知っているようで知らないFX取引の専門用語を徹底解説

知っているようで知らないFX取引の専門用語を徹底解説

FXでは「レバレッジ」や「スワップポイント」などの様々な専門用語がありますが、「買い・売り注文(ショート・ロング)」や「通貨ペア」、「新規注文・決済注文」などの耳慣れない言葉を聞きます。

実際の取引でひんぱんに使われるのに掘り下げられていないこれらの言葉は、どのような意味があるのでしょうか。今回はこれらの言葉が意味するものを見てみましょう。

取引の対象となる「通貨ペア」

FXはタイミングを見て通貨の組みあわせを売買することで利益を狙う金融商品ですが、取引の対象となる通貨の組みあわせのことを「通貨ペア」と呼びます。

後ほど触れる「売り・買い注文(ショート・ロング)」はどちらも通貨ペアの扱いかたに関する言葉であり、FXでは取引する通貨ペアによって取引の内容が大きく異なります。

取引対象となる通貨ペアは外国為替市場で取引対象となっている通貨の数だけありますが、リスクの視点から、米ドル(USD)やユーロ(EUR)、日本円(JPY)などの「メジャーカレンシー」に人気が集中する傾向があります。

この通貨ペアをどのように取引するのかを表したのが、「売り・買い注文(ショート・ロング)」になります。

入りかたで考える「売り・買い注文(ショート・ロング)」

通貨ペアを取引することで利益を狙うFXですが、実際の取引では買いから入る「買い注文」と、売りからはじまる「売り注文」の2つがあります。それぞれの注文の特徴を見てみましょう。

通貨ペアを買ってから売る「買い注文(ロング)」

取引で利益を得る方法はいくつかありますが、基本的に「安く買って高く売る」ことで利益を狙うのが一般的であり、FXもこの例外ではありません。

通貨ペアを「買い」、値動きを見て「売る」取引は「買い注文」と呼び、保有期間が長くなる傾向があることから「ロング」と呼ばれることもあります。

通貨ペアを売ってから買い戻す「売り注文(ショート)」

相場の基本は「安く買って高く売る」ことであり、買った価格よりも値上がりすれば、収益が上がることは一般的な取引と共通していますが、値下がりしているときに取引をして利益を得ることはできないのでしょうか。

相場の世界では「高いうちに売っておいて、安くなったら買い戻す」取引をすることで、値下がりする局面でも利益を期待できるのです。「高く売って安く買う」注文は「売り注文」と呼び、保有期間が比較的短期間であることから「ショート」とも呼びます。

この売り注文(ショート)はFXに限らず株式や債券、商品など市場で取引されている全ての商品でできる注文方法ですが、FX以外の商品でショートをするためには専用の取引口座(信用口座)の開設をはじめとする様々な手間がかかります。

この点、FXは証拠金を預けて通貨ペアを取引する形態であり、開設する口座が当初から信用口座であるため、別に専用口座を開設しなくてもショートをはじめられるというメリットがあります。

押さえておきたい注文方法と為替レートの値動きの関係

売り・買いのどちらからでも取引をはじめられるのがFXの大きな特徴ですが、どのように使い分けるとよいのでしょうか。

通貨ペアを取引の対象とするFXでは、通貨ペアの片方を買えば(売れば)、もう片方の通貨を売る(買う)ことになります。仮に米ドル/日本円(USD/JPY)のロングであれば、「ドルを売って円を買う」ことになり、ショートであれば「ドルを買って円を売る」ことになります。

ある通貨の為替レートが値下がりしているときに適切な通貨ペアでショートできれば、為替レートの下落局面でも利益を狙うことができるのは大きなメリットと言えます。

おわりに

ここまで、「通貨ペア」や「売り・買い注文(ショート・ロング)」といった取引のもっとも基本となる言葉を見てきましたが、実際の取引では、取引に要する期間や取引に使用する取引ツール、求める利益などから取引戦略や取引スタイルを決定します。

最適な取引戦略や取引スタイルはトレーダーのライフスタイルや資金量などにより千差万別であり、取引を重ねる中で最適な戦略やスタイルを見つけることが欠かせません。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP