1度に2つの注文を出すFXの「IFD(イフダン)注文」とは

一度に二つの注文を出すFXの「IFD(イフダン)注文」とは

FXの注文方法は様々な種類がありますが、成行注文や指値注文、逆指値注文などの基本的な注文方法を組みあわせた「予約注文」と呼ばれる注文方法があります。

様々な種類がある予約注文ですが、今回はその中でももっとも基本となる「IFDone(IFD = イフダン)」注文を見てみましょう。

新規注文と決済注文を同時に出す「IFD注文」

IFD注文は「いくらで買いたい。そのあといくらで決済したい(売りたい)」というように、新規注文と決済注文を同時に出す注文方法であり、二つの注文を同時に出すことから「セット注文」と呼ばれることもあります。

注文が有効な間に指定した為替レートに達すれば取引が自動でおこなわれるので、成行注文などと異なり相場を監視する必要がないのが大きな魅力です。

IFD注文を利用するときの注文の流れ

取引の省力化・自動化が期待できるIFD注文ですが、実際の取引で使う取引ツールではどのような流れで注文を出すのでしょうか。

予約注文は成行注文や指値注文を組みあわせた注文方法ですが、FXサービスの提供する取引ツールの上では、それほど大きな違いはありません。

事前に対象となる通貨ペアと数量を選んで注文を発注する為替レートを指定するだけ。あとは為替レートが指定した条件を満たせば、自動で取引がはじまります。

IFD注文を利用するときの注意点とは?

このように手軽さとは反対に便利な注文方法と言えるIFD注文ですが、いくつか注意したいポイントがあります。

一つの新規注文に対して一つの決済注文しか出せない

新規注文と決済注文を同時に出せるIFD注文には、一つの新規注文に一つの決済注文というルールがあります。

そのため、決済注文は相場分析でトレンドを予測して出すことになりますが、相場分析が外れると、決済注文が発注されないリスクがあります。

決済注文が成立しないとロスカットされることも

決済注文が発注されない可能性と並んで気をつけたいのが、新規注文から離れた指値を置くことで決済注文が成立しないと、取引がロスカットの対象となる可能性があることです。

利益を最大限に引き出す取引がFXの取引の理想ですが、同時に「損失をいかに小さくするか」も重要なポイントであり、ロスカットの対象となるような取引は極力避ける必要があります。

IFD注文をくり返し注文する「発注管理機能」とは

取引の省力化・自動化に大きく貢献するIFD注文ですが、一度で二つの注文しか出せないため、一つの取引が終わるたびに新しく注文を出しなおす必要があります。

このような面倒な再設定の手間を省き、指定した為替レートの値動きであればIFD注文をくり返し発注するのが、一部FXサービスの提供する「発注管理機能」と呼ばれる仕組みです。

一口に発注管理機能といっても、提供するFXサービスによってその機能やサービス内容は微妙に異なり、取引戦略や取引スタイルによって最適なサービスは異なります。

発注管理機能を提供している、主な国内FXサービスを見てみましょう。

サービス・会社名提供する発注管理機能取引通貨単位取り扱い通貨ペア数
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
M2JFX(マネースクウェアジャパン)
トラップリピートイフダン® 100011
外貨ex(YJFX)
外貨ex(YJFX)
リピートトレール注文100022
外為オンラインFX(外為オンライン)
外為オンラインFX(外為オンライン)
iサイクル注文®100024
FXブロードネット(FXブロードネット)
FXブロードネット(FXブロードネット)
トラッキングトレード®1000024
アイネットFX(アイネット証券)
アイネットFX(アイネット証券)
ループ・イフダン®1000028

おわりに

事前の注文内容にしたがって新規注文から決済注文までできるのがIFD注文の魅力ですが、使いこなすためには相場分析や万が一のための損切り注文など、手動注文と比べると使いこなすことが難しい注文方法です。

しかし使いこなせれば取引の省力化・自動化に大きく役立つ注文方法であり、ぜひとも使いこなせるようになりたい注文方法と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP