FXを続けるために重要な売買ルールの考え方と設定

取引ルール_アイキャッチ

 

実際にFXを始めると、チャートを追いかけるテクニカル分析や様々な要因をフォローするファンダメンタル分析だけでは利確・損切りのタイミングを掴みそこねることがあります。

そこで、これらの分析を補うものとして重要になるのが、事前に利確・損切りのルールを設定する「売買ルール」です。

今回は、その売買ルールの概要と設定の方法を見てみましょう。

 

売買ルールの概要と考えかた

そもそも、売買ルールとは何でしょうか。

取引が成立する限り、取引参加者のどのような注文でも発注できますが、利益を期待できる条件は限られているため、ある程度の値幅で取引が行われることとなります。

その条件を見極めるために使われるのが、チャートに表れる指標を追いかけるテクニカル分析や、統計データや要人発言などのファンダメンタル要因をフォローするファンダメンタル分析です。

 

これらの分析方法は相場の大きな方向性は掴めても、取引の細かい部分までは追いきれないことがあります。

そこで出てくるのが、事前に定めた為替レートでポジションを決済することで、利確・損切りを行おうという考え方であり、この考え方を基本とした取引の大まかなルールを「売買ルール」と呼びます。

 

売買ルールを設定するメリットはいくつかありますが、中でも大きなものは、感情に左右される取引を排除しやすくなることです。

数々の経験則(アノマリー)や論文は、早めの利確・損切りが大きな利益に繋がると繰り返し述べていますが、実際に取引を始めるとこれらの助言は無視される傾向にあります。売買ルールを設定して取引を行うことで、これらを達成することが容易になります。

 

売買ルールは様々な過去のデータを踏まえて設定されるため、ルールを設定しない場合よりも利益を出す可能性が高くなることや、取引の過程や結果を分析・検討することが簡単になることもメリットとしてあげられます。

 

売買ルール設定のときのポイントと注意点

それでは実際の売買ルールの設定のポイントと、注意点を見てみましょう。

「設定」と聞くと面倒な印象を受けますが、売買ルールの設定自体そのものは、実はそれほど難しいものではありません。

 

売買ルールを設定するときに重要なポイントは2点あり、どの要素を重視して、どのタイミングで取引を始める(終わる)かを決定することが、売買ルールを設定するときの重要なポイントとなります。

 

売買ルール設定の基本的な考えかた

取引に関わる重要な要素は大きく分けると、取引スタイルや注文方法、売買ルールなどに代表される事前に設定する要素と、売買テクニックや相場観、個人の資質が含まれる取引中に必要となる要素の2つに分けられます。

売買ルールは「事前に決定するもの」に含まれる要素の1つであり、取引スタイルや注文方法など、他にいくつかある事前に決定する要素を踏まえて内容を決める必要があります。

 

併せて読みたい

注文方法の基本
取引スタイルの比較

 

具体的な売買ルール

先にあげたポイントを踏まえて、具体的に運用する売買ルールをざっくりと設定していきます。

 

売買ルールを決める具体的な要素としては、

  • 資金管理
  • エントリー・エントリー見送り
  • 利確
  • 損切り

が代表的なものとしてあげられます。

 

他にもポイントとなる要素はありますが、ほとんどの場合はこの4つを中心に売買ルールを決定することになります。

 

売買ルールの実践と修正

売買ルールを定めたら、実際の取引で利用する前に、デモトレードや少ない通貨単位での取引などで試して、検証してみることが大切です。

検証の結果、期待通りの利確・損切りができたら、そのまま取引に利用できますが、そうできなければ、数値の見直しや重点項目の変更など、売買ルールの調整を行い、納得のいくまで調整します。

 

取引通貨単位の小さいFX業者

SBI-FX「SBI FX」の詳細はこちら
120_120_money-partners「パートナーズFX」の詳細はこちら

 

売買ルールを設定するときには、売買ルールが決まるまで取引を始めないことが理想ですが、実際にはある程度の見切りを付けることとなります。

実際に取引に利用するときには、全ての取引にいきなり当てはめるのではなく、取引の様子を見ながら少しずつ当てはめていきましょう。

 

最後に1点注意しておきたいポイントとしては、どんな場面にも通用する売買ルールは存在しないということです。

売買ルールは過去のデータを踏まえて設定されるため、ほとんどの場面で有用ですが、過去のデータに当てはまらなければ、取引に悪影響をおよぼす可能性もあります。

仮に納得のゆく売買ルールを設定できても、そのまま無条件に使い続けずに、ある程度の期間ごとに為替相場の値動きと取引実績を踏まえた上で、検証・修正を行う必要があります。

 

おわりに

このコラムでは、売買ルールの概要とその設定の方法について見てきました。

ここまで見てきた内容を踏まえた上で、実際に売買ルールを設定・試験してみると、今までの取引とは一味違う取引ができるかもしれません。

このコラムに関連する記事

TOP