決済注文に役立つ「トレール注文」とメリット・デメリット

決済注文に役立つ「トレール注文」とメリット・デメリット

FXには一方の注文の成立をトリガーとするIFD注文や場合分けに有効なOCO注文、この2つを組み合わせたIFO注文といった便利な注文方法があります。これらと並ぶ便利な注文方法でありながら、あまり知られていない注文方法に「トレール注文」があります。

今回は、トレール注文の特徴やメリット・デメリットがどのようなものかを見てみましょう。

為替レートの値動きに合わせて注文価格が追いかける

トレール注文は決済専用の注文方法であり、為替レートの値動きにあわせて一定の値幅を保ったまま注文価格が追随する逆指値注文の一種です。

トレールとは「追いかける」という意味で、「トレンドに乗って取引をしながら、確実に利益を確保したい」というときに効果的な注文方法です。損失確定のストップロス注文に利用されることから、『トレールストップ注文』とも呼ばれています。

トレール注文の使いかた

トレンドを追いかける取引に向いたトレール注文

トレール注文は、基本的に利益確定値を決めないトレード方法なので、為替レートの値動きに合わせて期待できる利益も上下します。この時点では決済していないので、注文は確定していません。

一方向のトレンドが続く限りどこまでも追随するので注文は確定しないため、頃合いを見て利益確定の決済注文を入れるか、トレンドの反転でストップロスにかかるのを待つかのどちらかで決済する必要があります。

買いポジション保有時の決済注文

買い注文であれば、ストップロス設定した価格は為替レートの上昇を追いながら、予め設定した値幅で自動的に切り上がっていきます。

一度切り上がったレートは下がらないため、頃合いを見て利益確定の決済注文を入れるか、トレンドの反転でストップロスにかかるのを待つことで利益確定の注文が出されます。

売りポジション保有時の決済注文

売り注文であれば、ストップロス設定した価格が為替レートの後を追いかけて、予め設定した値幅で自動的に切り下がります。

買いポジションと同様に、一度切り下がったレートは上がることがないため、頃合いを見て利益確定の決済注文を入れるか、トレンドの反転でストップロスにかかるのを待つことになります。

トレール注文のメリット

トレンドが続く限り損失を限定できる

トレール注文は為替レートの値動きに合わせて注文価格が追随するので、自分の予想した方向に動くほど利益が上がり、損失は最初に設定したトレール幅以下に限定できる、非常に便利な注文方法と言えます。

値幅の設定次第では大きな利益を期待できる

トレンドが続く限り利益が拡大するトレール注文は、適切な値幅を設定することで成行注文よりも大きな利益を期待することができるのもメリットの1つです。

トレール注文のデメリット

値幅の設定によっては大きなリスクがある

相場のトレンドを把握して適切な値幅で注文する必要があるトレール注文ですが、あまりに狭い値幅ではすぐに注文が成立して、損失を抱える可能性があります。

対応しているFX業者が限られている

トレール注文は他の手動決済と比べても取引システムへの負担が大きいことから、FX業者によって対応状況は分かれます。また、対応しているFX業者の中でも新規注文のときやポジション保有のときなど、対応の内容がまちまちなので、口座開設のときには比較・検討したいポイントの1つです。

トレール注文に対応している主なFX業者

lion-fx LION FX(ヒロセ通商)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ 外貨ex(YJFX!)
外為オンラインFX(外為オンライン) 外為オンライン(外為オンライン)

おわりに

決済注文で最大限の利益を狙うときに有効なトレール注文ですが、使いこなすのが難しい注文方法です。また、対応しているFX業者が限られているなど、利便性の面でも劣ることは否めません。

メリット・デメリットを把握した上で、適切に使い分けることが求められる注文方法と言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP