基本から応用まで。知っておきたいFXの取引方法の基礎知識

基本から応用まで。知っておきたいFXの取引方法の基礎知識

他の全ての金融商品と同様、外国為替証拠金取引(FX)も新規注文と反対の売買(決済注文)をすることで取引結果を確定して、利益(損失)を確定することが欠かせません。

FXの魅力の1つに、新規注文と決済注文の方法が豊富にあり、柔軟な取引ができることがあげられます。

取引方法にはどのようなものがあり、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。今回はFXの取引方法を見てみましょう。

「売り」と「買い」で成立する取引と注文方法の使い分け

FXでは新規に取引をしたときに保有する通貨ペアのことを「建玉(ポジション)」と呼び、売買の方向によって「売り(買い)ポジション」と表します。

売り買いどちらのポジションであっても、最終的には決済注文によって取引を確定する必要があり、そのためには相場分析により利益を期待できるタイミングで決済注文を発注する必要があります。

新規・決済注文のどちらでも注文は「手動注文」が基本ですが、いつでも取引できる環境にいるとは限りません。そこで活用したいのが、事前に注文を発注しておくことで指定した為替レートになったら自動で取引をする「事前注文」です。

「手動注文」と「事前注文」のうち、主な注文方法の特徴を見てみましょう。

取引を手動でおこなう「手動注文」を知ろう

「手動注文」と「事前注文」に分けられるFXの注文方法ですが、基本となる「手動注文」を見てみましょう。

手動注文は為替レートの値動きにあわせて注文する注文方法であり、その内容によって「成行注文」と「指値(逆指値)注文」に分けられます。

為替レートを指定せずに取引をする「成行注文」

「成行注文」は、「今表示されている値段(為替レート)で買いたい・売りたい」という時に有効な注文方法です。

取引する為替レートを指定せずに為替動向を見ながらに注文する成行注文は、すぐに注文を出せて売買も成立しやすいというメリットがあるものの、取引が成立するまで取引額がわからず、予想外の金額で取引が成立するリスクがあります。

為替レートを指定して取引をする「指値(逆指値)注文」

成行注文のリスクである、予想外の金額で取引成立を防ぐ注文方法が「指値(逆指値)注文」です。

指値注文は注文時点で取引する為替レートを指定して注文を発注する取引方法であり、取引する値段が事前にわかるというメリットがありますが、指定した為替レートにならないと注文が成立しません。

そのため、注文時点の為替レートから離れた為替レートを指定するといつまでたっても注文が成立しない可能性があります。

逆指値注文は指値注文と同様に注文時点で為替レートを指定して注文を発注する取引方法ですが、指値注文とは異なり不利な為替レートを指定することで損失を抑えることを狙う取引方法です。

損失を抑えてトレンドに乗りやすくする注文方法である逆指値注文ですが、指値に達すると注文が成立するため、適切な為替レートを設定することが欠かせません。

様々な取引方法がある「事前注文」とは

FXの取引方法のうち、発注から決済までの取引の流れを事前に設定する注文方法を「事前注文」と呼びます。事前注文は手動注文に比べると事前の準備が必要など面倒な部分は多いものの、リスク回避のためには有用な手段です。

主な事前注文としては、「IFDone(イフダン = IFD)注文」や「OCO(オーシーオー)注文」、「IFDone – OCO(イフダン・オーシーオー = IFO)注文」などが知られています。それぞれの特徴を見てみましょう。

売り買いをセットで発注する「IFDone(イフダン = IFD)注文」

もっとも基本的な事前注文である「IFDone(イフダン = IFD)注文」は、一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が発注される注文方法です。

IFD注文の注文は「指値(逆指値)」であり、相場分析通りに動いたときの「利益確定」や、相場分析と外れた動きをしたときの「損切り」に有効な注文方法の一つです。

片一方が成立する「OCO(オーシーオー)注文」

「OCO(オーシーオー)注文」は、一度に二つの注文を出しておき、どちらかが約定したらもう一方の注文は取り消される注文方法であり、決済注文で利用されることが多い事前注文です。

OCO注文は新規注文と決済注文をまたいで注文を出すことはできず、必ずどちらか一方だけに発注する注文方法であることに注意が必要です。

事前注文をあわせた「IFDone – OCO(イフダン・オーシーオー)注文」

一般的には「IFO注文」として知られる「IFDone – OCO(イフダン・オーシーオー = IFO)注文」は、「IFD注文」と「OCO注文」を組みあわせることで新規注文から決済注文まで全て事前注文で完了する注文方法です。

便利なIFO注文ですが、最初のIFD注文が発注・成立しないと取引がはじまらない点には注意が必要です。

省力化・自動化に必須!「自動売買(システムトレード)」

ここまで主な手動注文と事前注文を大まかに見てきましたが、これらの注文方法は全てレーダー本人が取引に関わる必要があります。

注文に人間が関わるとなると、時間の問題はもちろん、値動きによって事前の取引戦略を守れずに損失が生じる可能性は無視できません。

これらのリスクを極力小さくして取引の省力化・自動化に大いに役立つことが期待される取引方法として、取引戦略(ストラテジー)にもとづいた取引をする「自動売買(システムトレード)」が知られています。

システムトレードはFXサービスが提供する一定の為替レートで有効な「発注管理機能」をはじめ、完全自動に近い取引を可能としたシステムトレードソフトの「Mirror Trader(ミラートレーダー)」や「Meta Trader4(メタトレーダー)」が知られています。

おわりに

いくつかの注文方法の基本部分について駆け足で見てきましたが、実際に取引をはじめるときにはそれぞれの注文方法のもう少し詳しい知識が必要となります。

実際に取引をしながら、それぞれの注文方法のメリット・デメリットを知ることが将来の安定した取引のためには欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP