注目のシステムトレードソフト「ミラートレーダー」を徹底解説

注目のシステムトレードソフト「ミラートレーダー」を徹底解説

外国為替証拠金取引(FX)の取引手法は、取引を全て自分の手でおこなう「裁量取引」と、プログラムに任せる「システムトレード」に分けられ、その手軽さから人気が高まっているシステムトレードですが、一口にシステムトレードと言ってもトレードソフトによってその特徴は大きく異なります。

今回はシステムトレードの中でも豊富なプログラム(ストラテジー)数から人気の高い「Mirror Trader(ミラートレーダー)」の特徴と、取り扱いサービスを見てみましょう。

 

「システムトレード」と「選択型システムトレード」の概要

システムトレードとは、取引戦略と取引スタイルを決定して、実際の取引は取引戦略と取引スタイルに合致した取引をおこなうプログラム(売買プログラム)にまかせる取引方法のことを言います。

事前に選択した売買プログラムが自動で取引をおこなうため、為替レートのトレンドにのっとって機械的に取引がおこなわれるのが特徴です。

システムトレードソフトとして有名なものは、「メタトレーダー」をはじめとしていくつかありますが、事前に売買プログラムの用意があり、売買プログラムを選ぶだけで取引をはじめられるものを特に「選択型システムトレード(選択型シストレ)」と呼びます。

選択型シストレにもいくつかのソフトがありますが、イスラエルのTradency社(トレーデンシー社)が開発した「Mirror Trader(ミラートレーダー)」が代表的です。

選択型シストレの代表「ミラートレーダー」の3つの特徴

選択型シストレの代表とも言える「ミラートレーダー」ですが、その特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

ミラートレーダーの主だった特徴について見てみましょう。

自動売買で24時間の運用にも対応

真っ先にあげておきたいミラートレーダーの特徴として、ソフトによる自動売買が中心となるため、裁量取引では不可能な24時間365日の取引に対応していることがあげられます。

様々な要因に影響されてひんぱんにトレンドが入れ替わる外国為替市場では、トレンドを左右する情報にいち早く反応した取引をおこなうことが安定して利益をあげるためにかかせません。

しかし裁量取引では24時間365日リアルタイムに対応することはできず、どこかの時点でポジションを決済して取引から離れる必要があります。

これに対してシステムトレードであれば、ソフトとプログラムが取引をおこなうので、24時間365日の取引も夢ではありません。

売買プログラム(ストラテジー)を選ぶだけの簡単設定

ミラートレーダーの大きな特徴としてあげられるのが、豊富にある売買プログラム(ストラテジー)を選ぶだけで取引をはじめられることです。

ストラテジーは数ある取引戦略や取引スタイルに合致したものはもちろん、最新の投資理論を応用したものや、第一線で活躍するプロのトレーダーの取引戦略や取引スタイルをそのまま取り入れたものまで豊富にあり、ストラテジーを選ぶだけでそれらの取引をはじめられるのは見逃せません。

複数のストラテジーを組み合わせて「ポートフォリオ」を組める

単独のストラテジーでも慎重に吟味することで十分な利益を期待できますが、より安定した利益を得るための仕組みとして、複数のストラテジーを組み合わせて運用する「ポートフォリオ」は要注目です。

ミラートレーダーを提供しているFXサービスによってその呼び名は違いますが、「複数のストラテジーを組み合わせて1つのパッケージとして運用する」点では変わりません。

ミラートレーダーに対応しているFXサービス

このような特徴があるミラートレーダーですが、国内FXサービスでは対応しているのがわずか3社(サービス)と極めて限られているのが現状です。

現在ミラートレーダーに対応しているFXサービスの特徴を見てみましょう。

サービス名
/会社名
取引通貨単位取り扱い通貨ペア数取り扱いストラテジー数
シストレ24(インヴァスト証券)
シストレ24(インヴァスト証券)
5000276000
セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)500022400
ミラートレーダー(アヴァトレードジャパン)1000052500

おわりに

取引にかかる手間を減らすのに大いに役立つシステムトレードの中でも、導入の手間こそ生じるものの、ミラートレーダーは極めて有用と言えるでしょう。

対応しているFXサービスに口座開設があれば、是非とも導入を検討したいソフトと言えそうです。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP