「場合分け」に効果的な「OCO注文」とメリット・デメリット

「場合分け」に効果的な「OCO注文」とメリット・デメリット

「為替レートの値動きに合わせて」取引内容を指定する注文方法はいくつかありますが、「場合分け」に対応しているのが「OCO注文」です。

今回は、OCO注文の仕組みやメリット・デメリット、OCO注文を活かしたFX業者独自の「組み合わせOCO注文」を見てみましょう。

一度に2つの注文を出すFXの「OCO注文」

取引の「場合分け」に効果的なOCO注文

「OCO注文」は、一度に2つの注文を出して、一方の注文が約定したらもう一方の注文が取り消しになるという注文方法です。

「為替レートの値動きに合わせて取引内容を使い分けたい」という「場合分け」に効果的な注文方法であり、成行注文や指値注文、逆指値注文での注文することができます。

さまざまな状況で利用できるOCO注文

OCO注文は新規注文・決済注文のどちらでも利用できる注文方法ですが、場合分けに向いているという特徴から、利益確定・損切りが必要となる決済注文に向いていることで知られています。

こんなときに効果的なOCO注文

新規注文でポジションを持つとき

新規注文と決済注文のそれぞれのケースで、OCO注文を活用した注文方法の具体例を見てみましょう。

新規注文でポジションを持つのであれば、トレンドの動向に合わせてポジションを持つ注文と合わせてOCO注文を出すことで、利益確定・損切りの注文を同時に出すことができます。

ポジションを持っていて決済注文をするとき

既にポジションを持っていて、ある程度の含み益がある。しかしトレンドが反転すれば含み益が吹き飛んでしまう…。こんなときにもOCO注文は役立ちます。

こうしたケースでは、利益確定の指値注文と損切りのための逆指値注文をOCO注文で同時に出すことができます。指値注文と逆指値注文を同時に出せることで、トレンドがどのように動いても一定の利益を確保できるのがOCO注文の魅力です。

OCO注文を利用するときの注意点

新規注文・決済注文をまたいだ注文は出せない

OCO注文は一度に2つの注文が出せることが特徴ですが、場合分けに使われる注文方法であり、新規注文・決済注文をまたぐような注文はできません。新規注文と決済注文をまたぐ注文方法は、「IFO注文」と呼ばれる注文方法を利用します。

指値・逆指値注文なので、為替レートの設定が大切

OCO注文は指値・逆指値注文を活用する注文方法であり、為替レートの設定によってはいつまでも取引がはじまらないリスクがあります。

OCO注文でも、取引を成立させるためには指値・逆指値注文と同じように、注文時点の為替レートに近い為替レートで注文を出すことが欠かせません。

OCO注文を活用したFX業者独自の「組み合わせOCO」

外為オンラインFX(外為オンライン)の「クイック+OCO注文」

外為オンラインFX(外為オンライン)の「クイック+OCO注文」とは、ポジションを持つ注文(成行注文)と同時に、利益確定(指値注文)と損切り(逆指値注文)をあらかじめ出せる注文方法です。

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の「成行プラス」

FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)の「成行プラス」も、「クイック+OCO注文」やM2JFXの「成行OCO」と同じように、ポジションを持つ新規注文(成行注文)と利益確定・損切りを考えた決済注文(OCO注文)を同時に発注できる注文機能です。

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)の「成行OCO」

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)の「成行OCO」とは、今すぐポジションをもつ注文(成行注文)と、損益を確定する決済注文を出す注文(OCO注文)を同時に発注できる注文方法です。

大台を意識した取引や指標発表時など、トレンドの転換点で効果的な注文方法といえるでしょう。

「組み合わせOCO」を提供しているFX業者

外為オンラインFX(外為オンライン) 外為オンラインFX(外為オンライン)
FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)アイキャッチ FXダイレクトプラス(セントラル短資FX)
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン) M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)

おわりに

OCO注文は場合分けを考えるときに役立つ注文方法であり、利益確定・損切りの場合分けが必要な決済注文をはじめ、さまざまな場面で役立つ注文方法です。

使いこなすためには分析をはじめとする事前の準備が必要ですが、使いかたを覚えて損のない注文方法といえるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP