知っておきたいさまざまなFXの注文方法とその仕組み

知っておきたい!FXの注文方法とメリット・デメリット

FXの注文方法には、成行・指値・逆指値など、株式投資でもお馴染みのオーソドックスな注文方法の他にも、相場の状況やトレードスタイルによって使い分けすると便利な注文方法があります。

全てを利用する必要はありませんが、知っていればいざというときに役立つでしょう。

注文方法以前に知っておきたいFXの取引の流れ

発注から決済までがサイクルのFXの取引

FXでは、新規注文とは反対の売買によって、利益(損失)が確定します。買った外貨を売る、もしくは売った外貨を買いもどすまでは取引が成立していないことになるのです。

FXで新たに取引をはじめることは、「新規のポジションを持つ」、あるいは「新規の建玉を保有する」などといいます。買いであれば「買いポジション」または「買い建玉」といい、売りであれば「売りポジション」または「売り建玉」といいます。

売り・買いの両方に対応したさまざまな注文方法

売り・買いのどちらからでも取引をはじめられるFXでは、さまざまな注文方法に対応しています。基本となる成行注文や指値注文、逆指値注文をはじめ、一定の条件にしたがって取引をするIFO注文やOCO注文、IFO注文などの「組み合わせ注文」があります。

基本の成行注文と指値注文・逆指値注文

確実に取引が成立するのが魅力の「成行注文」

「成行注文」は、「今表示されている値段(為替レート)で買う(売る)」注文方法です。為替レートを指定しないで注文するので、すぐに注文を出せるのはもちろん、売買も成立しやすいのが特徴です。

成行注文は確実に注文が成立するというメリットがありますが、約定するまでは取引が成立した為替レートがわからないというデメリットがあります。

指定した価格で取引できる「指値注文」

「指値注文」は、「売りたい価格・買いたい価格」を指定して取引する注文方法です。取引価格をある程度コントロールしたい、時間がない人におすすめできる注文方法です。

指値注文は指定した為替レートになるまで取引が成立しないため、約定率を高めるためには注文時点の為替レートに近い為替レートで注文を出す必要があります。

取引の立て直しに役立つ「逆指値注文」

「逆指値注文」は、注文時点の為替レートから「上がったら買う(下がったら売る)」ように、指値注文とは逆の注文を出す注文方法です。

「自分にとって不利なレートで指値を入れる」ことになりますが、次のような特徴やメリットを期待しての注文方法です。「逆指値注文」は、相場のトレンドに乗りやすく、損失を確実に止めて一定の利益を確保するなどの効果が期待できます。

あわせて読みたい

FXの注文方法の基本。「成行注文」とメリット・デメリット
取引内容を指定できる「指値注文」とメリット・デメリット
決済注文に役立つ。「逆指値注文」のメリット・デメリット

複数の注文を組み合わせる「組み合わせ注文」

「売り」と「買い」を一度に出す「IFD注文」

「IFD注文」は、一度に2つの注文を出して、最初の注文が約定したら2つめの注文が発動される注文方法であり、利益確定や損切りのときの有効な注文方法です。「利益確定」や「損切り」に効果がある注文方法として知られています。

「IFD(イフダン)注文」は、同時に2つの注文を出せますが、1つの注文に対して決済注文も1つというルールがあるので、トレンドが分析から外れたときには、手動で決済をする必要があります。

場合分けの取引ができる「OCO注文」

「OCO注文」は、一度に2つの注文を出して、一方の注文が約定したら、もう一方の注文が取り消しになる注文方法です。トレンドに合わせて注文を分けたいという「場合分け」に有効な注文方法として知られています。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた「IFO注文」

「IFO注文」は、IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。IFO注文では新規ポジションの確保と利益確定の指値(リミット)、損切りの逆指値(ストップ)をまとめて発注できるので、指定する取引条件によっては発注から決済まで全て事前に指定することもできます。

あわせて読みたい

一度に2つの注文を出す「IFD注文」とメリット・デメリット
「場合分け」に効果的な「OCO注文」とメリット・デメリット
保有から決済まで指定する「IFO注文」とメリット・デメリット

感情を排除して機械的にトレードする「システムトレード」

ここまで見てきた注文方法は、組み合わせ注文も含めて全て自分で注文条件を設定する注文(手動注文)でした。このときに過去データを使って分析・検証をおこない、その結果に基づいて構築した売買ルールにしたがってする取引を「システムトレード」と言います。

システムトレードは、ルールに従ったトレードのため、タイミングを誤るリスクを減らしたり、取引ルールが有効かどうか検証しやすいというメリットがある、精神的ストレスが非常に少ない投資方法です。

おわりに

ここまで、基本となる注文方法や組み合わせ注文、注文内容を決めるときの基本的な考えかたまでを駆け足で見てきましたが、実際の取引ではそれぞれの注文方法についてより詳しく知ることが欠かせません。

安定した取引を実現するためにも、それぞれの注文方法の特徴やメリット・デメリットは知る必要があります。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP