取引の自動化を進めるFXの「自動売買」の仕組みと特徴

取引の自動化を進めるFXの「自動売買」の仕組みと特徴

資産運用の新しい形として注目を集めている「外国為替証拠金取引(FX)」ですが、値動きの激しい通貨にレバレッジをかけて取引をするため、むやみに取引をしても安定した利益は期待できません。

そこで効果的なのが、「システムトレード」が生まれるもととなった「自動売買」と呼ばれる売買方法です。自動売買にはどのような種類があり、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

今回は、システムトレードの仕組みと、3つの主な自動売買の仕組みと特徴がどのようなものかを見てみましょう。

システムトレードの仕組みと「自動売買」の関係

ルールにしたがって機械的に取引をする「システムトレード」

システムトレード(シストレ)とは、あらかじめ決めたルールに従って継続的・機械的に取引する投資法です。取引のときに裁量を排して一定のルールに従って取引をすることで、投資判断から感情的な要素を取り除くことやルールの検証(バックテスト)が簡単にできることなど、通常の取引(裁量取引)にはないメリットがあります。

必ずプログラム任せではないシステムトレード

システムトレードといっても、必ずしも売買判断や注文をコンピュータに自動執行させる自動売買のことを指すわけではありません。「一定のルールにしたがって継続的・機械的に取引をする」という条件に当てはまれば、裁量取引でも広い意味でのシステムトレードの一種と言えます。

コンピュータに取引をまかせる「自動売買」

値動きの激しい通貨を取引するFXでは、特にスキャルピングやデイトレードと言った短期間取引でシステムトレードを取り入れることは簡単ではありません。そこで注目を集めているのが、システムトレードの中でもコンピュータを活用する「自動売買」です。

自動売買は、新規注文から決済注文まで、取引の全工程を事前に選択した内容にしたがい、コンピュータのプログラムが取引するシステムトレードの一種です。自動売買には、FXトレーダーが一からプログラムを作成できる「開発型」と、既にあるプログラムの中から選ぶ「選択型」に分けられ、その内容は微妙に異なります。

自由度の高さが魅力の「Meta Trader(メタクォーツ社)」

メタクォーツ社の開発した「Meta Trader(メタトレーダー)」 は、エキスパートアドバイザー(EA)というプログラムを独自で作成もしくは入手することで、手軽に自動売買をはじめられるソフトウェアです。メタトレーダーのパッケージにはテクニカル分析指標ツールも数多く含まれているので、FXトレーダーが独自のテクニカル指標を作成できることでも知られています。

国内では2005年にリリースされた「Meta Trader4(MT4)」が主流ですが、すでに「Meta Trader5(MT5)」が提供されています。

MT4対応の口座開設ができるFX業者

FOREX.com MT4(ゲインキャピタル・ジャパン) FOREX.com MT4(ゲインキャピタル・ジャパン)
楽天FX(楽天証券) 楽天MT4(楽天証券)
FXTF MT4(FXトレード・フィナンシャル)

「戦略」を選ぶだけの「Mirror Trader(トレーデンシー社)」

トレーデンシー社の「Mirror Trader(ミラートレーダー)」は、トレーデンシー社の提供する取引プログラム(ストラテジー)を選択して取引するウェブベースの自動売買ソフトウェアです。

FXトレーダーはミラートレーダーのプラットフォーム上で公開されている無数のストラテジーを比較・検討し、自分の取引戦略に合致するものを導入することで、簡単に同じような取引を導入することができます。

ミラートレーダー対応の口座開設ができるFX業者

シストレ24(インヴァスト証券) シストレ24(インヴァスト証券)
セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)

一定の条件で取引を繰り返す選択型の「リピート注文」

メタトレーダーやミラートレーダーよりも手軽に自動売買をはじめられることから人気を集めているのが「リピート注文」です。

リピート注文は、指定した為替レートの範囲内で新規注文・決済注文を実施するIFD(イフダン)注文やトレール注文を繰り返し発注する自動売買の一種です。FX業者が機能を追加した独自のリピート注文を提供しているので、口座開設が完了すればすぐにでも利用できるのが魅力です。

リピート注文を提供しているFX業者

FXブロードネット(FXブロードネット) FXブロードネット(FXブロードネット)
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン) M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
アイネットFX(アイネット証券) アイネットFX(アイネット証券)
エコトレFX(ひまわり証券) エコトレFX(ひまわり証券)
トライオートFX(インヴァスト証券)アイキャッチトライオートFX(インヴァスト証券)
パートナーズFX(マネーパートナーズ) パートナーズFX(マネーパートナーズ)
外為オンラインFX(外為オンライン) 外為オンライン(外為オンライン)
外貨ex(YJFX)アイキャッチ 外貨ex(YJFX!)

おわりに

取引の省力化・自動化に役立つ自動売買ですが、外国製のメタトレーダーやミラートレーダー、国産のリピート注文のように、FX業者によって提供されるサービスは異なります。

自動売買を取り入れることを検討しているのであれば、それぞれの違いを把握した上で、FX業者の取引条件と合わせて比較・検討した上で最適なサービスを選ぶことが欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP