知っておきたいFX会社:金融商品の媒介役【短資会社】

短資会社_アイキャッチ

外国為替証拠金取引(FX)の取引サービスを提供しているFX会社は、短資会社やインターネット専業証券会社(ネット証券)、金融先物取引業者など、同じ金融業者ですがその性格は微妙に異なります。

比較的普及したネット証券やFX専業として知られる金融先物取引業者などと比べるとイメージしにくいのが「短資会社」です。今回は、イメージしにくい短資会社について見てみましょう。

「短資会社」はどのような業務をしているのか

短資会社_概要

そもそも短資会社とはどのような業務をおこなっている会社なのでしょうか。

ビルブローカー(bill broker)とも呼ばれる短資会社は、銀行間取引市場と呼ばれる金融機関同士の資金の運用や決済を行う市場で、主として1年未満の短期的な資金の貸借、またはその仲介を主な業務としておこなう会社のことを言います。

 

銀行だけが参加して短期資金や外貨を取引する「コール市場」をはじめとする短期金融市場は、金融商品取引所のような組織的・固定的な取引市場ではなく、電話やインターネットなどのオンラインでおこなわれる取引を総称して「金融市場」と呼んでいます。

そのため、金融機関同士で条件が合致すれば取引は成立しますが、短資業者に仲介をまかせて取引した方が取引が成立しやすく、取引金利も透明性が高いとされています。

 

短資会社を法律の面から見てみると、「主としてコール資金の貸付け又はその貸借の媒介を業として行う者で金融庁長官の指定するもの」として、貸金業の規制等に関する法律の適用を除外されているのが特徴です。

その代わり、1983年改正前の出資法(出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律)の部分的な適用を受けて、監督当局への届出が必要とされています。

 

戦前は有力な短資会社が複数存在していましたが、1963年以降は6社体制に集約され、合併が進んだ2001年以降はセントラル短資と上田八木短資、東京短資の3社体制となっています。

短資会社の概略とFXサービスの特徴

短資会社_種類

短資会社の成り立ちや現状を把握したところで、それぞれの短資会社の特徴と、短資会社の提供しているFXサービスの概要を見てみましょう。

セントラル短資株式会社(FXサービス…セントラル短資FX)

セントラル短資株式会社は、2001年4月に3社が合併して設立された短資会社であり、セントラル短資株式会社をセントラル短資グループとしてインターバンク市場での資金為替の仲介業務を中心として、各種金融サービスを提供しています。

セントラル短資の提供するFXサービスは、裁量取引に特化した「FXダイレクトプラス」と大規模な裁量取引向けの「ウルトラFX」、トレードソフトの「Meta Trader(メタトレーダー)」に対応した「セントラルミラートレーダー」の3つがあり、同時に口座開設ができることや証拠金をサービス間で融通できるなど、3つのサービスは運用上ほぼ一体のものとして扱われているのが特徴です。

上田八木短資株式会社(FXサービス…上田ハーローFX)

インターバンク市場とオープン市場取引、レポ取引などを中心とする金融サービスを提供しているのが、大阪を拠点とする上田短資株式会社と八木短資株式会社が合併して2001年7月に設立された「上田八木短資株式会社」です。

上田八木短資では、1984年に設立した子会社の「上田ハーロー株式会社」を通してFXサービス「上田ハーローFX」を提供しています。

上田ハーローFXでは、1,000通貨単位からの取引に対応していて、FXサービスの中でも取り扱いの少ない人民元をはじめとするマイナーカレンシーの取り扱いが豊富にあることが特徴です。

東京短資株式会社(FXサービス…なし)

現在存続している短資会社の中でももっとも長い歴史を持つのが、1909年(明治42年)に設立された東京短資株式会社です。

東京短資は持株会社の「東短ホールディングス」の中核会社として、コール取引や各種手形、短期国債証券などの専門性の高い金融商品の仲介業務に専念しています。

かつては東京短資本体で外国為替業務を提供していましたが、1978年に設立したトウキョウフォレックス株式会社に外国為替業務を委託して撤退、トウキョウフォレックスは前述の上田ハーローと合弁会社を設立してFXサービスを提供しています。

 
短資会社の提供しているFXサービス

200-200-central-tanshi FXダイレクトプラス(セントラル短資)
 

おわりに

短資会社は戦前から戦後にかけて多数の会社が存在していましたが、金融取引市場の発達にともなって合併を繰りかえして、現在ではわずか3社しか存続していません。

しかし、明治時代からの歴史を持つ短資会社の企業としての信頼度は非常に魅力的であり、FXサービスに安心感を求める人や、他のFXサービスで取り扱いのない通貨ペアの取引を考えている人には、短資会社のFXサービスは有力な候補となりそうです。

このコラムに関連する記事

TOP