為替取引の起点となる【オセアニア外国為替市場】の特徴

為替市場_オセアニア_アイキャッチ

世界の外国為替市場をつなぐことで24時間365日の取引を実現したFXですが、それぞれの外国為替市場は明確にオープンとクローズの時間が設定されていますが、、1日の区切りとなる外国為替市場が設定されています。

その1日の起点となることで注目されているのが、アジア・オセアニア市場のニュージーランド・ウェリントン外国為替市場とオーストラリア・シドニー外国為替市場です。

今回は世界の為替取引の起点となるこの2つの外国為替市場について見てみましょう。

オセアニアの外国為替市場が開く時間

各国の外国為替市場をまたいで取引することで24時間365日の取引を実現しているFXでも、1日の起点となる外国為替市場が設定されています。起点となる外国為替市場として設定されているのが、主要国の中でももっとも日付変更線に近いニュージーランドの首都ウェリントン外国為替市場です。

オセアニアの外国為替市場はウェリントン外国為替市場の他に、オーストラリア・シドニー外国為替市場が取引量の大半を占めています。

オセアニアの外国為替市場の取引時間は

  • 標準時…日本時間の06:00から15:00
  • 夏時間…日本時間の05:00から14:00

までです。

ニューヨーク外国為替市場やロンドン外国為替市場と異なり、オセアニアの外国為替市場は取引時間で重なるものの、北半球の日本と南半球のオセアニアで季節が逆転しているため、標準時と夏時間の導入時期が逆転していることに注意が必要です。

世界の為替相場の時間帯(4月頃から10月頃まで)

fx-market

世界の為替相場の時間帯(11月頃から3月頃まで)

fx-market2

オセアニアの外国為替市場の特徴「窓開け」と「窓埋め」

オセアニアの外国為替市場は、平日の取引時間がニューヨーク外国為替市場の午後の取引時間と重なるため、大きな値動きのない外国為替市場です。

しかしまれに「窓開け」と「窓閉め」と呼ばれる現象が起きることがあります。窓開けと窓閉めとはどのようなものかを見てみましょう。

金曜の終値と月曜の始値が大きくかい離する「窓開け」

オセアニアの外国為替市場は1日の起点して設定されている外国為替市場です。

そのため、金曜日の取引終了後に経済指標の発表や要人発言などがあると、月曜日の始値(はじめね)が前週金曜日の終値(おわりね)から大きく離れた値段で始まることがあります。

このような金曜日の終値と月曜日の始値が大きくかい離した状況は、チャートに記すと窓が開いたような値動きになるため、「窓開け」と呼ばれています。

「窓開け」の反対の動きをする「窓閉め」

参加しているFXトレーダーが一斉にポジションを取ることで発生する「窓開け」は、機関投資家などの大口投資家が取引に参加することで流動性が向上し、金曜の終値に近い水準での取引に落ち着きます。

窓開けからはじまった取引が合理的な水準に落ち着く様子が、まるで窓を占めているように見えるため、この現象は「窓閉め」と呼ばれています。

窓開け・窓埋めとも為替レートの大きな変動をともなうため、上手に利用できると大きな利益を期待できますが、その開始・終了のタイミングや値動き幅などは全く予測できず、窓開け・窓埋めを狙う取引はリスクが大きいと言われています。

「オーストラリアドル」と「ニュージランドドル」の特徴

FX市場_オセアニア市場_窓開け

鉱物資源や農作物をはじめとする取引市場の需給関係に敏感に反応する天然資源を主な輸出品目としている国の通貨を「資源国通貨」と呼びます。

資源国通貨は産出する資源の取引市場での需給関係の変化や資源輸入国の景気動向に敏感に反応するだけでなく、外貨導入を目的として設定された高金利により流入してくる外国資本の動向による一方向への急激な為替レートの変動が起きやすいという特徴があります。

資源国通貨は基本的に経済基盤や政治基盤の安定が未熟な新興国通貨が中心ですが、一部の主要国通貨も資源国通貨として知られ、オーストラリアドルとニュージーランドドルがその代表例です。

オーストラリアドル・ニュージーランドドルともに値動きの荒い資源国通貨の中でも比較的安定してますが、他の主要国通貨と比べるとやはり値動きは荒く、リスク管理・資金管理の欠かせない通貨と言えます。

 
オーストラリアドル/日本円(AUD/JPY)を低スプレッドで提供しているFXサービス

トライオートFX トライオートFX(インヴァスト証券)AUD/JPYスプレッド…0.6銭
DMM FX(DMM.com証券) DMM FX(DMM.com証券)AUD/JPYスプレッド…0.7銭
fx-neoFXネオ(GMOクリック証券)AUD/JPYスプレッド…0.7銭
 

おわりに

基本的に値動きに乏しく特徴らしい特徴がないのがオセアニアの外国為替市場ですが、週末から週明けに掛けての窓開け・窓埋めは例外的に大きな値動きをすることで知られています。

窓開け・窓閉めは上手く利用できれば大きな利益を期待できる現象ですが、実際にはリターンよりもリスクが大きく、これを狙う取引は避けるほうが賢明と言えます。

このコラムに関連する記事

TOP