取引と値動きが活発な【ロンドン外国為替市場】の特徴

為替市場_ロンドン_アイキャッチ

ニューヨーク外国為替市場と東京外国為替市場、そしてロンドン外国為替市場は、外国為替市場でも特に取引高が大きいことから、「三大外国為替市場」として知られています。

中でもロンドン外国為替市場は取引規模がもっとも大きい外国為替市場であり、世界の外国為替市場の動向に大きく影響することは珍しくありません。

今回はロンドン外国為替市場を中心に、ヨーロッパ圏の外国為替市場の特徴を見てみましょう。

ロンドン外国為替市場が開く時間と取引される通貨ペア

ヨーロッパの外国為替市場の中でも取引の中心となる外国為替市場は、イギリス・ロンドン外国為替市場やスイス・チューリッヒ外国為替市場、ドイツ・フランクフルト外国為替市場などです。

ヨーロッパの外国為替市場での取引は、日本時間の夕方から翌日早朝にかけておこなわれます。

世界の為替相場の時間帯(夏時間:4月頃から10月頃まで)

fx-market

世界の為替相場の時間帯(標準時:11月頃から3月頃まで)

fx-market2

ロンドン外国為替市場の主に取引される通貨ペアは、ユーロ/イギリスポンド(EUR/GBP)やユーロ/スイスフラン(EUR/CHF)など、ヨーロッパ圏の通貨ペアが中心となります。

ロンドン外国為替市場の値動きの特徴

アジア勢からヨーロッパ勢への橋渡しをする

ロンドン外国為替市場の取引時間は、東京外国為替市場の午後の取引時間、ニューヨーク外国為替市場の午前の取引時間と重なります。そのため、東京外国為替市場で取引の中心となるアジア勢からロンドン・ニューヨーク外国為替市場のヨーロッパ勢に流れるときに、それまでとは異なる値動きになることも珍しくありません。

オープン直後は「騙し」が多い

ロンドン外国為替市場は、オープン後のヨーロッパ勢に合わせて取引量が減少し、ニューヨーク外国為替市場の参加者の参入とともに取引量が再び多くなるのが特徴です。

取引量が大きいことから外国為替市場に比べて値動きが荒くなりやすく、オープン前後はテクニカル分析の売買サインを無視する値動きが起こる「騙し」が多いことで知られています。

ニューヨーク勢の取引参加で再び活発に

日本時間の20:00(夏時間は21:00)を過ぎると、ニューヨーク外国為替市場がオープンし、21:00を過ぎるとアメリカの経済指標の発表などにより、取引の主導権はニューヨーク外国為替市場へと移行します。

そして、日本時間の00:00(夏時間は01:00)を過ぎると、ロンドンフィキシングの時間となり、再びロンドン外国為替市場を中心とするヨーロッパの外国為替市場が取引の中心となります。

あわせて読みたい

為替取引の起点となる【オセアニア外国為替市場】の特徴
為替取引の三大市場の一つ【東京外国為替市場】の特徴
為替のトレンドを決める【ニューヨーク外国為替市場】の特徴

為替取引に大きく影響する「ロンドンフィキシング」

世界の貴金属価格を左右する「ロンドンフィキシング」

ロンドン外国為替市場で注意したいイベントとしてあげられるのが、「ロンドンフィキシング」です。

ロンドンフィキシングは、ロンドン時間の16:00(夏時間の15:00)に実施される金(Gold)のスポット価格の値決め(フィキシング)のことを言います。ロンドンは貴金属の現物取引で世界でも重要な市場であり、決定された金価格は世界的な金の価格指標となります。

また、金はドル建てで取引されることから、ロンドンフィキシングはドル資金の需給関係にも影響を与えることがあり、ロンドンフィキシングによって為替レートが大きく動くことも珍しくありません。

企業決算と重なると影響大

ロンドンフィキシングが月末や期末の在イギリス企業の決算時期と重なると、通貨の買い戻しの動きが通常よりも強まり、普段以上に為替レートの値動きが荒くなる傾向があります。

ロンドンフィキシングと月末・期末が重なるときは、普段よりも余裕のあるポジションと資金を持つのが賢明と言えるでしょう。

ヨーロッパの要人発言や経済指標に注意

FX市場_ロンドン市場_要人発言

ロンドン外国為替市場の特徴として、取引時間の前半に前日のニューヨーク外国為替市場の影響を受けて急な値動きが起こることがあげられます。また、ユーロ加盟国の財政・金融担当者の発言をきっかけに急激な値動きが起こることも珍しくありません。

そもそもイギリスポンドは値動きの激しい通貨として知られていますが、グローバル化の進展にともない海外要因による急激な変動が珍しくなくなっていることから、ロンドン外国為替市場はリスクとリターンが大きい外国為替市場として知られるようになっています。

おわりに

多くの個人投資家やファンド、金融機関が参加するロンドン外国為替市場は、世界でもっとも取引量と値動きが大きい外国為替市場として知られています。

値動きの要因はいくつかありますが、その中でもロンドンフィキシングやユーロ加盟国の要人発言が与える影響はかつてとは比べものにならないほど大きくなっています。

ロンドン外国為替市場はほかの外国為替市場と比べてもリスクは大きいものの、それだけチャンスも大きい外国為替市場と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP