一度に2つの注文を出す「IFD注文」とメリット・デメリット

一度に2つの注文を出す「IFD注文」とメリット・デメリット

指値注文では指定した為替レートになると自動で売買をしてくれますが、あくまで注文を出すだけで、決済は自分でしなくてはいけません。

決済まで自動でできる注文方法はいくつかありますが、その中でももっとも簡単なのが「IFD注文」と呼ばれる注文方法です。

今回は、IFD注文の仕組みとメリット・デメリットを見てみましょう。

取引の自動化に役立つ「IFD注文」

「売り」と「買い」をセットで出す

「IFD(イフダン)注文」は、一度に2つの注文を出して、最初の注文が約定したら2つめの注文が自動的に発動される注文方法です。新規の注文と決済がワンセットになっているので、1回の注文で新規発注と決済注文が同時にできるのが特徴です。

使いこなせれば取引の自由度が格段にあがる

事前に注文を出しておけば取引が自動化できるので、為替レートを常に確認する必要がなくなり、副業としてFXトレーダーをしている人には重宝する注文方法と言えます。

また、イフダン注文は発注をいくつか組み合わせることで、値動きの激しい外国為替市場の動向に合わせた使い方をすることもできます。

IFD注文の活用例

利益確定のとき

買いポジションでトレンドが上昇傾向にあるときには、利益確定を狙うIFD注文では一定の為替レートで売り注文を出すIFD注文が基本となります。売りポジションから入って下落トレンドであるときはこの反対です。

売り・買いのどちらでも一定の為替レートで決済注文を出すため、トレンドが続けば得られた利益を失いますが、トレンドが反転する「下げ戻し」で損失を抱えるリスクを減らすことができます。

損切りのとき

利益確定の例では、分析通りに相場が動いてくれたケースですが、相場が分析通りに動くことは珍しく、分析が外れたときに備えて損切り注文が必要になることもあります。

上昇トレンドと予想して、逆指値注文で買い注文を出すのであれば、円安で買い、円高で売りのIFD注文を出すことで、分析と反対の値動きがあっても損失を限定することができます。

FX業者が提供するIFD注文を活用した「リピート注文」

複数のIFD注文を組み合わせて自動売買を実現する

一定の為替レートの間で値動きをすることが多い外国為替市場では、複数のIFD注文を組み合わせるとより効果的に利益を狙うことができます。

しかし、手動で複数のIFD注文を出すことは簡単ではありません。複数のIFD注文を手軽に出せることから人気を集めているのが、FX業者が提供する「リピート注文」機能です。

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)の「(トラリピ)」

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)が提供する「トラップリピートイフダン(トラリピ)」は、複数のIFD注文を一括して出せる自動売買の代表的な仕組みです。

損失を限定するためのストップロス注文も同時に注文できるので、リスク管理も同時にできるのがメリットです。

アイネットFX(アイネット証券)の「ループ・イフダン」

アイネットFX(アイネット証券)の「ループ・イフダン」は、一定のルールに基づいて自動で取引を繰り返す便利な注文機能です。

トレンドのはっきりしない相場でも、わずかな値動きを捉えて取引を繰り返す特性から、取引機会を見逃さないという特徴があります。

トライオートFX(インヴァスト証券)の「AP注文」

トライオートFX(インヴァスト証券)の「AP注文」は、注文設定とセーフティー設定を設定するだけで「新規⇒決済⇒新規」を繰り返す連続注文です。

為替レートのトレンドを捉えて売り・買いを同時に設定する「レンジ追尾」機能により、初心者FXトレーダーでも簡単にはじめられるのが魅力です。

「リピート注文」を提供しているFX業者

M2JFX(マネースクウェア・ジャパン) M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチ トライオートFX(インヴァスト証券)

おわりに

取引の省力化・自動化に役立つIFD注文ですが、単独で利用するよりも複数の注文を重ねるとより安定した取引を実現できるため、FX業者はIFD注文を活用した自動売買機能の開発を進めています。

口座開設をするFX業者を比較・検討するポイントとして、自動売買機能の有無や充実も比べたいポイントといえるかもしれません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP