自動売買プラットフォーム「ミラートレーダー」の魅力とは?

注目のシステムトレードソフト「ミラートレーダー」を徹底解説

資金効率の良さから注目を集める「外国為替証拠金取引(FX)」ですが、安定した取引のためには相場分析や適切なタイミングでの取引など、何かと時間がかかります。そんな取引の省力化が期待できるのが、設定した条件にしたがって自動で取引をする「自動売買」です。

今回は、自動売買の中でも選ぶだけでできる手軽さが魅力の「Mirror Trader(ミラートレーダー)」の特徴を見てみましょう。

「Mirror Trader(ミラートレーダー)」の3つの特徴

Tradency(トレーデンシー)社の自動売買プラットフォーム

Tradency(トレーデンシー)社が提供する「Mirror Trader(ミラートレーダー)」は、公開されている取引プログラム(ストラテジー)の中から自分に合ったストラテジーを選んで稼働させることで、簡単に自動売買をはじめられる自動売買プラットフォームです。

複数のストラテジーを同時に稼働させることもできるため、ストラテジーを組み合わせてオリジナルのポートフォリオを構成することもできます。

ストラテジーを「選ぶ」ミラートレーダー

ミラートレーダーを利用するFXトレーダーは公開されているストラテジーを選んで導入することで、簡単に自動売買をはじめることができます。ストラテジーの公開や導入、実際の取引に利用されたかは全てトレーデンシー社が記録・公開しているので、どのストラテジーが人気なのか一目でわかります。

また、ミラートレーダー対応口座を提供しているFX業者が独自にストラテジーを比較・検討するサイトを提供していることもあるので、これらのサイトを参考にすることで、人気のストラテジーをいち早く知ることができます。

ミラートレーダーポートフォリオ(MTP)でポートフォリオを公開

FXの自動売買では複数の自動売買の組み合わせを「ポートフォリオ」と呼び、FXトレーダーがそれぞれのポートフォリオを作成しています。

ミラートレーダーは「ミラートレーダーポートフォリオ(MTP)」と呼ばれる機能でポートフォリオの公開・共有に対応。公開されているポートフォリオはメールやエクセルファイルでのダウンロードに対応。気になるポートフォリオを自分のポートフォリオに組み込むこともできます。

自動売買から裁量取引まで。ミラートレーダーの3つの取引

Automatic Mirror Trading(自動ミラー取引)

リスク許容度や過去の結果など、取引条件に合ったストラテジーを選択されると、ストラテジーにしたがって取引がおこなわれます。全ての取引はプラットフォームによって管理されるため、クライアントによる介入は必要ありません。

Semi Automatic Mirror Trading(半自動ミラー取引)

FXトレーダーはどの取引を「ミラー化」して実行するかを選べます。FXトレーダーがミラーリングのための信号を選択すると、手動で取引を終了するかどうかを決定することができます。

Manual Trading(裁量取引)

自動売買を利用しないときには、通常の裁量取引と同じように取引をすることができます。

ミラートレーダー対応口座は減少傾向

このように魅力的なミラートレーダーですが、ミラートレーダー対応の口座を提供しているFX業者は減少傾向にあります。

現在ではミラートレーダー(アヴァトレード・ジャパン)とシストレ24(インヴァスト証券)、セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)の3社に限られ、比較的メジャーなのはシストレ24とセントラルミラートレーダーの2つです。

ミラートレーダー対応の口座開設ができるFX業者

シストレ24(インヴァスト証券) シストレ24(インヴァスト証券)
セントラルミラートレーダー(セントラル短資FX)
ミラートレーダー(アヴァトレード・ジャパン)

おわりに

ミラートレーダーは、ストラテジーを選ぶだけの手軽さやポートフォリオによる高度な自動売買の実現など、取引の省力化・自動化に大いに役立つことが期待できる自動売買ソフトです。

対応口座を提供しているFX業者は限られていますが、取引の省力化・自動化を真剣に検討するのであれば口座開設を真剣に検討したいといえるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP