FXの全行程を事前に指定する「IFO注文」

IFO注文_アイキャッチ

 

FXは少額の資金でもレバレッジを賭けた取引を行うことで大きな利益を期待できることが魅力の1つですが、損切りに失敗するとロスカットされる可能性が発生します。

そこで活用したいのが自動売買システムですが、実際に取引に取り入れるためには色々と難しいため、代わりに検討したいのがIFD注文とOCO注文を組みあわせた事前注文の「IFO注文(IFOCO注文)」です。

今回はこのIFO注文の仕組みとメリット・デメリットを見てみましょう。

 

事前に全てを注文するIFO注文の概要

IFO注文_概要

 

If Done Order = IFO注文、もしくはIFOCO注文は、1回の注文で新規注文と決済注文を同時に出せて取引のサイクルを完結させられるIFD注文と、1度に2つの注文を出して、どちらかが約定すればもう片方の注文は取り消されるOCO注文の2つを組み合わせた注文方法のことを言います。

IFD注文とOCOの注文のどちらかの注文方法だけでは新規注文から決済注文までの取引の全過程をフォローできませんが、この2つの注文方法を組み合わせたIFO注文なら、事前に指定しておくことで新規注文から決済注文までの取引の全行程ほぼ手放しで行うことができるのです。

 

IFO注文の取引手順

IFO注文_取引手順

FXで使える事前注文はいくつかありますが、それらの中でも最も高度な注文方法がこのIFO注文です。

実際の注文の流れは複雑なIFO注文ですが、注文方法そのものは他の注文方法に比べてもそれほど複雑ではなく、FX業者の取引ツールでIFO注文を発注する通貨ペアを選び、IFD注文を使う新規注文とOCO注文を使う決済注文を1つずつ発注するだけでIFO注文の発注は完了です。

後は事前に指定した為替レートになれば、自動的に注文が発注されて取引が開始されます。

 

あわせて読みたい

fx_akarichan 注文方法で比較

 

IFO注文のメリットとデメリット

IFO注文_メリットとデメリット

 

IFO注文はIFD注文とOCO注文を組みあわせた注文方法であるため、新規注文から決済注文まで取引の全てを事前に注文した通りに行ってくれる注文方法です。

取引を実施する全ての条件について事前に指定する必要がありますが、為替レートが思惑通りに動いてくれれば、取引のほとんどを手放しで行えるのは大きなメリットの1つです。

 

デメリットとしては、取引をはじめるトリガーとなるIFD注文を発注する為替レートを注文時点の為替レートからかけ離れたところに置いてしまうと、いつまで経っても取引が始まらないことがあげられます。

また、2つの注文方法を組みあわせた多少複雑な注文方法であるため、FX業者によってはIFO注文を受け付けていないところもあります。

 

このように、他の裁量注文や事前注文と比べると若干の制約が多いのがIFO注文ですが、デメリットを補って余りある「為替レートの指定さえ外さなければ取引をほぼ手放しで行える」という大きなメリットがある注文方法です。

使いこなせればIFO注文は兼業トレーダーには心強い味方となるでしょう。

 

あわせて読みたい

fx_akarichan 注文方法で比較

 

おわりに

見てきたように、IFO注文は事前に新規注文から決済注文までを行う注文方法であるため、FXにばかり時間を使えない兼業トレーダーには心強い味方となる注文方法です。

また、FXを続けるキモとも言える「リスク管理」と「資金管理」を用意に行える注文方法でもあるため、使いこなせれば取引の改善が期待できる注文方法です。

このコラムに関連する記事

TOP