ファンダメンタルズの基礎知識:景気を左右する「金融政策」

金融政策_アイキャッチ

為替レートのトレンドを予測する分析手法は、大きく「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」に分けられ、両者を使わけることが安定した取引には欠かせません。

チャートだけでトレンドを分析するテクニカル分析と異なり、ファンダメンタルズ分析では、経済指標や要人発言、金融政策など、様々な情報を判断材料として活用します。

今回は、ファンダメンタルズ分析と各国の中央銀行が立案・実施する金融政策の関係を見てみましょう。

中央銀行がおこなう「金融政策」とは

金融政策_概要

そもそも、中央銀行が立案・実施する「金融政策」とは、一国の経済の安定と成長を目的に中央銀行がおこなう金融調整のことであり、具体的な手段としては、「金利・公定歩合政策」と「公開市場操作」、「準備預金制度の活用」の3つが知られています。それぞれの内容を見てみましょう。

市中金利の操作を目指す「金利・公定歩合政策」

「金利・公定歩合政策」は、中央銀行が公定歩合を調整することで市中金利の調整を狙い、企業の投資活動に影響を与えることを目的とする金融政策であり、好景気のときには公定歩合を高く設定して金融引き締めを狙い、不景気のときには公定歩合を低く設定して金融緩和を図ります。

資産の買い入れによる資金供給を狙う「公開市場操作」

「オープン・マーケット・オペレーション(公開市場操作)」とは、中央銀行が金融市場で国債や手形などの資産を買う(売る)ことで資金を供給(吸収)し、マネーサプライ(通貨供給量)の調節を狙う金融政策です。

公開市場操作には「売りオペレーション(売りオペ)」と「買いオペレーション(買いオペ)」があり、売りオペでは中央銀行が各種資産を売却することで市場の余剰資金の吸収を狙い、買いオペでは資産を購入することで市場への資金供給を狙います。

民間銀行の貸し出しを調整する「準備預金制度の活用」

「準備預金制度」とは金融機関に対して保有する預金の一定割合以上の金額を一定期間の間に日本銀行の当座預金に預け入れることを義務づける制度であり、準備預金制度にかかる金利を「支払い準備率」といいます。

準備預金制度の活用では主にこの支払準備率を調整することで民間銀行が一般企業に貸し出すお金の量を調節することをいいます。

準備率を引き上げると金融機関は日銀に保有している当座預金残高を増やすため、融資していた資金などを回収して日銀当座預金に資金を振り込み、マネーサプライは減少して金利が上昇します。反対に準備率が引き下げられると、金融緩和が起こり金利の低下が期待されます。

準備預金制度を活用した金融政策は、金融政策の手段として標準的なものであるが、実際には準備率の変更が金融政策で用いられることは少なくなっています。

金融政策が為替相場を左右する理由

金融政策_変動要因

なぜ政策金利の利上げ、利下げで為替レートが動くのでしょうか。日本円の金利が低く、米ドルの金利が高いという場合で考えてみましょう。

投資家はより有利な金利を求めて、日本円の資産の比率を減らして米ドルの資産の比率を増やそうとします。これにより低金利の日本円を売って高金利の米ドルを買うという動きにつながり、為替レートのトレンドは日本円が不人気で米ドルの人気が高い「円安ドル高」状態となります。

このように一般的には各国の金融政策や金融政策に左右される政策金利と為替レートの間には一定の関係があり、政策金利の変動は為替レートに影響を及ぼしています。

そのため、各国の金融政策の発表前後にはマーケット関係者やFXトレーダーの注目が集まり、為替レートを大きく動かす要因ともなるのです。

知っておきたい「スワップポイント」と金融政策の関係は?

金融政策_金利との関係

異なる通貨の組み合わせ(通貨ペア)を売買するFXでは、売買によって発生する差益(キャピタルゲイン)とは別に、2つの通貨の金利差から発生する「スワップポイント」による利益(インカムゲイン)も期待できます。

スワップポイントは低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うほど多く発生するため、記録的な低金利が続く日本円を中心とする日本のFXトレーダーに、安定した利益を期待できる取引方法として注目されています。

一般的に政策金利の大小がスワップポイントを左右すると言われていますが、厳密に言うとこれは一部に間違いを含んでいます。

スワップ金利を決定するのは金融機関が相互の資金の運用と調達をおこなう「インターバンク市場」の金利であり、インターバンク市場の金利を支配しているのは政策金利です。そのため、金融政策によって政策金利に変化があるとインターバンク市場の金利にも影響があり、結果としてスワップポイントが変わるのです。

このように政策金利はスワップポイントに影響するものの、直接影響しているわけではないことに注意が必要です。

 
あわせて読みたい

fx_akarichan 知っておきたい!FXの「ファンダメンタルズ分析」の基礎知識
fx_akarichan ファンダメンタルズの基礎知識:為替に影響大な「経済指標」
fx_akarichan ファンダメンタルズの基礎知識:どう影響する?「要人発言」
 

おわりに

経済指標や要人発言、金融政策によって為替レートのトレンドを分析するファンダメンタルズ分析では、中長期的な経済の動向を予測する金融政策の内容は注目を集めます。

経済の状況によってある程度精確な内容が予想できる金融政策は、予想と大きく異る内容が発表されると為替レートの急変要因ともなるため、その内容には要注目と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP