取引と値動きが活発な【ロンドン外国為替市場】の特徴

為替市場_ロンドン_アイキャッチ

アメリカ・ニューヨーク外国為替市場と日本・東京外国為替市場、そしてイギリス・ロンドン外国為替市場は、外国為替市場でも特に取引高が大きい3大外国為替市場として知られています。

特にロンドン外国為替市場は、世界の外国為替取引の半分近くを占めるもっとも規模の大きい外国為替市場であり、ニューヨーク外国為替市場や東京外国為替市場と異なる値動きをすることで知られています。今回はそんなロンドン外国為替市場を中心として、ヨーロッパ圏の外国為替市場の特徴を見てみましょう。

ロンドン外国為替市場が開く時間と取引される通貨ペア

ヨーロッパの外国為替市場の中でも中心となる外国為替市場は、イギリス・ロンドン外国為替市場やスイス・チューリッヒ外国為替市場、ドイツ・フランクフルト外国為替市場などが知られています。

これらのヨーロッパの外国為替市場での取引は、日本時間の夕方から翌日早朝にかけておこなわれますが、特に取引量の多いロンドン外国為替市場の取引時間は、

  • 標準時…17:00から翌日2:00
  • 夏時間…16:00から翌日1:00

にかけておこなわれています。

世界の為替相場の時間帯(夏時間:4月頃から10月頃まで)

fx-market

世界の為替相場の時間帯(標準時:11月頃から3月頃まで)

fx-market2

ロンドン外国為替市場で主に取引される通貨ペアは、ユーロ/イギリスポンド(EUR/GBP)やユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)を中心に、欧州圏の通貨を中心に米ドルや日本円を介さない通貨ペアが活発に取引されています。

ロンドン外国為替市場の値動きの特徴

ロンドン外国為替市場の取引時間は、東京外国為替市場の午後の取引時間、ニューヨーク外国為替市場の午前の取引時間と重なり、ロンドン外国為替市場の開場に合わせて、外国為替市場の値動きは東京外国為替市場の取引の流れとは全く異なった値動きとなります。

東京外国為替市場を中心とするアジア勢が取引の主力の時間帯にできたポジションも、ヨーロッパ勢が取引に参加することで損切りさせようとしてくることもあるため、注意が必要です。

特に取引量の大きいロンドン外国為替市場は、他の外国為替市場に比べて特に値動きが荒くなりやすいだけでなく、オープンの前後はテクニカル分析で出ている売買サインと逆の値動きとなる「騙し」が起こりやすいため、その動向に注目する必要があります。

ロンドン外国為替市場は、このようなオープン後のヨーロッパ勢の取引が落ち着くことで取引量は減り、ニューヨーク外国為替市場の参加者の参入とともに取引量が再び多くなるのが特徴です。

日本時間の20:00(夏時間のときは21:00)を過ぎると、ニューヨーク外国為替市場が取引に加わり、21:00を過ぎるとアメリカの様々な経済指標の発表やニューヨーク証券取引所のオープンにより、取引の主導権がニューヨーク外国為替市場へと移行します。

そして、日本時間の00:00(夏時間のときは01:00)を過ぎると、ロンドン・フィキシングの時間となり、再びロンドン外国為替市場を中心とするヨーロッパの外国為替市場が取引の中心となります。

為替取引に大きく影響する「ロンドンフィキシング」に注意

ロンドン外国為替市場で注意したいイベントとして真っ先にあげられるのが、日本時間の01:00(夏時間の00:00)に行われる金のスポット価格の値決めである「ロンドンフィキシング」です。

ロンドンの金融市場は為替だけでなく金をはじめとする貴金属でも重要な役割を占めていて、中でもここで決定される金価格は世界の金の価格指標として扱われます。

金は通常ドル建てで取引がおこなわれるため、金価格の推移はドルの需給関係にも大きな影響を与えます。そのため、ロンドンフィキシングは金価格だけではなく、為替取引にも大きな影響を与えます。

更にロンドンフィキシング中には、これを狙って通貨や有価証券の世界規模での大口取引がひんぱんにおこなわれるため、その取引はイギリスポンドやユーロ、米ドルなどの為替レートだけではなく、株式市場も大きく動かすことがあります。

また、ロンドンフィキシングが月末や期末と重なると、ユーロ圏との取引量がもっとも多く、イギリスポンドで決済をおこなうイギリス企業の決済時期と重なります。

そのため通貨の買い戻しの動きが強まり、通常のロンドンフィキシング以上に外国為替市場の値動きが荒くなる傾向があるため、ロンドンフィキシングと月末・期末が重なるときは、普段よりも余裕のあるポジションと資金を持つのが賢明と言えるでしょう。

ヨーロッパ圏の要人発言や経済指標に注意

FX市場_ロンドン市場_要人発言

ロンドン外国為替市場の特徴としては、取引時間の前半に前日のニューヨーク外国為替市場の発表が影響して、急な値動きが起こることがあげられます。

更に欧州ソブリン危機をきっかけとするユーロ圏の先行き不安から、ユーロ加盟国の財政・金融担当者の発言をきっかけとして急激な値動きが起こることもひんぱんに起きているため、これまで以上に要人発言や各種経済指標の発表が外国為替市場に与える影響が大きくなっていると言えます。

そのため、何らかのイベントの前後には余裕を持った取引ができるポジションと証拠金を用意しておく重要性は、これまで以上に増しています。

 
ユーロ/米ドル(EUR/USD)が低スプレッドで取引できるFXサービス

トライオートFX トライオートFX(インヴァスト証券)
SBI-FX SBI FX(SBI FXトレード)
DMM FX(DMM.com証券) DMM FX(DMM.com証券)
 

おわりに

ロンドン外国為替市場は、多くの個人投資家やファンド、金融機関が参入しているため、世界でもっとも取引量が大きく値動きが大きく、「ロンドン・フィキシング」と呼ばれる独特の現象もある外国為替市場です。

先行きが予測できないだけ他の外国為替市場に比べてもリスクは大きいものの、それだけチャンスも大きい外国為替市場と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP