なし!取引量に応じてキャッシュバック ETF・FX・自動売買のインヴァスト証券

おわりに

独自の自動取引(システムトレード)により取引の自動化・省力化を実現している「トライオートFX」は、今回の注文方法の変更でより魅力的なFXサービスになったと言えます。

取引の立案や振りかえりに時間が取れないトレーダーの方は、「トライオートFX」での取引を検討してみてはいかがでしょうか。

参考サイト

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP