意外と簡単?「メタトレーダー(MT4)」インストールの流れ

意外と簡単?「メタトレーダー」をインストールしてみよう

国内ではチャートソフトとして知られている「Meta Trader(メタトレーダー)」ですが、海外では事実上の標準取引ツールと言えるほどの人気を集めています。

今回は、そんなメタトレーダーを使う最初のステップであるインストールの流れを見てみましょう。

ダウンロードとインストール

開発元かFX業者からダウンロードする

メタトレーダーは対応口座を提供しているFX業者のサイトからダウンロードとインストールすることができますが、メタトレーダーの開発元の「Meta Quotes Software(メタクォーツソフトウェア)社」のサイトからもダウンロードすることができます。

Meta Quotes Software社 メタトレーダー4ダウンロードページ

http://www.metaquotes.net/

ダウンロードページでは、端末やOSごとに異なるインストールファイルがそれぞれ用意されています。パソコンであれば一番上の「DownroadMetaTrader 4 for PC and create a demo account」をクリックすることでダウンロードがはじまります。

インストールは自動で進む

ダウンロードしたファイルは「mt4setup.exe」の名前で保存されているので、ダブルクリックすることでインストールがはじまります。インストールが完了すると、メタトレーダーが起動します。

2回目以降の立ち上げではデスクトップ上にアイコンが作成されるので、こちらをクリックします。

デモ口座の開設

入手元によってアカウント情報が提供される

単にメタトレーダーのアプリケーションをインストールしただけでは、その機能をフル活用することができません。メタトレーダーを使うためには、取引アカウント情報が必要になります。

FX業者の配布しているメタトレーダーをダウンロードするとデモアカウント情報もあわせて提供されますが、自分でダウンロードとインストールした場合には、デモ口座を申請する必要があります。

必要事項を入力するだけで設定は完了

起動したメタトレーダーの画面上に「デモ口座の申請」と書かれたウィンドウが表示されたら、取引用サーバを選択します。デフォルトではLondon Capital Group(LCG)サーバが表示されているので、そのまま「次へ」をクリックします。

続いて、取引用アカウントを選択します。「新しいデモアカウント」を選択して個人情報の入力に進みます。入力が終わったら、「貴社からのニュースレター受取りに同意します。」のチェックボックスをオンにして「次へ」をクリックします。

登録が終わったら、「完了」ボタンをクリックしてください。取引サーバとの通信が確立して問題がなければ、デモトレードができるようになっています。

デモ口座の開設でチャートソフトとして利用できる

デモ口座では実際の取引をすることができませんが、為替レートなどの情報は実際のものが使用されています。デモ口座を登録することで、メタトレーダーをチャートソフトとして利用できるようになります。

IPアドレスとアカウントを追加する

1つのソフトで複数アカウントに対応

メタトレーダーの特徴として、1つのソフトで複数のアカウントをまとめて管理できることがあげられます。新たなアカウントを追加するためには、IPアドレスとアカウントを追加する必要があります。

アカウント追加はデモ口座と同じ手順

メニューバーの「ファイル」から「口座の申請」を選び、「add new broker」のボタンをクリックしたら、デモ口座の開設と同じ流れで必要事項を入力します。

登録が完了できたかは、メニューバーの「ツール」から「オプション」を選択して「サーバ」タブで確認できます。問題がなければ自分が登録した取引用サーバが設定されます。すでにアカウントを複数保有している場合も、ここで切り替えができます。

おわりに

国内ではチャートソフトとして人気のメタトレーダーですが、取引ソフトとしても極めて高機能であり、導入を検討して損はありません。今回の記事を参考に、積極的に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP