ファンダメンタルズの基礎知識:どう影響する?「要人発言」

要人発言_アイキャッチ

金融政策や経済指標などの様々な情報を参考に為替レートの動向(トレンド)を予測するのが、「ファンダメンタルズ分析」です。

ファンダメンタルズ分析の参考となる情報は様々なものがありますが、特に注目を集めるのが財務担当大臣や中央銀行総裁などの「要人発言」です。

ファンダメンタルズ分析に欠かせない要人発言をどのように捉え、相場の予想に役立てるかを見てみましょう。

どんな発言が注目される?「要人発言」の内容やタイミング

外国為替市場は数多くのトレーターが参加しているため、為替レートの決定には無数のトレーダーの思惑が反映されるため、、要人の何気ない一言でも為替レートは思わぬ値動きをすることは珍しいことではありません。

アメリカの連邦準備制度理事会(Federal Reserve Board = FRB)総裁や日本の日本銀行総裁、ヨーロッパ連合(EU)のヨーロッパ中央銀行(European Central Bank = ECB)総裁などの発言は、「要人発言」として注目を集めます。

注目を集める発言内容はどのようなものか

何気ない一言でも大きな値動きの要因となる要人発言ですが、全ての発言が材料となるわけではなく、材料となる発言には一定の傾向があります。

主な傾向を見てみると、

  • 利上げするのではないかと解釈ができるような発言
  • 今後の自国の景気が拡大していくと解釈できるような発言
  • 上記の逆で、利下げや景気縮小と受け取れる発言

などが主な材料として注目されます。

要人発言があるタイミングはいつ頃?

一国の金融・財政政策を担当する大臣や中央銀行総裁は多忙を極め、発言のタイミングは極めて限られ、経済指標の発表前後におこなわれる記者会見や、有力誌の単独インタビューなどでおこなわれることがほとんどです。

注目を集める要人発言に共通する特徴とは

日々様々な内容が発信される要人発言ですが、注目を集める発言には次のような点で共通しています。

織り込み済みの内容を補強する

重要な経済指標や新たな金融政策の発表にあわせることが多い要人発言では、発表された経済指標や金融政策について内容をするコメントをすることがあります。

その内容は既に為替レートに織り込み済みであることがほとんどですが、政策金利の引き上げ(利上げ)の支持・後押しや景気の見通しについての織り込み済みの内容を補強するような発言があれば、為替レートは更に反応することは珍しくありません。

今後の方向性を予測する材料となる

同じ指標発表後の会見でも、為替レートに織り込まれていない段階での会見であれば、織り込み済みのときよりも大きな反応の材料となることがあります。

アメリカの各種経済指標が発表された直後の要人発言はこの傾向が強く、特に雇用統計の発表前後は雇用統計そのものの重要性とあわせて注目を集める傾向があります。

要人発言の具体例

ここまで要人発言が為替レートを決定する理由について見てきましたが、実際にあった事例で、為替レートにどのように影響したかを見てみましょう。

良好な内容となった経済指標の「ISM非製造業景況指数(総合)」の発表に前後して、アメリカの金融政策を決定する米連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee = FOMC)で投票権を有するロックハート米アトランタ連銀総裁が米ウォール・ストリート・ジャーナル紙のインタビューに回答。

その中でロックハート総裁は「アメリカ経済が大幅に悪化しない限り利上げを支持する」と発言したことで、アメリカ長期金利は上昇、米ドル/日本円(USD/JPY)相場は短時間で70銭のドル高を記録したことがあります。

これは、「有力誌のインタビューに対して」、「アメリカの経済指標が発表された直後の要人発言」に当てはまり、有力誌を通じた発言と経済指標の結果に対して相場が敏感に反応した代表的な事例です。

注目を集める要人と会社とは

要人として注目される人々は財務・金融担当大臣や中央銀行総裁などが当てはまりますが、この他にも経済方面に強みを発揮する有力誌や格付け企業の発表する格付けも要人発言の一種として為替レートに影響を与えます。

意外と注目を集めるのが格付け会社の発表する国が発行する債券の格付けであり、債券の格付けによっては一国の債務不履行(デフォルト)を招くことがあるなど、その影響は無視できるものではありません。

おわりに

ここまで見てきたように、為替レートの決定に決定的な役割を果たすと言っても過言ではないのが要人発言の本質と言えます。

たった一言で為替レートを大きく動かす要因にもなる要人発言は、ファンダメンタルズ分析の材料となる経済指標や金融政策と合わせて、要注目と言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

TOP