相場分析の基本!「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」とは何か

相場分析の基本!「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」とは何か

レバレッジをかけた取引により少ない証拠金でも大きな利益を期待できるFXが人気を集めていますが、やみくもに取引をしても利益は期待できません。

安定した利益を狙うためには、様々な情報を参考に為替レートの値動きを予測する「相場分析」が必要ですが、そのためには相場分析の方法や参考となる情報を知る必要があります。

今回は、相場分析の基本的な考えかたや分析方法、参考とする情報について見てみましょう。

様々な情報から将来の値動きを予測する「相場分析」

相場分析とはその言葉通り、「様々な判断材料から為替レートが現時点から上下どちらに動くか」を予測して、取引に役立てることです。

各国の取引市場をまたぐことで24時間取引を実現している外国為替市場では、為替レートの変動要因として経済動向に由来する「ファンダメンタルズ要因」と群集心理から発生する「テクニカル要因」の2つが注目されます。

相場分析では主にこの2つの要素に絞った分析が主流であり、それぞれ「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」として知られています。

経済動向から値動きを予測する「ファンダメンタルズ分析」

ファンダメンタルズとは経済活動の状況(経済動向)のことを言い、「ファンダメンタルズ要因」とは為替レートがファンダメンタルズで動くことを表します。

このファンダメンタルズ要因を活用した相場分析の手法を「ファンダメンタルズ分析」といいます。

経済動向は為替相場にも非常に大きな影響をもたらすことが多く、「ファンダメンタルズ分析」は為替レートの予測の重要なポイントとなります。

為替変動要因となる経済指標、要人発言、金融政策

ファンダメンタルズ分析では対象とする国の経済動向を把握することで為替レートの予測しますが、そのための材料が「経済指標」と「金融政策」、「要人発言」の3つです。

これらの要因は互いに影響しあって複雑な関係を構築していますが、基本的には景気が上向いていれば為替レートは有利に動き、景気が悪化すれば為替レートが不利に動くと考えられています。

中長期的な動向を予測するのに向いたファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は財政・金融当局が発表する各種指標や経済動向を参考とするため、個人トレーダーはどうしても出遅れがちになるという欠点があります。

しかし過去のデータの蓄積を活かしたりすることで中長期的な動向を予測するのには向いている分析手法として知られています。

チャートを駆使して値動きを予測する「テクニカル分析」

ファンダメンタルズ分析と並ぶ分析手法であり、FXトレーダーから人気を集めているのが「テクニカル分析」です。

テクニカル分析では、一定期間の金融商品の値動きをグラフ化したチャートを基本に、チャート上に現れる売買のサインを取引の参考とする分析手法です。

チャートは「過去の値動きをグラフにしたもの」ですが、値動きやチャートの形などのこれまでの蓄積や、様々な計算式を活用することでかなり精確な相場分析が期待できます。

チャートには群集心理があらわれる?

最終的に為替レートを決定しているのは取引に参加しているトレーダーの取引であり、その動向を記録したチャートにはトレーダーの群集心理が濃厚に反映されます。

初心者から馴れたトレーダーまで、取引対象が同じであれば同じチャートを参照するため、売買のタイミングは似通ってきます。

例えば、「そろそろ下がる」というサインがあらわれれば、売りに動くトレーダーが多数派となり、大量の売り注文が出ることで実施に相場は下落します。反対に「そろそろ上がる」というサインが出れば、買いに走るトレーダーが主流おなるため相場が上がることも十分に考えられます。

このように、市場参加者の心理を読んで、売買のタイミングをいち早くとらえることが可能な点もチャートを活用したテクニカル分析の魅力の1つです。

有用だが万能ではないテクニカル分析

テクニカル分析はチャートとチャート上の指標を判断材料とするため、チャートの読みかたさえ把握すれば一定の取引成績が期待できますが、チャート上では予測できない出来事が起これば、思わぬ損失を被ることがあります。

実際の取引では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらかではなく、両方を合わせて判断することが欠かせません。

おわりに

このように過去の値動きをはじめとする様々なデータを参考に将来の値動きを予測するのが相場分析の基本的な考えかたです。

それぞれ得意・不得意があり、どちらか一方ではなく、両方合わせて取引をすることが安定した利益を得るためには欠かせません。

このコラムに関連する記事

TOP