リアルタイムの為替レートで取引する「ストリーミング注文」

リアルタイムの為替レートで取引する「ストリーミング注文」

安定した取引にはリスク管理が欠かせないFXですが、そのための取引方法として「ストリーミング注文」と呼ばれる注文方法があります。

成行注文と同じような扱いを受けやすいストリーミング注文ですが、その仕組みを理解して取り入れれば、取引の幅が大きく広げることができます。

今回は、ストリーミング注文の仕組みやメリット・デメリットを見てみましょう。

為替レートのズレを指定する「ストリーミング注文」

ストリーミング注文は、成行注文と同じような注文方法ですが、事前にスリッページを指定した上で、リアルタイムの為替レートを確認しながら、任意のタイミングで注文する注文方法です。

外国為替市場で大きな値動きが続く場面でもストリーミング注文を活用すれば、配信された為替レートと注文した為替レートに指定以上のスリッページがあれば注文は発注されません。許容スリッページを指定することで、不利なレートに変動したときに約定させないという注文も可能です。

成行注文とストリーミング注文では何が違う?

スリッページを許容して取引の成立を優先する成行注文

成行注文では、注文した為替レートと成立した為替レートには1銭から2銭程度のズレ(スリッページ)が発生することがあります。取引にはマイナスになるスリッページが生じる成行注文ですが、成行注文は売買は必ず成立すると言う特徴から、「どうしてもこのタイミングで売買したいとき」に効果的な注文方法です。

スリッページを事前に指定するストリーミング注文

外国為替市場の動向によってはスリッページが発生する成行注文に対して、ストリーミング注文では許容するスリッページを事前に指定して注文することができるという特徴があります。

ストリーミング注文なら、表示価格を見て購入しようと思った為替レートで取引ができますが、注文を出したあとに指定したスリッページを超えると、取引が成立しない可能性があります。

ストリーミング注文が効果的な注文方法とは

ストリーミング注文は「スキャルピング」や「デイトレード」など、短期間で取引が完結する取引に有効な注文方法です。これらの取引では短期間の取引で生まれるわずかな利益(利ざや)を積みかさねる取引であり、配信レートと取引レートのズレは利益に大きく影響します。ストリーミング注文を利用することで、短期間の取引の足かせとなる不要なリスクを事前に取り除くことが期待できます。

ストリーミング注文の3つの注意点

取引に時間を拘束される

ストリーミング注文は成行注文と同じ手動注文の一種であり、為替レートの値動きにあわせて注文を出す必要があり、取引に時間を拘束される欠点があります。

値動きが激しいときにはリスクが大きい

ストリーミング注文は、一見すると成行注文よりもリスク管理の面で有利な注文方法に見えます。しかし、許容されるスリッページから外れると注文が成立しないため、損切りのときにストリーミング注文を利用すると取引が成立せず、損失が拡大するリスクがあります。

確実に注文を成立させる必要があるときには、多少のスリッページは無視して成行注文を利用するのが賢明といえるでしょう。

為替レートの値動きが激しいときの対応が難しい

取引が成立する条件が厳しいストリーミング注文は、思わぬ価格で取引が成立するリスクを防げる注文方法です。しかし、為替レートの値動きが激しいときには注文が成立せずに大きなリスクを抱える可能性があります。

利益確定・損切りでストリーミング注文を利用するときには、相場急変に備えた逆指値注文による損切り注文の併用が欠かせません。

おわりに

ストリーミング注文は想定外の為替レートで注文が成立するリスクを少なくできる注文方法ですが、使いかたによっては思わぬ損失を招くことがあります。

安定した取引のためには、その特徴や仕組みを把握した上で適切に利用することが欠かせないと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP