為替レートを指定して取引するFXの「指値注文」

指値注文_アイキャッチ

 

FXのいくつかある注文方法の中でも、他の注文方法に応用できる注文方法として特に重宝されている注文方法の1つが、「指値注文」です。

今回はそんな「指値注文」について見てみましょう。

 

為替レートを指定して注文をする「指値注文」

指値注文_概要

FXの基本的な注文方法として、「成行注文」と「指値注文」があげられますが、この2つはどう違うのでしょうか。

指値注文が成行注文と異なる点は、注文を発注するときに取引したい為替レートを指定して取引をする注文方法であることです。

事前に注文を発注しておけば、指定した為替レートになると自動的に注文が発注されるため、サラリーマンや主婦などの個人投資家には実に使い勝手の良い注文方法と言えます。

 

指値注文の実際の取引手順

指値注文_取引手順

 

成行注文と同じように、指値注文の注文方法も難しくはありません。

FX業者の売買ツールで売買したい通貨ペアを選び、取引数量を選択して、最後に売買したい為替レートなどの取引の条件を指定すれば注文の発注は終わりです。後は為替レートが指定した水準になれば自動的に注文が発注されて成立すれば、注文の完了となります。

 

ポジションを持つときの注文として実際の流れを見てきましたが、反対にポジションを決済するときの注文でも指値注文は使えます。

手順としてはポジションを持つときの流れと変わりませんが、ポジションを持ったときとは反対の売買注文を出すことに注意が必要です。

 

指値注文のメリットとデメリット

指値注文_メリットとデメリット

 

指値注文のメリットは、事前に取引したい為替レートを指定できるので、注文が成立するまで取引に張り付く必要がないことがあげられます。指値注文はその仕組み上、ポジションの保有・決済の手間が成行注文に比べると小さくなるのメリットの1つです。

また指値注文をポジションを決済するときに利用すると、成行注文のときのようにリアルタイムの為替レートに左右されずに注文が発注されるので、ポジションを持つよりも難しい決済の難易度がグッと低くなります。

 

指値注文のデメリットとしては、指定した為替レートにならないと注文が発注されないため、何らかの理由により為替相場が急変すると、発注した注文が成立しないことがあげられます。

特に決済注文のときに注文が成立しないと、含み損が大きくなり決済ではなくロスカットになる可能性も考えられます。注文時点の為替レートとかけ離れた為替レートで指値注文を発注しないようにしましょう。

 

あわせて読みたい

fx_akarichan 意外と知らない?FXの買い注文(ロング)や売り注文(ショート)、通貨ペアとは?

 

おわりに

 

指値注文は成行注文よりも使い勝手がよいだけではなく、他の様々な注文方法の基本となる注文方法の1つであるため、使いこなせるようになりたい注文方法です。

実際に取引に指値注文を活用することで、そのメリットとデメリットを肌で体感するとよいかもしれません。

このコラムに関連する記事

TOP