決済注文の利益を最大化するFXの「トレール注文」とは

決済注文の利益を最大化するFXの「トレール注文」とは

FXで取引が成立したあとに為替レートを見ると、決済注文が成立したときよりも有利な為替レートになっていると、非常に悔しい思いをします。

取引で悔しい思いをする機会を減らすために役立つ注文方法が、決済注文のときに為替レートの値動きを追いかけて利益を追求する「トレール注文」です。トレール注文の仕組みや特徴、実際の取引での流れなどを見てみましょう。

値動きに合わせて取引価格が切り上がる「トレール注文」

トレール注文は決済の損切り(損切り)注文の一つです。具体的な取引では、許容する値幅(トレール幅)をして取引をはじめ、為替レートと注文価格がトレール幅よりも大きくなったときに注文が出される注文方法です。

一般的な損切り注文と違って、トレール注文は発注してから為替レートが上昇(下落)すると、トレール幅を保ちながら損切りの値も合わせて上昇(下落)しするという特徴があります。

売り・買いで取引の方向が正反対のトレール注文

トレール注文は為替レートの値動きに合わせてトレール幅を維持しながら注文価格が追いかける注文方法であり、指定した値幅(トレール幅)以上の不利な方向へ進むと注文が出される注文方法です。

買いポジションでトレール注文を利用すると、為替レートの上昇に合わせてトレール幅を保ちつつ損切りの値を切り上げます。反対に売りポジションなら、為替レートの下落に合わせてトレール幅を維持しながら、損切りの値は切り下げられます。

発生する利益の最大化を狙うときに有効なのが、トレール注文の特徴です。

トレール注文の取引手順

為替レートの値動きを注文価格が追いかける注文方法であるトレール注文ですが、注文自体は他の注文方法同様に難しいものではありません。取引ツール上で「トレール注文」を選び、値幅(トレール)を指定して注文を出せば、注文が成立するのを待つだけです。

トレール注文を利用したときの取引の具体例

では、実際の取引で売り・買いそれぞれのポジションで為替レートの値動きを簡略化したものでトレール注文の取引の流れを見てみましょう。

買いポジションでトレール注文を利用する場合

1ドル=100円で買いポジションを持ち、トレール注文を出した場合を、ごく簡単な模式図で表してみました。

trail-order-up2

買いポジションであれば、為替レートの上昇に合わせてトレール注文で出した注文価格もトレール幅を維持して切り上がります。為替レートが下落に転じると為替レートと注文価格が一致した時点で注文が成立、取引が完了します。

通常の逆指値注文で損切り注文を発注したときと比べると、注文が成立する為替レートは切り上がっているため、より大きな利益が期待できるのです。

売りポジションでトレール注文を利用する場合

反対に、1ドル=100円の売りポジションでトレール注文を出すとどのような流れになるのでしょうか。

trail-order-down

売りポジションでは買いポジションとは反対に、為替レートが下落する局面での取引となるので、注文価格もトレール幅を維持しながら追随して切り下がります。

為替レートが上昇に転じても注文価格は切り上がることなく据え置かれ、為替レートと注文価格が一致した時点で取引が成立します。

トレール注文で取引をするときの注意点

このように便利な注文方法であるトレール注文ですが、実際の取引で利用するときにはいくつかのポイントに気をつける必要があります。トレール注文を利用するときに気をつけたいポイントを見てみましょう。

一定の値幅でロスカットを指定しておく

トレール注文は値動きの反転を期待して上限・下限を決めずに発注する注文方法であり、為替レートの値動き次第では利益(損失)がどこまでも大きくなる可能性があります。

トレール注文を利用するときには、損切り注文を設定した上で取引をする必要があります。

対応しているFXサービスが限られている

トレール注文は他の手動決済と比べても取引システムへの負担が大きい注文方法であり、一部のFXサービスではトレール注文に対応していないことがあります。

口座開設をするFXサービスがトレール注文に対応しているかは、口座開設のときに検討したいポイントの一つです。

取引方法の比較です。逆指値注文を始めとする、特殊な注文方法にどこまで対応しているかを比べています。
(※事前売買はIFO,OCO,IFDO注文を指します)
 対応取引方法数事前売買注文対応※トレール注文対応ストリーミング注文対応システムトレード対応売買シグナル備考
マネックスFX(マネックス証券)
マネックスFX(マネックス証券)
9--
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
8--システムトレードは別に口座開設が必要
matsui-200-200
Net FX(松井証券)
4----
楽天FX(楽天証券)
楽天FX(楽天証券)
8-
oanda-200-200
OANDA JAPAN fx trade (オアンダ・ジャパン)
14--
ig-securities.200-200jpg
IG証券FX(IG証券)
9---
インヴァストくりっく365(インヴァスト証券)アイキャッチ
インヴァスト証券くりっく365(インヴァスト証券)
14--
broadnet-200-200
ブロードネット365(FXブロードネット)
9-
アイネットFX(アイネット証券)
アイネットFX(アイネット証券)
10--
東岳証券FX(東岳証券)
東岳証券FX(東岳証券)
5-----
外貨ex(YJFX)アイキャッチ
外貨ex(ワイジェイFX)
14--
外為ジャパンFX
外為ジャパンFX(DMM.com証券)
7--
パートナーズFX nano
パートナーズFX nano(マネーパートナーズ)
10--
パートナーズFX
パートナーズFX(マネーパートナーズ)
13-
FXブロードネット
FXブロードネット(FXブロードネット)
8--
FOREX.com MT4
FOREX.com MT4(ゲインキャピタル・ジャパン)
7-
ちょいトレFX
ちょいトレFX(FXプライム by GMO)
1---
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
8---
外為オンライン
外為オンラインFX(外為オンライン)
12--
ライブスターFX
ライブスターFX(ライブスター証券)
12--
インヴァスト証券_fx24
FX24(インヴァスト証券)
11システムトレードは別に口座開設が必要
MATRIX TRADER(JFX)アイキャッチ20170202
MATRIX TRADER(JFX)
22-
みんなのFX(トレイダーズ証券)
みんなのFX(トレイダーズ証券)
5----
lion-fx
LION FX(ヒロセ通商)
22-
トライオートFX
トライオートFX(インヴァスト証券)
4--事前売買注文はマニュアル注文時のみ対応
シストレ24
シストレ24(インヴァスト証券)
8--事前売買注文はマニュアル注文時のみ対応
sbi_fx
SBI FX(SBI FXトレード)
8--
DMM FX(DMM.com証券)
DMM FX(DMM.com証券)
8----
FXネオ(GMOクリック証券)
FXネオ(GMOクリック証券)
7---

おわりに

決済注文で最大限の利益を狙うときに有効な注文方法であるトレール注文ですが、決済のタイミングを誤ると大きな損失をこうむるリスクがあります。また、一部のFXサービスではトレール注文に対応していないなど、使いやすさの面でも他の手動注文と比べて劣る部分があります。

メリット・デメリットを把握した上で、適切に使い分けることが安定した取引を実現するためには欠かせないと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP