決済注文に役立つ「逆指値注文」のメリット・デメリット

決済注文に役立つ。「逆指値注文」のメリット・デメリット

その時点の為替レートより「上がったら買う・下がったら売る」というように、指値注文とは逆の注文を出す注文方法が「逆指値注文」です。

FXトレーダーにとって不利な内容の注文を出す「逆指値注文」には、どのようなメリットがあるのでしょうか。その仕組みやデメリットと合わせて見てみましょう。

不利な為替レートで注文を出す「逆指値注文」

逆指値注文は指値注文とは反対に、上がったら買う・下がったら売るという「自分に不利なレートで注文する」注文方法です。

一見するとデメリットしかないように思えますが、外国為替市場のトレンドに乗りやすいことや損失を一定程度で止められる、という特徴を持っています。また、損失を止めるときに活用される注文方法なので、「ストップ注文」や「ストップ・オーダー」と呼ばれることもあります。

逆指値注文のメリット

外国為替市場のトレンドに乗りやすい

為替相場は、一度動き出したら一方向に動く傾向にあります。上昇トレンドでは今のレートより高くなったら買い、下降トレンドなら今のレートよりも低くなったら売り注文を出すことで、まとまった利益を狙うことができます。

このように、上昇トレンド・下降トレンドに移ったと判断したときに、トレンドに自動的に乗るために有効な注文方法が「逆指値注文」です。

損切りに有効な「ストップロス注文」になる

トレンドが一方向に続きやすいとは言っても、相場の値動きは必ずしも分析の通りになるわけではありません。仮に分析とは反対の値動きをしたときでも、損失を限定するためにもトレンドとは逆の注文を出す逆指値注文が有効です。

こうした逆指値注文の活用方法は「ストップロス注文」とも呼ばれ、ポジションを保有しているときのリスクを軽減する有効な方法です。

注文する為替レートを調整することで利益確定に効果的

「逆指値注文」は、損失を抑える以外にも、利益を確定するときにも効果的な注文方法です。

逆指値注文での注文価格はいつでも変更できるので、為替レートの値動きに合わせて注文価格を調整することができます。ポジションを持った時点からある程度利益が出た段階で逆指値注文で決済注文を出しておくと、注文が成立した時点で利益確定できます。

このように、逆指値(ストップ)を調整することで、一定の利益確保を狙うというのにも有効な手段といえます。

逆指値注文のデメリット

「上がったら買う・下がったら売る」ため、不利になる

このようにさまざまなメリットがある逆指値注文ですが、「上がったら買う・下がったら売る」ため、現在の為替レートに対して不利な注文を出すことになります。

得られる利幅が小さくなる

また、その仕組みから通常の注文と比べると、どうしても利幅が小さくなるのもデメリットの1つとして数えられるでしょう。

おわりに

「上がったら買う・下がったら売る」逆指値注文は、利益確定や損切りに大きな効果を発揮する注文方法です。しかし、期待できる利幅が通常の注文と比べるとどうしても小さくなるというデメリットがあります。

逆指値注文は成行注文や指値注文と使い分けたい注文方法ですが、使いこなすことができれば、取引の自由度を高めてくれる注文方法と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP