注文方法の基本。FXの「成行注文」とメリット・デメリット

FXの注文方法の基本。「成行注文」とメリット・デメリット

株式の売買では「金額は幾らになってもいいので、買いたい・売りたい」という時に使われる成行注文ですが、FXでは「現在の価格でスグに売買する」ときに利用する注文方法です。

今回は、FXの注文方法の基本とも言える「成行注文」の概要と、メリット・デメリットがどのようなものかを見てみましょう。

リアルタイムの為替レートで取引する「成行注文」

「成行注文」は、「為替レート注文時点の為替レートで買いたい・売りたい」というときにに有効な注文方法です。

シンプルな仕組みと同様に実際の注文も簡単で、注文画面で表示されるリアルタイムの「買い(売り)」の値段で、買いたいほうをクリックするだけです。

成行注文のメリット

値動きを確認しながら注文が出せる

成行注文はリアルタイムの値動きを確認して注文するので、注文したい為替レートになったかどうかを確認して注文できるのが特徴です。

確実に売買が成立する

また、為替動向を見ながら注文するので、確実に注文が成立するのもメリットと言えます。急激な為替レートの変動で、急いで取引を手じまいしたいときに有効な注文方法といえるでしょう。

成行注文のデメリット

成立するまで取引価格がわからない

リアルタイムの為替レートで注文する成行注文は、確実に注文が成立する反面、約定するまで注文が成立した為替レートがわからないというデメリットがあります。

約定レートが「すべる」

成行注文では現在のレートを指定して注文を出すことができないので、表示されている為替レートよりも不利な条件での約定になることがあります。

値動きが激しいときは、取引画面に表示されているレートがすでに更新されていることもあり、注文した為替レートと約定した為替レートのかい離が激しいことを「すべる」と言います。どれだけ「すべる」かは、FX業者を比較・検討するときに注目されるポイントの1つです。

おわりに

注文の基本である成行注文は、値動きを確認しながら注文を出せて、確実に売買が成立するメリットがありますが、取引が成立するまで約定した価格がわからないというデメリットがあります。

成行注文のメリット・デメリットを理解した上で、その時々に合わせた最適な注文方法を利用することが安定した取引には欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP