利益確定・損切りに有効なFXの「逆指値注文」

imasia_14755084_M

 

FXには注文方法がいくつかありますが、代表的なものなると成行注文と指値注文、この「逆指値注文」があげられることが多いのではないでしょうか。

今回はそんな基本的な注文方法の1つである「逆指値注文」について見てゆきましょう。

 

指値注文とは反対の注文を出す「逆指値注文」

 

「逆指値注文」は、指値注文と同じように注文を発注するときに売買したい為替レートを指定して取引をする注文方法のことを言います。

逆指値注文が指値注文と異なるのは、指値注文が為替相場の動向にのっとった注文であることに対して、逆指値注文は「為替レートが上がった買う」「下がったら売る」という指値注文とは反対の注文方法を出します。

 

逆指値注文は、損失を確実に食い止めたり、一定の利益を確保することを得意とする注文方法です。そのため「ストップ注文」や「ストップ・オーダー」とも呼ばれています。

 

逆指値注文の注文手順

 

逆指値注文の注文手順そのものは指値注文の注文手順と変わりません。FX業者の売買ツールで売買したい通貨ペアを選んで取引数量を選択して、最後に売買したい為替レートなどの条件を指定すれば発注は終わりです。注文が発注されて成立すれば、注文の完了となります。

 

逆指値注文のメリットとデメリット

 

逆指値注文のメリットとして最も大きいのは、確実に利確・損切りの決済注文ができることです。

 

特にFXを始めたばかりのタイミングでは、発生している含み益や含み損の大きさに惑わされて、ポジションを決済するタイミングを見失いがちです。決済をしなければ含み益は確定しませんし、含み損はロスカットされてしまう危険が大きくなります。

FXで利益を得るためには、売買ルールを事前に定めて売買ルールを守った取引をすることが重要と言われています。逆指値注文は、売買ルールを守った取引を行うことを簡単にしてくれるのです。

 

あわせて読みたい

FXを続けるために重要な売買ルールの考えかたと設定

 

逆指値注文のデメリットはいくつかありますが、指定した為替レートで注文が発注されるため、利確・損切りのどちらでもある程度は自分に不利な注文を発注することになることがあげられます。

また、指値注文と同じく指定した為替レートにならないと注文が発注されないため、注文時点の為替レートからかけ離れた為替レートを指定すると、注文が成立しないこともデメリットの1つです。

 

おわりに

成行注文と指値注文、そして逆指値注文の三つを使いこなせれば、FXの基本的な注文方法としては十分でしょう。

更に高度な注文方法もいくつかありますが、それは基本的にこの三つを組み合わせた注文方法になります。まずは基本となるこの三つをきちんと身につけたいところです。

このコラムに関連する記事

TOP