利益を上げる為に確実に使い分けたいFXの取引方法!

利益を上げる為に確実に使い分けたいFXの取引方法

注文方法を使いわけて確実な利益を目指そう!

口座を開いて自分のストラテジーを定めていざ取引! その前にもう一つ確認しておきたい重要な事があります。それが、実際の注文方法です。

 

注文方法なんかその場その場に合わせて出せば大丈夫だろう? と思っていませんか?

しかし、ちょっとした発表や出来事で大きく相場が動くのがFXの魅力であり怖いところです。

順調な時は適当な注文方法でも問題はありませんが、何かの拍子に相場が荒れた時に利確・損切りがキチンと出来ないとせっかくの利益を失い、損失ばかりを被る事にもなりかねません。

 

事前にきちんと注文方法の概要を把握しておいて、出来る限りリスクを減らした取引を心がけることが、FX注文で利益を出すための重要なポイントです。

それでは順番に注文方法の概要を見ていきましょう。

 

成行任せ、風任せ成行注文

 成行注文は全ての注文の基本の「き」となる注文方法で、今、提示されている値段(為替レート)で売買をしたい時に有効な注文方法です。

 レートを指定せずに相場の方向性を見ながら発注する注文方法なので、注文がすぐに出せて、売買が確実に成立するというメリットがあります。

値段をしていしないで注文を出すので売買が確実に成立する反面、常に動いている相場に対して値段を指定しないで発注するため、売買価格が幾らになったかは約定されるまで判明しないというデメリットがあります。

 

決めたい時の指値注文

いつでも成行注文を出せる環境にいるのであれば成行注文を大いに活用したいものですが、ほとんどの人はそのような環境にいません。

そこで上手に使いたいのが、売りたい(買いたい)価格を指定して注文する注文方法である指値注文です。

 

やることは簡単。事前に相場が上向いているか下向いているかのざっくりとした方向を見ておき、現時点での為替レートからいくらか離れたところに値段を指定して売買注文を出しておくだけ。

為替レートがその値段に達した時点で自動的に注文が発注されるので、相場の方向性にやきもきしながら貼りついていなくて良いのは大きなメリットです。

このように便利な指値注文ですが、相場の方向性が急に変わったりして指定しておいた為替レートに届かなかった場合、注文は発注されない点には注意が必要です。

 

リスクを減らせ!逆指値注文

逆指値注文は現在の為替レートから下がったら売る上がったら買うというような、指値注文とは反対の注文を出す注文方法です。

自分にとって不利なレートで指値注文を出すことになる注文方法ですが、相場のトレンドに乗りやすい、損失の程度を小さく収められて利益を確実に得られる、などのメリットがある注文方法でもあります。

逆指値注文をうまく活用することで、事前に定めた自分のストラテジーに従った利確・損切りが出来るので、成行注文指値注文ともども上手に使いこなして、確実な利益に繋げたいものです。

 

高度な注文方法を使いこなして快適なFX取引生活!

さて、ここまでは一回の発注で一つの注文を出す注文方法について見てきました。しかし、FXでは一回の発注で二つの注文を出せるもう少し高度な注文方法が存在するのです。

それがこれから触れるイフ・ダン注文やオー・シー・オー注文、イフ・ダン・オー・シー・オー注文です。

これらの注文を組み合わせて使いこなすことが出来れば、注文から売却まで全て手放しで行うことも可能になるのです。

 

終わりよければ全て良し!イフ・ダン注文(IFD注文)

イフ・ダン注文は、一回で時間差のある二つの注文を出して、先の注文が約定したらもう一つの注文が自動的に発動される注文方法です。

一回の発注で買って売る、あるいは売って買うといった注文が出来るため、一度で取引を完結させることも可能です。

ただし、二つ目の注文が約定するかどうかは相場の方向性次第。

利確を狙って注文を出していたのに相場の方向性が急に変わって慌てて損切りをするも間に合わず…。ということも十分に考えられます。

そのため、取引の時にはいかに利益を大きくするかよりも、どれだけ損失を小さくするかという視点に立って取引を行うことがより重要です。

 

どちらかを通せ!オー・シー・オー注文(OCO注文)

イフ・ダン注文は一つ目の注文を引き金として、もう一つの注文が発動するという注文方法でした。

対してオー・シー・オー注文は、一度に二つの注文を出して、どちらかが約定すればもう一つの注文は取り消される注文方法です。

現時点の為替レートに対して、高くなるのであればこうしたい、安くなるのであればこうしたいという思惑がある場合に、相場がどちらに振れても対応出来る注文方法です。

あるいは、既にポジションを持っていて、幾らかの利益も出ていて、後はポジションを売る(買う)だけ、という場合にも、オー・シー・オー注文は役立ちます。

どちらに振れる利確(損切り)を確実に出来る値段で注文を出しておけば、後は自動的に取引を行ってくれるのがオー・シー・オー注文の便利なところです。

注意したいのは、イフ・ダン注文と異なり、売買をセットで注文する注文方法では無いので、ポジションを持った場合には別に売買の注文を出さないとならない事です。

 

最初から最後までお任せ!イフ・ダン・オー・シー・オー注文(IFDOCO注文)

さて、使いこなせれば便利なイフ・ダン注文とオー・シー・オー注文の二つを組み合わせた注文方法があります。

それがイフ・ダン・オー・シー・オー注文(アイ・エフ・オー注文とも言う)です。

新規にポジションを立てられて、利確・損切りまでを事前に発注出来るこの注文方法は、ほとんど自動売買のような仕組みです。

しかも、自動売買とは違い、任意のタイミングでポジションを立てられるのは大きな魅力です。

 

とことん追いかけて利益を狙う!トレール注文

ここまではほとんどのFX業者で利用出来る注文方法でしたが、ここから先は一部のFX業者では対応していない注文方法になります。

FX取引を続けていると、注文が約定した後にチャートを確認すると、約定した時点よりもより有利なレートになっていて、ああ勿体ないことをした! と思うことが必ずあると思います。もちろん、あまり欲をかいて利確・損切りに失敗するほうが怖いですが、あと一円くらいなら…、という場合もあると思います。

そのような時にあると嬉しいのが、このトレール注文です。

トレール注文のトレールとは、追いかけるを意味する言葉です。言葉通りに相場の値動きに応じて発注した注文価格が自動的に追随してくれる逆指値注文で、決済時に活用する注文方法です。

利益をもうちょっと伸ばしたいけど、万一の時にはキチンと利確・損切りをしたいという時にはぴったりな注文方法です。

 

リアルタイムのレートで注文するストリーミング注文

ストリーミング注文は成行注文と概要は大きく変わらない注文方法です。一点だけ異なるのは、リアルタイムで配信される為替レートを確認して、任意のタイミングで発注できる出来る部分にあります。

成行注文では、実際に約定するまではいくらで注文が出されたのかがわからないところが気になるポイントでした。しかし、ストリーミング注文であれば、指値注文並みの精度とは行かなくても、それに近い精度で約定することが期待出来ます。

一点注意したいのが、相場が急変した時の損切り注文です。

事前に逆指値注文を出しているのであれば心配はありませんが、損切りをストリーミング注文で行おうとすると、なまじリアルタイムの為替レートが見えてしまうため、ズルズルと損切りを先延ばしにしてしまいがちです。

このような時には、多少のスリッページは気にせずに、幾らであっても必ず約定する成行注文で損切りを行ってしまうほうが安全でしょう。

 

注文方法を使いこなして、確実な損切りを行おう!

ここまでいくつかの注文方法について触れてきました。

全てにおいて共通するのは、どの注文方法であっても利益よりも損失を小さくするほうが重要であるという考えかたが基本にあることです。

ここが肝心なところで、どれだけ大きな利益をあげたとしても、それよりも大きな損失を被ってしまえば、その時点でお金を使う取引は著しく困難になります。

だからこそ、FX取引を続けるために重要なのは、繰り返しになりますが利益を上げることではなく、損失を小さくすることなのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ロゴ
  • ロゴ

このコラムに関連する記事

TOP