安定した取引には欠かせない「相場分析」の考えかたとは

安定した取引には欠かせない「相場分析」の考えかたとは

少ない証拠金で大きな利益が期待できるFXが人気を集めていますが、やみくもな取引では利益は期待できません。

安定した利益を狙うためには、様々な情報を参考に為替レートの値動きを予測する「相場分析」が欠かせません。そのためには相場分析の方法や参考となる情報を知る必要があります。

今回は、相場分析の基本的な考えや分析方法、参考となる情報を見てみましょう。

様々な情報から将来の値動きを予測する「相場分析」

24時間取引を実現している外国為替市場は、為替レートの変動要因として経済動向に由来する「ファンダメンタルズ」と外国為替市場の動向から生じる「テクニカル」が注目されます。

相場分析とは、「様々な判断材料をもとに為替レートの値動きを予測」して取引に役立てることであり、主な相場分析として「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」の二つが知られています。

経済動向から値動きを予測する「ファンダメンタルズ分析」

ファンダメンタルズとは経済活動の状況(経済動向)であり、ファンダメンタルズを活用した相場分析を「ファンダメンタルズ分析」といいます。

経済動向は為替相場にも非常に大きな影響をもたらすことが多く、「ファンダメンタルズ分析」は為替レートの予測の重要なポイントとなります。

為替変動要因となる経済指標、要人発言、金融政策

ファンダメンタルズ分析では経済動向を把握することで為替レートの予測しますが、そのための材料が「経済指標」と「金融政策」、「要人発言」です。

これらは互いに影響しあって複雑な関係を構築していますが、基本的には景気が上向いていれば為替レートは有利に動き、景気が悪化すれば為替レートが不利に動くと考えられています。

中長期的な予測に向いたファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は財政・金融当局が発表する各種指標や経済動向を参考とするため、個人トレーダーは出遅れがちになるという欠点がありますが、蓄積したデータをいかせるため、中長期的な予測に向いている分析手法です。

チャートから値動きを予測する「テクニカル分析」

ファンダメンタルズ分析と並ぶ分析手法であり、短期間の取引が中心となるFXトレーダーの人気が高いのが、「テクニカル分析」です。

テクニカル分析とは、「チャート」とチャート上に現れる売買のサイン(テクニカル指標)を見る分析手法です。チャートは「過去の値動きをグラフにしたもの」であり、短期間の予測であれば正確な相場分析が期待できると言われています。

「チャート」には群集心理があらわれる?

最終的に為替レートを決めるのはトレーダーの取引とその結果です。取引対象が同じであればトレーダーが参照するチャートも同じものとなり、売買のタイミングは似通ってきます。

「そろそろ下がる」というサインがあらわれれば売りが多数派となり、大量の売り注文により為替レートは下落します。反対に「そろそろ上がる」というサインが出れば、買いが増えるため為替レートの上昇が考えられます。

チャートはこのような取引の動向をいち早くつかむためにも有効であり、先んじた取引ができる点もテクニカル分析の魅力です。

有用だが万能ではないテクニカル分析

テクニカル分析はチャートとチャート上の指標を判断材料とするため、比較的簡単にはじめることができますが、チャート上では予測できない出来事が起こると思わぬ損失を被ることがあります。

実際の取引では、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析のどちらかではなく、両方を合わせて利用した上で判断することが欠かせません。

おわりに

このように過去の値動きをはじめとする様々なデータを参考に将来の値動きを予測するのが相場分析の基本的な考えかたであり、判断の材料によって「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」に分けられます。

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析にはそれぞれ得意・不得意があり、実際の取引ではどちらかではなく合わせて利用した上で取引をすることが欠かせないと言えるでしょう。

このコラムに関連する記事

チェックリスト: 0 件
開く
全クリア
TOP