決済注文に必要不可欠?FXの「指値注文」を徹底解説

決済注文に必要不可欠?FXの「指値注文」を徹底解説

FXには様々な注文方法がありますが、基本となるのは「そのときの為替レートで取引する」成行注文と「取引する為替レートを指定して、そのレートになった時点で取引する」予約注文です。

今回は、予約注文の中でももっとも基本となる注文方法である「指値注文」の仕組みや特徴を見てみましょう。

取引する為替レートを指定して取引する「指値注文」

世界中に数多くの市場参加者がいるため、外国為替市場の為替レートはリアルタイムで変動しています。その時々の為替レートが常に自分の取引したい為替レートであることは極めて珍しいと言えます。

納得できる為替レートで取引をするためには取引する時間を大きく取るか、取引する為替レートを指定するかを選ぶ必要がありますが、取引する時間を大きくとることは簡単なことではありません。

そこで利用したいのが、取引する為替レートをあらかじめ指定して注文を出す「指値注文」です。指値注文は決済注文のときに利用されることが多く、「リミット注文」とも呼ばれます。

指値注文の具体的な流れとは

取引する為替レートを指定する指値注文はどのような流れでおこなわれるのかを、為替レートが1ドル = 99円前後であるときを例に、大まかな流れを見てみましょう。

指値注文の流れ:新規注文の流れ

相場分析により円安が続き、為替レートが上がると予想されるときには「買い注文」から入ります。1ドル = 100円であればそれより高い為替レートに注文を出しておきます。指値注文を発注することを「指値を置く」と呼ぶこともあります。

めでたく約定して、1ドル = 100円よりも高い為替レートで買いポジションを持ったら、今度はそのポジションを手放すために約定した為替レートよりさらに高い為替レートで指値注文を注文します。

円高傾向が続く予想であれば、これとは反対に売り注文から取引に入ることになります。

指値注文の流れ:決済注文の流れ

新規注文の流れがそのまま続いたとして、指値注文を活用した決済注文の流れを見てみましょう。

1ドル = 100円よりも高い為替レートでポジションを持ったため、為替差益(キャピタルゲイン)を得るためにはそれよりも高い為替レートでポジションを決済する必要があります。

もちろん円安が続いて成行注文でも利益が出るのがもっとも嬉しい状況ですが、一つのトレンドが続くことは外国為替市場では珍しく、ポジションを持ったときよりも高い為替レートに指値を置いて注文をするのが一般的です。

この注文が約定すれば指値注文を活用した一連の取引が終わり、為替差益(キャピタルゲイン)が手元に残ることになります。

指値注文は主に決済注文で利用される注文であり、一連の流れの最後にくることが多いため、「リミット注文」と呼ばれることもあります。

知っておきたい指値注文の注意点

イメージと異なり、新規注文・決済注文のどちらでも便利に使える指値注文ですが、取引のときにはいくつか気をつけたいポイントがあります。

指定した為替レートにならないと約定しない

その時点の為替レートで約定する成行注文とは違い、指値注文では指定した為替レートにならない限り注文は約定しません。

そのため、相場分析が外れることや、注文時点の為替レートからあまりにも離れた為替レートに値を置くと、取引が成立しない可能性があります。

特に注文する為替レートを離すほど約定する確率は低くなるため、指値注文を利用するときにはできるだけ注文時点の為替レートから離さないことが指値注文を利用する上でのポイントと言えます。

指値注文 = 必ず指定レートで注文成立ではない

国内FXサービスは一部サービスを除いて、売り手と買い手が合意に基づいて取引をする「店頭取引(OTC取引)」を採用しているため、様々な原因により注文が成立する確率(約定率)が100%を下回ることは珍しくありません。

注文そのものは最終的に必ず成立するものの、指値注文であれば注文した為替レートと約定した為替レートが微妙にズレる(スリップする)ことがあります。

「スリッページ」と呼ばれる価格のズレは、FXサービスを比較するときに重要なポイントの一つですが、実際の取引でも無視できない要素でもあります。

指値注文と反対の指値注文?「逆指値注文」

指値注文と同様に取引する為替レートを指定する注文方法の一つとして、「逆指値注文」があります。

一見すると指値注文と同じように見える逆指値注文は「自分に不利な為替レートに指値を置く」注文方法であり、その目的は指値注文の正反対と言えるものです。

おわりに

成行注文と指値注文、そして最後に触れた逆指値注文の三つは、FXの注文方法の中でも基本と言える注文方法であり、安定した取引のためにはこれらの注文方法を使いこなす必要があります。

他の全ての注文方法は基本的にこの三つを組みあわせた注文方法であり、安定した取引のためにはまずこの三つの使いかたをキチンと知ることが欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP