取引の省力化に役立つ「選択型システムトレード」とはなにか

取引の省力化に役立つ「選択型システムトレード」とはなにか

世界中の外国為替市場をまたいで取引することで、24時間取引を実現したのがFXの魅力の1つですが、思いもよらない要因で為替レートが急変し、大きな損失が生じるリスクがあります。

取引リスクを抑えるために有効なのが、取引をプログラムに任せることで省力化・自動化を進める「自動売買(システムトレード)」です。

今回はシステムトレードの中でも手軽にはじめられることが魅力の「選択型システムトレード(選択型シストレ)」について見てみましょう。

取引の省力化・自動化に役立つ「自動売買(システムトレード)」

FXの取引方法は、大きく取引戦略の決定から実際の取引までの全てを自分の手でおこなう「裁量取引」と、取引部分を自動でおこなう「自動売買(システムトレード)」に分けられます。

更に詳しく見るとシステムトレードは、売買プログラムを購入・入手したり作成する「開発型」と、作成された売買プログラム(ストラテジー)を選ぶだけで取引ができる「選択型」に分類できます。

開発型・選択型ともに代表的なソフトは海外のトレーダーの間では高い人気があるものの、国内FXサービスでは対応していることが珍しいことなどから、あまり人気があるとは言えないのが現状です。

選ぶだけではじめられる「選択型システムトレード(シストレ)」の特徴

取引の省力化・自動化に役立つシステムトレードの中でも、もっとも手軽にはじめられるのが「選択型システムトレード(シストレ)」です。選択型シストレの特徴を見てみましょう。

選ぶだけではじめられる選択型シストレ

選択型シストレは専用ソフトを導入した上で無数のストラテジーから取引戦略に合致するものを選ぶだけで良く、代表的な専用ソフトとしては、イスラエルのトレーデンシー社が開発した「Mirror Trader(ミラートレーダー)」が知られています。

選択型シストレでは実際に取引をおこなうプログラムは「ストラテジー」と呼ばれ、ストラテジープロパイダーと呼ばれる個人や会社が過去の取引や最先端の金融理論を参考に数多く開発しています。

専門知識なしで、無料でシステムトレードをはじめられる

選択型シストレはストラテジーを選ぶだけで取引をはじめられるため、開発型シストレのように専門知識がなくても、システムトレードを活用した取引をはじめられることが魅力の1つです。

取引をおこなうストラテジーは原則として無料で提供されるため、取引に不要なコストが発生しない点も魅力と言えるでしょう。

自分でストラテジーの内容把握・修正することはできない

手軽にはじめられるのが選択型シストレの特徴ですが、手軽な反面、自分でストラテジーの細かい取引内容の把握や修正できないというデメリットがあります。

また、独自のストラテジーの作成や対応しないストラテジーの追加などはできないため、ある程度の経験や知識のあるトレーダーには物足りない部分もあります。

主な選択型シストレサービスとその特徴

このように手軽で便利なものの選択肢が限定されるデメリットが大きい選択型シストレですが、取引の省力化・自動化には大いに役立つ存在です。

国内FXサービスが提供している主な選択型シストレの機能と、その特徴を見てみましょう。

Mirror Trader(ミラートレーダー)

選択型シストレの代表的なソフトと言えば、イスラエルのトレーデンシー社が開発・提供している「Mirror Trader(ミラートレーダー)」です。

ミラートレーダーはプロのトレーダーの取引戦略や最先端の金融理論を応用した様々なストラテジーが開発・提供されているブラウザベースのソフトであり、MetaTrader(MT4)のように安定運用のための様々なコストが不要なのが特徴です。

サービス名
/会社名
取引通貨単位取り扱い通貨ペア数取り扱いストラテジー数
シストレ24(インヴァスト証券)
シストレ24(インヴァスト証券)
5000276000
セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)500022400
ミラートレーダー(アヴァトレードジャパン)1000052500

特定の相場環境で取引を実施する「発注管理機能」

ミラートレーダーはストラテジーを選ぶだけで取引をはじめられる選択型シストレの基本形と言えるソフトですが、対応している国内FXサービスは限定されています。

ミラートレーダーに替わって国内FXサービスで盛んに提供されているのが、特定の相場環境で事前に指定した取引をくり返しおこなう「発注管理機能」です。一口に発注管理機能と言っても特許などの権利関係でFXサービスにより提供される機能や内容は微妙に異なります。

代表的な発注管理機能を提供するFXサービスとしては、M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)の「トラップ・リピート・イフダン®(トラリピ®)」などが知られています。

サービス・会社名提供する発注管理機能取引通貨単位取り扱い通貨ペア数
M2JFX(マネースクウェア・ジャパン)
M2JFX(マネースクウェアジャパン)
トラップリピートイフダン® 100011
外貨ex(YJFX)
外貨ex(YJFX)
リピートトレール注文100022
外為オンラインFX(外為オンライン)
外為オンラインFX(外為オンライン)
iサイクル注文®100024
FXブロードネット(FXブロードネット)
FXブロードネット(FXブロードネット)
トラッキングトレード®1000024
アイネットFX(アイネット証券)
アイネットFX(アイネット証券)
ループ・イフダン®1000028
エコトレFX(ひまわり証券)
エコトレFX(ひまわり証券)
ループ・イフダン®1000024

おわりに

選ぶだけではじめられることから取引の省力化・自動化に役立つ選択型シストレは、FXサービスによって提供される内容は様々です。

選択型シストレを導入した取引をはじめる前に、それぞれのサービスの違いを把握しておくことは安定した取引には欠かせないと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP